Mailman

Mailman

メーリングリスト作成方法

/usr/lib/mailman/bin/newlist -l ja 
(-l ja は日本語でのアナウンスをデフォルトにします。つけないと英語になります)
Enter the name of the list: admin  <- メーリングリストの名前
Enter the email of the person running the list: hoge@astr.tohoku.ac.jp <- メーリングリスト管理者のメールアドレス
Initial admin password: ************   <- 初期パスワードを入力

ここまで入力すると以下が表示されます。

To finish creating your mailing list, you must edit your /etc/aliases (or
equivalent) file by adding the following lines, and possibly running the
`newaliases' program:

## admin mailing list
admin:              "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post admin"
admin-admin:        "|/usr/lib/mailman/mail/mailman admin admin"
admin-bounces:      "|/usr/lib/mailman/mail/mailman bounces admin"
admin-confirm:      "|/usr/lib/mailman/mail/mailman confirm admin"
admin-join:         "|/usr/lib/mailman/mail/mailman join admin"
admin-leave:        "|/usr/lib/mailman/mail/mailman leave admin"
admin-owner:        "|/usr/lib/mailman/mail/mailman owner admin"
admin-request:      "|/usr/lib/mailman/mail/mailman request admin"
admin-subscribe:    "|/usr/lib/mailman/mail/mailman subscribe admin"
admin-unsubscribe:  "|/usr/lib/mailman/mail/mailman unsubscribe admin"

この部分を/etc/aliasesに追加します。 aliasesを編集したら、newaliasesコマンドを実行して変更を有効にします。

この作業で、入力したメーリングリスト管理者のメールアドレスに 案内のメールが届くので各自設定してもらいます。

管理画面で 「言語オプション」で追加する言語を選べるので デフォルトを日本語にした場合は英語を加えるといいでしょう。 「会員管理」の「まとめて入会登録」に登録したいアドレスをならべると 各アドレスに通知メールが送られ、登録されます。

「プライバシーオプション」の「送信者フィルタ」では メーリングリストに投稿できるアドレスの設定ができます。 初期状態ではメーリングリストに登録されてないアドレスからの 投稿はメーリングリスト管理者のみに送られ保留状態になります。 adminの場合ユーザーからのメールを受け付けるので「動作が定義されていない非会員からの投稿に対する動作.」を「承認」にしました。

mailman/listinfo でメーリングリストを表示しない
「このマシンでどんなリストがあるか聞かれた時に広告しますか? 」欄で「いいえ」を選択。

設定箇所

  • 全体的オプション
    • 公表されるこのリストの名称 (大文字への変更だけ可能) ⇒ 先頭を小文字に(気分的なもの)
    • 件名の先頭に付ける語句 ⇒ ナンバリング [ss08:%03d]
    • 投稿された記事の返信先を選んでください. ほとんどのメーリングリストでは 投稿者 を選ぶことを 強く 推奨します. ⇒ このリスト
    • 毎月パスワード備忘通知を送りますか? ⇒ いいえ(うざい)
    • 入会/退会の結果を管理者に通知しますか? ⇒ (複数人で管理している場合「はい」)
    • 投稿が承認のため保留されたら投稿者にメールしますか? ⇒ 外部からの投稿を想定している場合、相手に失礼なので「いいえ」
    • 退会する会員にお別れのメールを出しますか? ⇒ いいえ(うざい)
    • 投稿メール本文の最大サイズ(KB). 0 を設定すると無制限. ⇒ 少ない 10240 KB
  • 言語オプション
    • 英語(米国)、日本語
  • プライバシー・オプション
    • このマシンでどんなリストがあるか聞かれた時に 広告しますか? ⇒ いいえ(セキュリティ)
    • 投稿にはリスト名が宛先(to, cc) に含まれてい なければならないでしょうか? (または以下に指定 する別名の中に入っていなければな らない)? ⇒ aliasを動かす為には「いいえ」
    • 動作が定義されていない非会員からの投稿に対する動作 ⇒ 保留。外部からの投稿が頻繁に考えられる場合、承認。
  • 保存書庫オプション
    • 保存書庫は外部に公開しますか, それとも会員に限定しますか? ⇒ 限定(セキュリティ)。又、公開にして、.htaccessで制御。このときアパッチのmailman.confを変更。
      Alias /pipermail/ /var/lib/mailman/archives/public/
      <Directory /var/lib/mailman/archives/public>
          Options Indexes MultiViews FollowSymLinks
          AllowOverride All
          Order allow,deny
          Allow from all
      </Directory>
      Allow OverrideをAllに設定。
      このディレクティブを None に設定すると、.htaccess ファイルは完全に無視 されます。 
      この場合、サーバはファイルシステムの .htaccess ファイルを読むことを 試みさえしません。
      
      このディレクティブが All に設定されている時には、 .htaccess という コンテキスト を持つ 全てのディレクティブが利用できます。

MLのaliasを設定

/etc/aliasesに

hogehoge@hoge.com:     hoge@hoge.com

と書いてもいいが、mailman管理のMLのaliasをするときには

## admin mailing list
hoge:              "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post hoge"
hoge-admin:        "|/usr/lib/mailman/mail/mailman admin hoge"
・・・・・・

に、

## admin mailing list
hoge:              "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post hoge"
hogehoge:          "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post hoge"

とすればいい。

メーリングリストに含まれる会員全員を出力する

Usage: Mailman_install_directory/bin/list_members/bin/list_members [options] listname

Where:

    --output file
    -o file
        Write output to specified file instead of standard out.

    --regular / -r
        Print just the regular (non-digest) members.

    --digest[=kind] / -d [kind]
        Print just the digest members.  Optional argument can be "mime" or
        "plain" which prints just the digest members receiving that kind of
        digest.

    --nomail[=why] / -n [why]
        Print the members that have delivery disabled.  Optional argument can
        be "byadmin", "byuser", "bybounce", or "unknown" which prints just the
        users who have delivery disabled for that reason.  It can also be
        "enabled" which prints just those member for whom delivery is
        enabled.

    --fullnames / -f
        Include the full names in the output.

    --preserve / -p
        Output member addresses case preserved the way they were added to the
        list.  Otherwise, addresses are printed in all lowercase.

    --invalid / -i
        Print only the addresses in the membership list that are invalid.
        Ignores -r, -d, -n.

    --unicode / -u
        Print addresses which are stored as Unicode objects instead of normal
        string objects.  Ignores -r, -d, -n.

    --help
    -h
        Print this help message and exit.

    listname is the name of the mailing list to use.

Note that if neither -r or -d is supplied, both regular members are printed
first, followed by digest members, but no indication is given as to address
status.

宛先数が多すぎます (Too many recipients to the message)

  • I have to approve messages that say "Too many recipients to the message". Can I fix this?

The message "Too many recipients to the message" can be caused by a setting in the Admin page for the list under:

 -=> [Privacy options] 
   -=> [Recipient filters] 

The default "ceiling on acceptable number of recipients for a posting" is set to 10. Try changing this to a larger number (say 20 or whatever number you think you need to allow), or 0 (setting it to zero will turn the check off, but this is not advised), or perhaps not have a big cc list when sending to the list (but sometimes this is unavoidable.)

As always, scroll down and click "Submit" after making changes.

MLのバックアップ

以下のファイルを保存:

(path/to/)mailman/archives/*
(path/to/)mailman/lists/*
(path/to/)mailman/data/*

参考

MLの完全削除

pwd
/usr/lib/mailman/
./bin/rmlist --help
メーリングリストを削除する (完全に) - 注意!

これはメーリングリストの痕跡を(ほぼ)全部消去する. デフォルトでは,
リストの保存書庫は削除されない. 古いリストをリタイアさせるには十分である.

使用法:
rmlist [-a] [-h] リスト名

ただし:
--archives
-a
リストの保存書庫も削除する, または既にリストが削除されていれば
残っている保存書庫を削除する.

--help
-h
このヘルプメッセージを出力して終了する.

参考 enabled