Diary April, 2007

 

01日Sun.

かなりの間更新をサボったが、今日から再開。 出張、学会とここ二週間忙しかった。 学会のためのデータ収集の為に野辺山に行って、 必要な情報を取得、それを用いて学会の発表をつくり発表。 取り敢えずへまをすることなく、終えることができた。 今回は初学会だったが、「いろいろと」勉強になった。 学会それ自体以外での収穫の方が多かったぐらい。 林さん、松本さん、大倉さん今回は本当にありがとうございました。

夏の学校も動き出した。 基本、時間をとられ、煩わしい夏の学校の準備を、 いかにして意義のあるものにしていくかが課題だ。

自分の中では取り敢えず現段階で、制御系開発はひと段落着いたと考えている。 望遠鏡とミラーの直行性についてわずかの補正をすれば終わりだ。 この一年はこちらの作業にはあまり手を割かず、修論に向けた研究を進めたいと思う。 先ずは興味のある事柄の中から、先生とも相談して修論のテーマを決めるのが先決か。 おそらくこの一年、特に初めの半年は指導教官は私よりも、実験・留学生で手一杯だろう。それを見越して自分で研究を進めなければ。

自分はいろんなものについて興味を持つたちだと認識している。 一方で、真に賢い人間は何にでも関心を持つようなことは無く、 真に興味を引かれるものにしか感心を示さない、と考えている。 実際どちらがいいのか分からないが、この一年は浮気をせず集中して取り組めることをやらねばならないと思う。 六月・七月までにはPACPACで何をやっているのかぐらい話せるレベルになっていなければ。 これをひとつの目安として明日から精進していきたい。


02日Mon.

起床時間が遅れる。

引越し(大学の部屋)の準備で割りと時間を食う。 明日の引越しだが、引越し先が明日に片付いているか不安。 荷物はもう持ち出してしまったのだが・・・・。 移動先が無ければ・・・・。


03日Tue.

引越し当日。引越し先の部屋掃除で時間を食う。 どうにか整理がついたのは結構遅く。 勉強が出来ない。

なんとなく似ている画像特集

引越しの為の掃除をしていたときに見つけたILCのパンフレット。

ILC.jpg

どこかで似たような絵を見たことがある。それは・・・

a0.jpg
a1.jpg

「あずまんが大王。」似すぎ。 電通の担当者は「あずまんが大王。」を知っているに違いない!

20050812408583.jpg
20041103760678.png

04日Wed.

一日無駄にする。今日はこれから徹夜。 気合を入れなおす。取り敢えずmaling-listのweb閲覧化でもするつもり。


05日Tue.

取り敢えず上記の作業は終わり。 namazuやセキュリティの面で不安は残るが私のスキルではこれが限界。 阪大の教授人事が出た。どうなることやら。

これでやっと勉強に戻れる・・・・。


06日Fri.

今日は更新しないつもりだったのだが・・・・、 ついさっき(28:00)帰ろうと外に出て、何気なく空を見上げたら、 夜空(薄曇、星は出ていない)に不自然な緑色の光の束が見えていた。 写真に収めようと部屋に戻って屋上に出て撮ったが、デジカメでは無理のようだった。飛行機雲ぐらいの幅に光の束が複数本走っていた。 速いテンポで点滅もしていた。あれはなんだったんだ? 結構持続していたから、仙台市内の人なら見た人が居るんじゃないか?


09日Mon.

久しぶりに5時起床、22時帰宅を実現した。 生活が荒れているときに比べれば、作業効率がいいのは明らか。 やはりこの生活スタイルが一番いいのであろうか? この生活を続けて、懸案の事項を一つずつつぶしていくのが最善のようで。


10日Thu.

天文のパソコン管理のadminになる。 これで天文のserverをいじれる様になった。 先ずは、昨日のメーリングリストの再構築あたりに手を出してみるか。

来週の銀河雑誌会をやることになった。 多分WMAP3yr Polarization analysisになると思う。 思えばPACACでこれを発表しようと思ったが、 力不足故先ずは温度解析をやったのが先月。 ようやくここまでたどり着けたか。 最初に比べれば、理解の度合いはかなり違っているので、 読み進めるのが早い。来週発表でも間に合う・・・か。

今日はO倉さんの誕生日を祝いに回転寿司に行った。 寿司onlyを食べに行ったのは久しぶりだ〜。 でも、

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) 回転寿司で三千円は食いすぎだろ・・・
  |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

(今は無い?)駅前のすし屋の30分食い放題でover 50貫食ったのはいい思い出だ。


11日Wed.

偏光解析の論文を取り敢えず読み終える。 なんかこう苦労している感がバンバン伝わってくる。 温度揺らぎの方はその解析手法が簡潔で分かりやすかった。 一方偏光の方は、温度揺らぎと同じ道は通ることができず(MEM,ILC->MLE,PCL; 同じようにやれればいいが)、 試行錯誤しているのが伝わってくる。 でもE-mode検出、B-modeは検出器の制限から検出できないことと矛盾しない等の事実は納得できるが、 之をもとに決まるtau,r,z_reiなんかの信頼がどこまであるのか、初読みでは納得できなかった。

04/06に書いた空に光る緑色の光束は、 雲の高さを測るためにどっかの研究機関が照射している光ではということを聞いた。 なんとなく納得できるかも。


12日Tue.

修論のテーマの内の一つを具体的にすすめてみては、 ということになる。 個人的にこのテーマは面白いし、意味もあることだと考えている。 ただオリジナルか、といわれれば強く主張できる物ではない。 また自分以外の部分に左右されやすい。 そこで寧ろこの「自分以外のところ」まで含めて修論にしては、 という話になるのだが・・・。

今年でTA二年目の天体物理学弐が始まった。 どうやら受講者の皆様は今回のレポート課題でビビッているっぽい。 これでビビッてたら後が怖いぞ〜。


15日Sun.

14日花見、二次会で疲れたので昼まで寝る。 論文読みの仕上げをして明日からトラペ作り。 今日また寿司を食いに行く。今日は19皿。

今現在、修論&今後数年を左右しかねない判断を迫られている。 進むべきか、安易に行くべきでないのか悩みどころ。


16日Mon.

昨日も書いたが結構深刻な問題だったりする。 一週間以内には結論が出せるであろうか・・・。 誰かに相談しようかしら。

銀河雑誌会で発表する内容については、 小松さんの講演(注:rm file)がとても参考になる。 要旨だけかいつまんで説明しているが、 やはりきちんと理解している・実際に解析に当たっている人はすごい。 自分の間違った解釈を気付かせてくれる。

これをもとに自分のトラペを作成中。 論文の内容とは別に偏光の直感的理解も入れる予定。

そろそろmailmanを使ったメーリングリスト構築のことも考えなければならないし、 学振の書類もそろそろだし、中間発表も視野に入れなければならない、 そうすると今後の決定にも影響を及ぼすし・・・・。


26日Tue.

久しぶりの更新。十日ぶりでしょうか。 雑誌会は難なく突破したが、如何せん面子がPACPACと違うので比較ができない。 でも、やはり突っ込みは的を得ているものがあった。 トラペ作りは温度の時よりもぎりぎりだった。 三日前ぐらいから徹夜続き。 朝の七時ぐらいに家に帰って風呂に入り1-2時間寝て大学へ、という生活を続けた。 ま〜、やる気(切羽詰った感)があれば無理はできるということで。 これがいつも続けられるかといえばそれは無理だし、やるべきでもない。 それでも、この後そそれほど疲労が溜まっていなかったのは、まだ(年齢的な)体力が有るということか。 疲労は無かったが、開放感から次の日は・・・・。

週明けは学振関連のことで動こうかと思ったが「目的(研究のではない、学振のことで動く目的)」がはっきりしないので、 集中度も今ひとつ。例年に比べ、事務の対応が遅いのも原因。 ようやく今日来た。後二週間、これに集中です。

研究の方だがまだ決断できない。安易に先生の言葉を信じていいのかが一番の問題。

これで行くのであれば一年は必ず飛ぶ。実は一番の心配どころ、いけるのか!?

「上手く行く」のであれば飛び込んでもいいとは思っている。 いやいくなら「上手くやらねば」ならないのか。 この段階で自分の心は決まっているのかも。 先輩の助言を聴くことにしたが、これが吉と出るか凶と出るか。 学振との兼ね合いもあるので、実のところおちおちしてはいられない。 あ〜やばいかも。これ抜きでもまともな研究計画を立てなければならないし、 がこれが書ければポイントになる。 ただ自分の主著論文が無い時点でもう(;´Д`)むりぽ・・・。 国外学会(査読有り)セカンド、その他もろもろ国内口頭、口頭セカンド、ポスター・・・・。

この期間長期にわたり引き篭ることはなったが、一日ぶっ飛ばしてしまったことは有った。 起きているときは起きていようと思い、起きていることに苦痛を感じないが、 目覚めの際に起きることを考えると、(睡魔の中のテンションでバイアスかかっている)テンションが下がる。 起きたくない、起きなくても別にかまわないか・・・と思ってしまう。 これを改善する方法は無いものか。 寝る前に起きる目的を明確に持っている場合はほとんど必ず起きられるのだが、毎日は続かない。 これも大学院生の甘えであるのは確かなので、つらい状況に追い込まれればいやでも起きる。

最後に今日の実験 http://www.youtube.com/watch?v=qcZ_OHD242M