Finder関連の設定

Terminalで開いているdirectoryをFinderで表示

open .

不可視ファイルを表示

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
killall Finder

元に戻す

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

Note: Time Machineでディレクトリ内のファイルを個別に復元したい場合、不可視ファイルを見える様に設定しておかないと、復元出来ない?

Finderで表示しているdirectoryをTerminalで開く

cdto_logo.png
cdto
Finder Toolbar button to open a Terminal window

FinderのX-rayモードを使用する

Terminalから以下を実行:

defaults write com.apple.finder QLEnableXRayFolders 1
x-ray_on.png

Folderの中身が確認できて便利だが、CPUパワーをかなり食うので注意。

元に戻すには以下を実行:

defaults write com.apple.finder QLEnableXRayFolders 0
x-ray_off.png

Spotlight関連の設定

Spotlight のキーボードショートカットが Emacs と衝突する

Emacs における領域選択開始のキーバインド Ctrl+Space が Spotlight のキーボードショートカットと重複している 「システム環境設定」より「Spotlight」 を開き、「Spotlight メニューのキーボードショートカット」を別に設定しておく。 例えば「shift+ctrl+space」

Spotlight の検索対象から /opt ディレクトリを除外する

Mac Port(後述)を使用する場合、spotlightの結果に/optが含まれると、煩わしい場合がある。これを例外に登録する。 「システム環境設定」から「Spotlight」を開き、「プライバシー」の「Spotlight の検索から除外する場所」に「opt」ディレクトリを登録する。

Spotlight のインデックス作成を停止する

sudo mdutil -i off /

Spotlight のインデックス作成を再開する

sudo mdutil -i on /

Spotlight のインデックスを再構築する

sudo mdutil -E /

Mac OS Xでアプリケーションをアンインストールするのは?


「Applications」フォルダにドラッグ&ドロップでインストールしたものは、そのファイルごと削除。 ただし、アプリケーションを使用している際に使われた設定ファルなどが「Library」フォルダに作成されていたりするが、 この削除は個別に行わなければならない。 ただし、「大抵の」設定ファルは高々数キロバイトなので、ディスクスペースを圧迫することは無いはず。

個別にインストーラーが用意されていたものは、インストーラーの機能として「アン」インストールできる場合もあるので、それを試してみる。

Terminalのホスト名表示をLinux風に

「~/.bash_profile」と「~/.bashrc」を以下の様に作成。

  • 「~/.bash_profile」
    if [ -f ~/.bashrc ]; then
            . ~/.bashrc
    fi
  • 「~/.bashrc」
    export PS1="[\u@MacBookPro:\w ] $ "

クッリップボードコピー/ペーストをcommand lineから

パイプで繋いでクッリップボードへコピー:

cat hoge.txt | pbcopy

クッリップボードの内容をペースト:

pbpaste
....

lsの結果を色付きで表示する

Mac OS X標準のlsでは、「--color」オプションには対応していない。 そこで、新たに「coreutils」を導入し、「gls」を使えるようにする:

  1. install coreutils
    sudo port -vd install coreutils
  2. add some lines in .bashrc as
    alias ls='gls --color -F'

(日本語版の場合)「ダウンロード」等を「Downloads」etc,.に戻す

ローカライズされたディレクトリに入っている、.localizedファイルを削除するか移動すればOK

(日本語版の場合)「グラブ」で作成されるファイル名の変更 etc,.

現在の設定を確認(default):

defaults read com.apple.screencapture
 Domain com.apple.screencapture does not exist

Prefix名を変更(Prefix (2011-02-20 1.24.54).type):

defaults write com.apple.screencapture name "prefix"
killall SystemUIServer
defaults read com.apple.screencapture
{
    name = screenshot;
}

Defaultに戻す:

defaults delete com.apple.screencapture name
killall SystemUIServer
defaults read com.apple.screencapture
 Domain com.apple.screencapture does not exist

知りたいこと:

  • 日付の前後にある括弧が全角から変えたい
  • 日付のフォーマットを変更する方法


Acrobat Pro for Macについて(ver. 9)

Mac OS X 10.6 における [Adobe PDF として保存] のサポートについて(Acrobat 9 Pro)

Mac OS X 10.6(Snow Leopard)で、Adobe PDF プリンタに印刷する際、
Adobe PDF プリンタがプリンタの一覧に表示されないか、またはプリンタが正しく動作しません。
  1. Acrobat 9.1 以降にアップデートします
  2. Adobe PDF プリンタを削除します。
    1. ウインドウ左側のリストから [Adobe PDF 9.0] を選択し、リスト下部のマイナス(-)ボタンをクリックします。
  3. プリントダイアログの[Adobe PDF として保存] 機能を使用します
  4. [プリント] ダイアログボックス左下部の [PDF] ボタンをクリックし、[Save as Adobe PDF] を選択

Mac Book (Pro)のディスプレーを閉じても、スリープしない様にしたい

最近のMac Book (Pro)は、ディスプレーを閉じると、デフォルトでスリープ状態に移行する。 これを抑制したい。Mac OS X側の設定で解決できればいいのだが、設定できそうにないので、外部アプリを使う:

便利でもあるが、立ち上がっているのを忘れてMacを閉じて、鞄等に入れようものなら、熱暴走する恐れがあります。 最悪、Macが壊れます。気をつけましょう。

Webサーバーを立ち上げたいが、アクセスをローカルだけに制限したい

「システム環境設定」、「共有」、「Web共有」

share.png

このままだと、web全体からアクセス可能になってしまう。 globalなサーバーを立ち上げたい場合は問題無いが、例えば「自分専用のpukiwikiを設置したい」等の場合は、 セキュリティの観点から言って問題である。

そこで、Apatchの設定を変更することで、localhostからのアクセスだけを許可する様にする。 以下の様に編集し、サーバーを再起動する:

diff httpd.conf httpd.conf.org 
40c40
< Listen 127.0.0.1:8080
---
> Listen 80

成功していれば、以下の様になる:

works.png

sshサーバーを立ち上げたいが、アクセスをローカルだけに制限したい

「システム環境設定」、「共有」、「リモートログイン」

ssh.png

このままだと、web全体からアクセス可能になってしまう。 globalなサーバーを立ち上げたい場合は問題無いが、例えば「sshアクセスのシミュレーションをやりた」等の場合は、 セキュリティの観点から言って問題である。

そこで、/etc/hosts.deny, /etc/hosts.allowを設定し、アクセス制限を掛ける。 /etc/hosts.deny

ALL:ALL

とすることで全てのアクセスを禁止し、/etc/hosts.allow

sshd:localhost

とすることで、localhost以外からのアクセスを禁止する。成功していれば、localhost以外のアクセスに関して、

ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host

となる。

Notification Ccenter (通知センター)を無効にする for Lion

Terminalから以下のコマンドを実行。

launchctl unload -w /System/Library/LaunchAgents/com.apple.notificationcenterui.plist

元に戻す場合は以下のコマンドを実行。

launchctl load -w /System/Library/LaunchAgents/com.apple.notificationcenterui.plist

Time Machineのバックアップを削除する

sudo tmutil delete  /Volumes/Time\ Machine/Backups.backupdb/Yuji\ Chinone\'s\ MacBook\ Air/2015-11-30-011608

添付ファイル: filessh.png 373件 [詳細] fileworks.png 374件 [詳細] fileshare.png 374件 [詳細] fileold.png 421件 [詳細] filex-ray_on.png 463件 [詳細] filex-ray_off.png 446件 [詳細] filecdto_logo.png 471件 [詳細]