man

http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_findutils/man1/find.1.html

findの結果を引数にしてコマンドを実行 [-exec]

find /directory -name '*.dat' -exec ./plotHoge {} \;

or

find /directory -name '*.dat' -exec ./plotHoge {} \+
{}
findの結果が一つずつ展開される
\;
必ず必要。; はコマンドの終了を表すが、シェルに「;」を解釈させず、find へ「;」を渡すためにエケープしてある。また、「{}」と「\」の間には必ずスペースを空けなくてはならない。

findの結果が複数の場合、「./plotHoge」は一つずつ実行される。

findの結果を引数にしてコマンドを実行 [xargs]

find /directory -name '*.dat'  | xargs ./plotHoge

パイプとxargsを使った場合、findの結果全てを引数として「./plotHoge」を実行する。