参考:


Contents:

YaTeX (Yet Another TeX mode for Emacs, 野鳥)

emacs上のTeX入力補助環境。

ショートカット

(La)TeXで使われるファイルの拡張子

.auxA file that transports information from one compiler run to the next. Among other things, the .aux file is used to store information associated with cross-references.
.bblBibliography file output by BiBTeX and used by LaTeX
.bibBibliography database file
.blgBiBTeX log file.
.bstBiBTeX style file.
.clsClass files define what your document looks like. They are selected with the \documentclass command.
.dtxDocumented TeX. This is the main distribution format for LaTeX style files. If you process a .dtx file you get documented macro code of the LaTeX package contained in the .dtx file.
.insThe installer for the files contained in the matching .dtx file. If you download a LaTeX package from the net, you will normally get a .dtx and a .ins file. Run LaTeX on the .ins file to unpack the .dtx file.
.fdFont description file telling LaTeX about new fonts.
.dviDevice Independent File. This is the main result of a LaTeX compile run with latex. You can look at its content with a DVI previewer program or you can send it to a printer with dvips or a similar application.
.pdfPortable Document Format. This is the main result of a LaTeX compile run with pdflatex. You can look at its content or print it with any PDF viewer.
.logGives a detailed account of what happened during the last compiler run.
.tocStores all your section headers. It gets read in for the next compiler run and is used to produce the table of contents.
.lofThis is like .toc but for the list of figures.
.lotAnd again the same for the list of tables.
.idxIf your document contains an index. LaTeX stores all the words that go into the index in this file. Process this file with makeindex.
.indThe processed .idx file, ready for inclusion into your document on the next compile cycle.
.ilgLogfile telling what makeindex did.
.styLaTeX Macro package. This is a file you can load into your LaTeX document using the \usepackage command.
.texLaTeX or TeX input file. It can be compiled with latex.

documentclass

class(style)

Class Option Defaults for article.cls

CategoryDefaultOptions
Body text point size10 pt11 pt, 12 pt
Paper size8.5x11a4, a5, b5, Legal size, Executive size
OrientationPortraitLandscape
Print sideOne sideBoth sides
QualityFinalDraft
Title pageNo title page (Title area on page 1)Title page
ColumnsOneTwo
Equation numberingOn rightOn left
Displayed equationsCenteredFlush left
Bibliography styleCompressedOpen

Class Option Defaults for book.cls

CategoryDefaultOptions
Body text point size10 pt11 pt, 12 pt
Paper size8.5x11a4, a5, b5, Legal size, Executive size
OrientationPortraitLandscape
Print sideBoth sidesOne side
QualityFinalDraft
Title pageTitle pageNo title page
ColumnsOneTwo
Start chapter on leftNoYes
Equation numberingOn rightOn left
Displayed equationsCenteredFlush left
Open bibliography styleCompressedOpen

Class Option Defaults for report.cls

CategoryDefaultOptions
Body text point size10 pt11 pt, 12 pt
Paper size8.5x11a4, a5, b5, Legal size, Executive size
OrientationPortraitLandscape
Print sideOne sideBoth sides
QualityFinalDraft
Title pageTitle pageNo title page
ColumnsOneTwo
Start chapter on leftYesNo
Equation numberingOn rightOn left
Displayed equationsCenteredFlush left
Open bibliography styleCompressedOpen

Defaultのレイアウトって空白大杉・・・

空白を少なめに:

\usepackage{fullpage}

更に(around 1.5cm)少なめに:

\usepackage[cm]{fullpage}

比較(article->fullpage->fullpage with cm option): filearticle_fullpage_cm.pdf

Template

article

\documentclass[a4paper,12pt]{article}
\usepackage{fullpage}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{bm}
\usepackage{color}
\usepackage[dvipdfm,bookmarks=false]{hyperref}
\usepackage{graphicx}
\bibliographystyle{plain}

\begin{document}

\title{}
\date{}
\author{}
\maketitle

\begin{abstract}
\end{abstract}

\section{}

\bibliography{Bibliography.bib}

\newpage
\appendix
\section{}
\end{document}

頁番号を表記しない

preambleに以下を表記:

\pagestyle{empty}

版面パラメータ

パラメータ

  1. ¥paperwidth: 用紙の横幅。
  2. ¥paperheight: 用紙の高さ(縦幅)。
  3. 原点: 用紙の左上、左横から1インチの点。1インチがデフォルトのマージン(余白)値で、¥topmargin、¥oddsidemargin、¥evensidemarginなどのパラメータはこれを基準に換算される。例えば「¥topmargin 1.0in」ならデフォルトに加算して計2インチのマージンがとられる。「¥topmargin -1.0in」ならマージン無し。
  4. ¥topmargin: 上のマージン。
  5. ¥oddsidemargin、¥evensidemargin: 左のマージン。奇数・偶数ページのデザインが同じ場合(oneside)には、¥oddsidemarginで指定。違う場合(twoside)には¥oddsidemarginが奇数ページ、¥evensidemarginが偶数ページの余白を指定する。
  6. ¥textheight: 本文領域の高さ(縦幅)。
  7. ¥textwidth: 本文領域の横幅。
  8. ¥headheight: ヘッダーの高さ。ヘッダーにはページ番号や章の名前などが入る。
  9. ¥headsep: ヘッダー下端と本文領域との間の幅。
  10. ¥footskip: 本文領域下端とフッター下端との間の幅。フッターには脚注などが入る。

http://radiogaga.hp.infoseek.co.jp/latex/latex_6_docclasspreamble_1.png

変更方法

\oddsidemargin=-1cm
\setlength{\textwidth}{6.5in}
\addtolength{\voffset}{-5pt}

ソースファイルの分割

分割

文章が長くなると一つのファイルに全文を記述するのはあまり良いものではない。 そこで、\input{} or \include{}コマンドを使ってファイルを分割をする(例えば章毎、アペンディクス毎)。 ¥inputと¥includeの違いは、 ¥includeが改ページを行った後に子文書を追加していくのに対し、¥inputはそのまま連続して表示していく。

引数では拡張子「.tex」は省略できる。

  • main.tex
    \documentclass{a4paper,11pt}{jsbook}
    \begin{document}
    
    \include{chapter01}
    \include{chapter02}
    
    \end{document}
  • chapter01.tex
    \chapter{hoge}
    \section{HOGE}
  • chapter02.tex
    \chapter{hogehoge}
    \section{HOGEHOGE}

Paper sizeがおかしいと思ったら

ISO 216に完全に準拠したいが、アメリカの論文だとLetterが多かったりす。 意図しているサイズと、システムのサイズが一致していないと、DVIやPDFでみた際にマージングおかしくなってしまうことがある。

もし全てをLetterに統一するのであれば、下記のコマンドを実行すれば良い:

texconfig paper letter

これはユーザー自身だけの設定。もし設定を消すには「~/.texmf-config」と「~/.texmf-var」を削除すれば良い。

任意のファイルを除く

「main.tex」内で、含ませたくないファイルを「%」でコメントアウトすれば、 そのファイルを除外してコンパイルを行なうことができる。

\includeを使っている場合、 プリアンブルに

\includeonly{chapter01}

と記述すれば、コメントアウトを使わずに「chapter01.tex」だけを含ませることができる。

インクルードされるファイル「で」のコンパイル

上の例で「chapter01.tex」を編集中にコンパイルしたと思うときがある。 いちいち「main.tex」に移動し「C-c t j」(野鳥)でコンパイルするのでは面倒である。 そこで、呼び出されるファイルのどこかに

%#!platex main.tex

と書き、親ファイル(ここでは「main.tex」)を指定しておく。 すると、呼び出されるファイル(上の例では「chapter01.tex」等)で「C-c t j」をしてもコンパイルができるようになる。

ツリー表示

ファイルを分割し文章を編集していると、複数ファイルを行き来する必要があり大変である。 この手間を減らすために、 ツリー表示機能を利用する。

上の作業を終えた後で、「C-c d」とタイプするとメインファイルを聞いてくるが、 デフォルトで問題無いはずなので、エンターを入力するとバッファが表示され、

main.tex
+-----chapter01.tex
+-----chapter02.tex

と表示される。キーボードから「p」「n」を入力すると、 カーソルのあるファイルがバッファに表示される。 エンターを押すとそのバッファへ移動することができる。

任意の場所で行間を調節する

\usepackage{setspace}

を使う。使用法:

\begin{spacing}{0.5}
....
\end{spacing}

文字の大きさを「\footnotesize」や「\tiny」などに設定した際に、 行間がそのままで見栄えが悪い場合等にも使える。

任意の場所でtwocolumn

\usepackage{multicol}

を使う。n段組にしたいところで、

\begin{multicols}{n}
 hoge
\end{multicols}

とする。\sectionも越えられる。

部・章・節・段落

文章の論理構造

\part{見出し}
\chapter{見出し}
\section{見出し}
\subsection{見出し}小節
\subsubsection{見出し}小小節
\paragraph{見出し}段落
\subparagraph{見出し}小段落
  • \paragraph および \subparagraph に対しては番号が出力されませんが,番号は数えています。
  • 「章,節の番号付けの深さ」のプリアンブルでの指定により,表題番号を出力しません。例: \setcounter{secnumdepth}{2} でレベル3以上が出力されません。
  • 見出しに指定する文字列の中に TeX コマンドが含まれている場合には,コマンド \protect を用います。例: \section{\protect{\LaTeX} と線形代数}
  • 欧文形式のとき,見出し後に改行された最初の行頭は字下げされません。

文章の論理構造の変更

\section[目次用の見出し]{本文用の見出し}長い見出しや脚注見出しが含まれている場合には目次用の見出しを用意します(目次作成)。
\setcounter{section}{number}セクション番号を number+1 から始めます。注: 対象 \section の前に書き込みます。
\addtocounter{section}{number}現セクション番号に number だけ増やします。
\def{\thesection}{カウンタ種{section}}カウンタ種を変更します(カウンタ種)。
\def{\thesection}{出力の形式}カウンタの出力形態を変更します。

\arabicアラビア数字1,2,3,4
\roman小文字ローマ数字i,ii,iii,iv
\Roman大文字ローマ数字I,II,III,IV
\alph小文字アルファベットa,b,c,d
\Alph大文字アルファベットA,B,C,D

目次にsubsectionを表示

プリアンブルに

\setcounter{tocdepth}{2}

番号無し見出し

章や節に番号を付けたくない場合は,

\chapter*{タイトル}

のように,「*」(アスタリスク)をつける。このとき、目次には表示されない。 目次に表示したい場合は、

\chapter*{Acknowledgments}
\addcontentsline{toc}{chapter}{Acknowledgments}

とする。

本文中見出しを強制改行したときに目次も改行されてしまう

見出しにはオプションが用意されていて,[目次用見出し]を設定することができる. 本文中でタイトルを表示すると2行にわたってしまうため,\\で強制的に改行する一方,目次では改行しないようにすることができる.

\chapter[とっても長い章の名前]{とっても長い \\ 章の名前}

図の挿入

centering

figureとtabular環境で、図表を本文の中央に置きたい。 その場合、一般的には

\begin{figure}[htbp]
 \begin{center}
  \includegraphics{}
 \end{center}
 \caption{}
\end{figure}

とすると、キャプションと図表の間が空きすぎてしまう。 そこで「\centering」を使う:

\begin{figure}[htbp]
 \centering
 \includegraphics{}
 \caption{}
\end{figure}

これで余分な空白を避けられる。

minipage環境

minipage + tabular環境で横並びに図を挿入:

\begin{figure}[htbp]
 \begin{tabular}{cc}
  \begin{minipage}{0.5\hsize}
   \begin{center}
    \includegraphics[width=0.9\textwidth]{./fig/triple.eps}
   \end{center}
  \end{minipage}
  \begin{minipage}{0.5\hsize}
   \begin{center}
    \includegraphics[width=0.9\textwidth]{./fig/dinner.eps}
   \end{center}
  \end{minipage}
 \end{tabular}
\caption{hoge}
\label{fig:hoge}
\end{figure}

実は、

\begin{figure}[htbp]
 \begin{center}
  \includegraphics[width=0.5\textwidth]{./fig/triple.eps}
  \includegraphics[width=0.5\textwidth]{./fig/dinner.eps}
 \end{center}
\caption{hoge}
\label{fig:hoge}
\end{figure}

でも可能(挙動は異なる)。

Bounding Box

epsファイルをclipして挿入する。 epsファイルをテキストとして開き、以下の箇所を見つける:

%%BoundingBox: 0 0 486 346

TeX無いでこの図を挿入する際に、

\includegraphics[bb=0 0 486 346,clip,width=\textwidth]{hoge.eps} % クリップ無し
\includegraphics[bb=0 10 486 346,clip,width=\textwidth]{hoge.eps} % クリップ有り

と指定し、clipを行う。

Too many unprocessed floats.

たくさん図を張り付けると、

! LaTeX Error: Too many unprocessed floats.

とエラーが出る。

LaTeX は、float環境(figure環境やtable環境)を組み版するとき、 前後の文章の量をみながらオプションで指定された条件に合う場所が出てくるまでメモリーに float環境を保存している。 float環境が数ページにわたって連続するとき、メモリーにfloat環境を保持できなくなって

! LaTeX Error: Too many unprocessed floats.

とエラーを出す。

\clearpage

コマンドを使うと、 メモリーに保持している float環境をその場で組み版させることができる。 適当な所で \clearpage コマンドを使うことで、エラーを回避できる。

TeXに挿入するepsファイルの作成

TeXに図を挿入する場合、epsファイルが好まれる。 グラフの出力等は、eps形式にしておけばそのまま使うことが出来る。 一方で、写真等のビットマップファイルを取り込みたい時もある。 対応パッッケージを使えば直接取り込むことも可能だが、ここではepsに変換することを考える。

Image Magickを使ったepsファイルへの変換

convert hoge.png eps2:hoge.eps
convert hoge.png eps3:hoge.eps
convert -compress ZIP hoge.png eps3:hoge.eps

「Power Point」 and 「スケッチ風ドロー」との連携 (for Mac)

Power Pointはなんだかんだ言って、便利なお絵描きツールである。 Power Pointで作った図やPower Pointに取り込んで編集したepsファイル等をTeXに取り込みたい場合がある。 その際に便利なのが「スケッチ風ドロー」(Mac)である。

Power Point上の図をコピーし、「スケッチ風ドロー」に取り込みeps形式で書き出すことで、vector形式のまま図を利用することが出来る。

PDF内の図をvector imageとして取り出し、引用する

PDF内の図を、引用して自分の文章に取り込みたい場合がある。 Acrobat reeaderのスナップショットツールや、スクリーンショット機能を使った場合、 図は全てraster imageとして取り込まれてしまう。 raster imageで取り込んだ場合、図を拡大すると汚くなり、汚くならない様、高解像度・高画質で取り込むと、 サイズが大きくなってしまう。そこで図をvector imageとして取り込むことを考える。 取り込む際に同時に、編集することも考える。

対象の論文(等)をAcrobatで開き、「書き出し」「EPS」でページ毎にepsで出力する。 この時点で、既にvector typeのepsファイルが出来ている。 しかしながら、書き出されるのは図だけではないので、適当に編集し、 クリッッピングする必要がある。

もしMac OS Xを使ってるのであれば、上記の「Power Point」+「スケッチ風ドロー」の組み合わせで、 好きな様にクリッピング、かつ編集でき、vector imageを出力することが出来る。

Acrobatとの連携 (for Windows)

Members/chinone/覚書/Acrobat

天文における「°」や「''」「'」の位置 (\fdg, \farcm, \farcs)

 \def\fdg{\hbox{$.\!\!^\circ$}}
 \def\farcm{\hbox{$.\mkern-4mu^\prime$}}
 \def\farcs{\hbox{$.\!\!^{\prime\prime}$}}

How to use:

mnras.png

References:

数式

数字の千の位での区切り

  • 駄目
    $12,345x$
    12345x.png.png
  • O.K.(好ましい)
    $12{,}345x$
    12_345x.png

白抜き文字

\mathbb{E}

正しい横向きの図・表

\begin{table}[htbp]
 \centering
   \rotatebox{90}{\begin{minipage}{\textheight}
   \centering
   \begin{tabular}{|c|}\hline\hline
   ....
   \end{tabular}
  \caption{hoge}
 \end{minipage}}
 \label{tab}
\end{table}

table, tabular環境

template

\begin{table}[htbp]
 \centering
 \begin{tabular}{cccc}\hline\hline
 \end{tabular}
 \caption{}
 \label{}
\end{table}

multicolumn環境

multicolumn.png

\multicolumn{X}{c}{title}

\multicolumn{<X:number>}{<c|l|r>}{title}

\begin{table}[htbp]
 \centering
 \begin{tabular}{crr}\\\hline\hline
target & \multicolumn{2}{c}{total} \\
       & \multicolumn{1}{c}{before} & \multicolumn{1}{c}{after} \\\hline
  hoge &   123456678 & 123457 \\
  huga &   654 & 123 \\\hline\hline
\end{tabular}
\end{table}

各rowで異なるalignment

一般には

\begin{table}{crrr}
...

といった風にcolumn毎にalignmentを設定する。 しかし時には、あるrowだけで異なるalignmentに設定したいときもある。 その時は上の用にmulticolumnを使う(1columでも)と、その場所では任意のalignmentが使用できる。

改行

要素内での改行は一般的に行われない(内容に合わせて、際限無く広がっていく)。 改行を行うには、

\begin{tabular}{cp{35zw}}

といった様に指定する。

\multirow{X}{*}{title}

以下を宣言しておく必要がある:

\usepackage{multirow}
\multirow{10}{*}{title}

LaTeX Warning: There were undefined references.

数式、図、テーブルを多用する文章を書いていると、一番多く遭遇する警告。 「\ref」「\cite」等での参照、「\label」あるいは「\bibitem」等によって設定した参照キー以外の参照キーが使われたときに出る警告。 先ずは

  • 焦らずもう一度texを実行
  • それでも改善しないならば、logファイルをチェック。以下の箇所が参考になる:
    • “LaTeX Warning: Reference `label' on page page undefined.”
    • “LaTeX Warning: Citation `key' on page page undefined.”

Bibliographystyle

style

天文・物理界隈の雑誌を見ると、「Name et al. 20XX」で参照され、 「Bibliography」には短縮表記されるスタイルが多い気がする。 論文の文脈で「引用されている論文が誰の何時の論文」かが問題になるような場合は、このスタイルが便利である。 一方で、「ハイパーリンク」として働いてほしい場合、[1], [2]といった番号参照(の出現順ソート)が便利であると感じる。

こういった理由で、私は「unsrt」を好んで使うのだが、 Bibliography sectionで著者が短縮表記されないため、ページを食うことになるのが難点である。

urlを入れたい

note fieldを使う:

note = {\url{https://cmb.uchicago.edu/project/index.php/Null_Tests}}

underlineを複数行にまたがって使いたい

TeX標準の

\underline{hoge}

を使うと、文に下線を足すことができる。しかし、\underline命令は、複数行にまたがる場合うまく動作しない(改行されず、画面の外側迄文が続くことになる)。 これを解決する為には、一般に外部packageを導入する必要がある:


いろいろと候補はあるようだがここでは、現在は「jumoline.sty」を選択。 以下の様に使用する:

\usepackage{jumoline}
\usepackage{color}
\setlength{\UnderlineDepth}{3pt}
{\Underline{I have read the NERSC Policies and Procedures and understand
my responsibilities in the use of NERSC resources.}}
Answers to all of the entries below are required, including NERSC Principal Investigator.
Note
\usepackage{color}が必須である。

newline

  • Caption内で改行する方法 (LaTeX)
    LaTeXで文章中で強制的に改行をするには基本的に\\を使いますが,図や表のキャプション内ではこれを使うことができません.そこで,\\の代わりに
    \newline
    を使えば,正常に改行することができます.\newlineのあとに半角スペースを入れることをお忘れなく.

xdvi

dvi fileのviewer: xdvi

表示を自動更新

xdvi -watchfile <X in sec.>

If this option is set to a value larger than 0, xdvi will check the DVI file for changes every n seconds. If the DVI file has been completely written by TeX, it will be reloaded automatically.

Fractional values (e.g. `2.5') are possible. The default for this option is 0, i.e. no watching. Since xdvi cannot handle partial DVI files, it tries not to reload the file while it is being rewritten. However, use of the magnifier or switching of pages requires reading (a part of) the DVI file, and if the tempfile option is switched off, this will erase the current contents of the window until the DVI file can be read entirely.

TeXからの変換

Gray scale (グレースケール)

最近の某書類はグレースケール強制なので?何でわざわざ研究者に何時も使っているカラー画像を「変換させる」労力を使わせる???

  • Mac OS Xの「Preview」でpdfを開く
  • 「ファイル」>「書き出す」
  • 「フォーマット: PDF」 & 「Quartzフィルタ: Gray Tone」
    • 「Black & White」だとグラデーションが消えてしまう

dvipng

dvipng: A DVI-to-PNG converter

dvipngは、dviファイルを直接PNG画像に変換するツール。preview-latexの成果物として配布。日本語は非対応。 だが高速かつきれいなPNG出力が得られる。Web、Power Pointに数式を貼り付けるのに便利。

  • 基本的な使い方
dvipng hoge.dvi
hoge0.png

余計な空白がある。

  • 応用
    • 前景色黒,背景色白,アンチエイリアスレベル5,ガンマ補正1.1

      dvipng hoge.dvi -T tight -bd 1000 --freetype0 -Q 5 --gamma 1.1
      hoge1.png
       
  • 前景色黒,背景色#ffc,透過,アンチエイリアスレベル5,ガンマ補正1.1
    dvipng hoge.dvi -T tight -bg 'rgb 1.0 1.0 0.8' -bd 1000 --freetype0 -Q 5 --gamma 1.1
    hoge2.png
     
  • 前景色赤,背景色#ffc,透過,アンチエイリアスレベル5,ガンマ補正1.1
    dvipng hoge.dvi -T tight -fg 'rgb 1.0 0.0 0.0'  -bg 'rgb 1.0 1.0 0.8' -bd 1000 --freetype0 -Q 5 --gamma 1.1
    hoge3.png
     

注意 \usepackage{txfonts}があると、フォントがおかしくなる(数字、\mathrm{}等)ので、txfontsを使わない方が良いかも。

test1.png
 

dvips(for Power Point)

Power Point様の数式を、上記のdvipngアンチエイリアス適応で作成した場合、PPT->PDFの変換の際、汚くなる恐れがある。 また可能な限りepsファイルとして数式を使いたい。

  • 基本
    \documentclass[30pt]{jsarticle}
    \pagestyle{empty}

    適時

    \usepackage{amsmath}
    \usepackage[varg]{txfonts}  

    等も入れることが可能。後は

    \begin{document}
    \[
     \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx = \sqrt{\frac{\pi}{2}};
     \quad\Nabla;
     \quad v,9,g,\nu
    \]
    \end{document}

    で、数式を書けばO.K.

  • EPSへ変換

    dvipsを使って

    dvips -E -o hoge.eps hoge

    で変換。フォントの指定オプション"-Ppdf"

    dvips -Ppdf -E -o hoge.eps hoge

    を入れると、"amsmath,txfonts"の場合にPower Pointで開くときに空になってしまう(何も表示されない)

  • 「図の挿入」で貼り付ける。
 

latex2html

LaTeX2HTMLはLaTeX のソースファイルをhtmlに自動変換してくれるソフト。 次のような特徴がある。

  • 数式はその部分だけを自動的にGIFまたはPNGの画像データに変換して張り付けてくれる(透過可)。 ただし必要ソフトをそろえておく必要があるここ等を参照。
  • 自分で定義したLaTeX のマクロもちゃんと解釈してくれる。
  • 日本語OK。ただししおりの日本語化に難あり。
  • perlで書かれているので、修正などがやりやすい。

設定ファイル

以下の弐つのページはこの設定ファイルを基に作っている。

lgrind for program sources

lgrindとは、LaTeXを用いてプログラムソースを奇麗に組み版するソフト。 このソフトは,、Lawrence Berkeley LaboratoryのVan Jacobson氏によって作成された。 使い方例: C言語

lgrind -i -lc hoge.c > hoge.tex

でLaTeXコマンドを含んだソースが作成される。 プリアンブルに

\usepackage{lgrind}

を記述。取り込みたいところで

\lgrindfile{hoge.tex}

又は

\lagrind[htbp]{hoge.tex}{caption}{label}

と書く。後者は図として取り込んでいる。

report01_Polynomial_ver01.png

[Debian] 個人用のTeX 関連ファイル (*.sty や *.cls など) はどこに置くべきか

/usr/share/texmf, /usr/share/texmf-{tetex,texlive} ディレクトリ以下はシステムが使用するので、 個人用のファイルはここに置かない方がいいでしょう。
以前は環境変数

TEXINPUTS=$HOME/mytexmf

を設定することにより、$HOME/mytexmf 以下のファイルをロードすることができました。
teTeX 3.0 からは /usr/local/share/texmf または $HOME/texmf ディレクトリ以下に 置くと自動的に読み込まれます。
このディレクトリは環境変数 TEXMFLOCAL, TEXMFHOME とそれぞれ /etc/texmf/texmf.d/05TeXMF.cnf ファイルに定義されています。
注意すべき事はディレクトリ構造であり、

$HOME/texmf/hoge/hoge.sty

と直下のディレクトリに置いてもロードしてくれません。
この辺りは A Directory Structure for TeX Files で厳密に定められているらしく、それに従う必要があります。
取り敢えずは、/usr/share/texmf 以下を参考にしてディレクトリを掘ってみましょう。
例えば、

$HOME/texmf/ptex/platex/hoge/hoge.sty

などとすると、platex 実行時にロードしてくれます。
最後に、

$ mktexlsr

(/usr/local/share/texmf 以下にファイルを置いたならば、ルート権限で実行) で ls-R ファイルを更新することで使えるようになります。

他にも様々な環境変数がありますが、参考までに Debian パッケージ (tetex-bin 3.0-27) のものを掲載しておきます。

環境変数用途Debian*1
TEXMFCONFIGユーザ固有の設定ファイル$HOME/.texmf-config
TEXMFVARユーザ固有の生成されたファイル*2$HOME/.texmf-var
TEXMFHOMEユーザ固有の静的ファイル$HOME/texmf
TEXMFLOCAL個人が追加したシステムワイドなファイル/usr/local/share/texmf
TEXMFSYSCONFIGシステム用設定ファイル*3/etc/texmf
TEXMFSYSVARシステム用の生成されたファイル*4/var/lib/texmf
TEXMFMAINシステム用ファイル*5/usr/share/texmf
TEXMFDISTシステム用ファイル*6/usr/share/texmf-{texlive,tetex}

各ディレクトリは上から順に参照され、同名のファイルは上位のディレクトリが優先されます。
これらの値は以下のコマンドで参照できます。

$ kpsewhich -var-value TEXMFCONFIG

等。


*1 tetex-bin 3.0-27. 設定ファイルは /etc/texmf/texmf.d/05TeXMF.cnf
*2 tetex-bin, texlive-base-bin に含まれる updmap, fmtutil コマンドで管理される. ただし、システム全体のデータもここに複製されるのでパッケージアップグレード後にこれらコマンドを実行する必要がある
*3 Debian 固有のコマンドである update-{texmf,updmap,language,fmtutil} で管理される. /etc/texmf/texmf.cnf は直接いじるべきではなく、/etc/texmf/{texmf,updmap,language,fmt}.d/ 以下に設定を書いたファイルを置き、ディレクトリ名に対応したコマンドをルート権限で実行する
*4 updmap-sys, fmtutil-sys で管理される
*5 アドオンはここに配置される
*6 teTeX, TeX Live 等の基本 TeX パッケージはここに配置される