Reference

基本的な使い方

リポジトリの作成

repos=リポジトリを作るdirectory。 例えば

repos=/home/usrname/workspace/svn/cmb

とか(例:cmbプロジェクト)。リポジトリの作成:

mkdir -p ${repos}
svnadmin create ${repos}
ls ${repos}
README.txt conf dav db format hooks locks

標準directory(trunk, tags, branchesそれぞれの意味)の作成:

svn mkdir file:///${repos}/trunk -m "make trunk"
svn mkdir file:///${repos}/tags -m "make tags"
svn mkdir file:///${repos}/branches -m "make branches"

リポジトリに(ソースを)インポートする

ls tmp/
hoge.cc
svn import tmp file:///${repos}/trunk -m "import tmp/"

tmpの中にあるhoge.ccを、リポジトリのtrunkにインポートする。

リポジトリからcheck outし、開発を始める

work=作業を行なうdirectory。 例えば

work=/home/usrname/workspace/cmb

とか。リポジトリからcheck outする:

mkdir -p ${work}
cd ${work}
svn co file:///${repos}/trunk
ls
trunk
ls trunk
hoge.cc

statusの確認

cd trunk
ls
hoge.cc
svn status

編集/commit

hoge.ccを編集。その後commit

svn commit -m "add new function" hoge.cc

名前

subversionという単語は、sub + versionではなく、「(国家や社会秩序を)破壊・転覆する」という意味のsubvertの名詞形である