参考

TortoiseSVNを使ったWindowsの同期

Install

ここからインストーラーを落とし、実行。特に問題は起こらないと思う。

SSHの設定

PuTTYを使ったsvn+sshアクセスを考える。 PuTTYのセッションについて公開鍵、プライベート鍵の設定を終わらせておく。 そのほかポートフォワード等の設定をするのであれば、これも完了させておく。

TortoiseSVNの設定

SSHクライアントとして「Tortoise Plink.exe」を設定すればよい。

リポジトリへのアクセス

リポジトリにアクセスする際は

svn+ssh://PuTTY_session_name/home/username/Repository/target

といった風に、PuTTYのセッション名を指定する必要がある。 それ以外は通常の場合と同じ。

参考