Diary November, 2008

 

[シカゴ滞在13日目] 01日Sat.

実験は無いが、何も変わらず研究所へ。 粛々と研究を進める。

土日に観光に出かける機会はあるのだろうか? 個人的にはシカゴの高層建築に興味があるので、 一日かけて見てまわりたい所。 別に高い所が好きというわけではなく、 純粋に巨大建造物でが好きで、更に空に聳え立つ高層ビルを仰ぎ見ると琴線に触れる何かを感じる。 A列車で行こう山脈ステージで建設可能な領域ほぼ全てを高層ビルにしたり (A列車は鉄道外車経営シミュレーションゲームなので、当然鉄道を走らせる。この場合全て地下鉄にした)、 シムシティでマップ全体をアルコロジーにしたのは良い思い出。


今日は帰りに学食によって夕食を調達。 土曜日の夜に学食がやっていることを始めて知る。

今日はCombo3カレー(肉1+野菜2)カリフォルニアロールを購入。 明らかに食いすぎだが、カリフォルニアロールを買ったのは計画外。

combo3.png
cari.png

正直Combo3は普通の日本人には食いきれないでしょう。 こっちの日本人に「一番アメリカの食生活になじんでいる」といわれた自分は、綺麗に完食。 味ですが、カレーはカレーですが所謂日本のカレーとは違う。スパイシーだが「こく」がない。 あと米も違う。

カリフォルニアロールを始めて食べましたが、これは回転寿司のお子様向けねた(サラダ系あたり)でしょう。 日本では好んで食べようとは思いません。ただアメリカでは日本米分とわさび分、がり分を補給する為に利用するかも。

[シカゴ滞在14日目] 02日Sun.

惰眠をむさぼる。 お昼過ぎに研究所に着いたと思っていたら、まだ午前中。 実はサマータイムが終わって、冬時間になったことで一時間時計が戻っていた。 得をしたような、でも惰眠をむさぼっていただけなのでそうでもないような。

夏時間は混乱だけであまりその意味がないような気がするのは勘違い? 近年、日本でも導入したい方々(=政治家、政財界)がいるようで・・・、やめてもらいたいのだが。


研究所(KICP)の部屋。

223.png
223k.png

一番手前の席に、ヨーロッパ系の女性が陣取ってます。 Friday Seminarの前後に自分の後ろの席にspeakerが滞在します。

写真に写っているのが、今日の昼食のzuccini focacca。

focacca.png

19:30を過ぎたので帰ったのだが、 i-houseについてから気付いた。 冬時間に戻っているのだと。結局19:30に研究所を出て、食事をとった後に19:15に帰宅。

でも良く考えれば、昨日まで19:00は20:00だったわけで。 人間が時計の針を変えただけで外の暗さは換わらない。 でもよくよく考えれば、 犯罪発生の要因が外の暗さなのか、それとも犯罪者の時計なのか、 明確ではない。うーん・・・・・・今後も19:00過ぎには帰宅します。


来年一月にチリに行くことになるかも。 いやもう希望を出してしまったから、ほぼ確定かも。

[シカゴ滞在15日目] 03日Mon.

なんだかんだ作業している間にあっという間に夕方。 今日は日本からKEKおボスが来るので、みんなでお食事。

ダウンタウンい乗り込みます。 Metra(=シカゴの電車)を使ったのですが、 何両も連結されているのに乗客が乗っているのはは壱、弐両という効率の悪い運用をしている。 まぁ日本の鉄道のそれと比較してはいけないが。

建設中のトランプタワーを仰ぎ見つつ(この辺りの高層建築の眺めに感銘を受けつつ)レストランへ。 ワインとかロブスターとかクラブとか生牡蠣とかアイスとかを頂きました。ご馳走様でした


明日のミーティングでは報告するつもりなので、 ワインの入った頭でレポート&英文メール作成。

・・・終わらない。

[シカゴ滞在16日目] 04日Tue.

telecon初デビュー。 今まで参加はしていたが、 発言する機会はなかった。 結果がでない「結果」が得られたので、 それを報告。 周囲のサポートのおかげで何とか乗り切る。 本当、聞き取りにくいんですよteleconの音は。 只でさえリスニングに難があるのに。


いよいよ今日、次のアメリカ大統領が決まる。 グループの中にも選挙活動に熱心な人がいて、 今日は会議そっちのけ選挙活動にいそしんでいると思われる。

以前も書いたが、シカゴはオバマ一色。 今日はシカゴのGrand ParkでObamaがthe Obama Grant Park rallyを開催する。 参加するにはticketが必要だとか。

i-houseに帰ってきた後、しばらくhallのテレビでliveをみていたのだが、 (当然他の住人もテレビを見にhallに集まっている)その仲の何人かが、「ticketを手に入れた!」と喜んでいた。 Metra (シカゴの電車)の時間を調べていたので、直ぐにでも行くのだろうか?

シカゴに来て「大統領選」を目の当たりにしたが、 やはり日本のそれ(大統領選はないので、総選挙あたりか)とは大きく違うことを痛感した。

批判覚悟で書くが、日本で選挙活動を「熱心」に行なっているのは創価学会率いる公明党だけで、 選挙活動=創価学会のしつこい勧誘という、きな臭いイメージがぬぐえない。 (この辺りは実際に経験した人なら分かるはず。)

こっちでは老若男女大統領選の話題でも普通に盛り上がっていたり、 今日だってTV hallで「Obama win.」とTVが放送するたびに、 みんなで喜び合ったり、と政治が身近にある感じ。

どっちが良いかは個人の判断かもしれないが、自分は後者のほうがいい。

日本では政治と宗教の話は公ではするべきではない雰囲気がある。 それは個人個人の主義主張が問題になりうるというよりは、 「地雷」を踏んでしまう可能性があるからだと思う。 どこに潜んでいるか分からないからな・・・。


これを書いている間にObamaに決まった。 さてこれからのアメリカ、どうなるのだろうか? 普通の政治の舵きりは勿論、 個人的には科学・宇宙方面の政策に、すごく興味がある。 「火星に行こう」路線は続くのだろうか?

[シカゴ滞在17日目] 05日Wed.

いつの間にかシカゴ滞在2週間を過ぎていたことに気付く。 1/4が終わってしまった。忙しいと時間はあっという間に過ぎていきます。

no_time_ss.gif

今日はグループミーティング。 話題はTODデータの素性や、空の厚さ(観測するelevationを換えることで空の厚みが変化し、 それによって放射強度が変化する。適当な大気モデルを仮定することで、 放射強度を計算することが出来、これからgainを決定することができる)を使ったcalibrationのお話。 ここで二次元の画像解析はちょっと浮いた感じ。 TODデータ解析で手一杯(+あまり効率の良くない現状のcalibration観測に不満がある)のボスにはあまり評判が良くなかった。 英語もまともにしないとね。

lab workにも参加。 QUIETの特徴の一つにもなっているPlatelet arrayのscrewだとかを担当:

instrumentation-6.jpg

screwの数が尋常ではありません。一個一個手でscrewするのはnightmareです。

今日は夜から日本との会議もあるので、 早めに帰宅。 途中で食事を調達。 「Teriyaki beef」をto goしました(海外ではtake outは通じないと聞いていたのですが、ここの店で以前通じた。 今はto goといって注文していますが)。 多分もう注文することは無いでしょう。 海外ででて来る「テリヤキ」は「照り焼き」では無いということです。

日本、シカゴ、チリを繋いで会議。よく考えるとすごい気がする。

  • 海外で店員に「take out」じゃなくて「take away」だと指摘された事がある。 -- inoue 2008-11-06 (木) 19:36:22
  • 辞書にはtakeoutもtakeawayもあるが、実際に現地で使ってみないと本当の所は分からないんだろう、と。http://en.wikipedia.org/wiki/Take-out -- 茅根 2008-11-08 (土) 15:17:18

[シカゴ滞在18日目] 06日Thu.

環境に慣れてしまったせいか、 生活に締りがなくなり始めた気がする今日この頃。 海外という環境になれること自体は問題無いが、 それでだらけてしまっては意味が無い。

前回と今回の最初の頃は、内心結構びびっていたわけで。 (当然ではあるが)周りの人間全員が、英語をしゃべっている環境に、不安は感じていた。 今でも英語は不自由(そもそも数週間、数ヶ月の滞在でどうにかなろうと思っていることが間違い。 長年の日々のたゆまぬ努力によってのみ、英語は習得できるのです<<自分に言い聞かせる)だが、 びびってはいない。そのせいか新鮮味、緊張感が薄れてしまった感がある。

今回のシカゴ滞在を有益なものにするためにも、 日々精進していきたいと思います。

願わくば、明日のわたしが、今日のわたしより優れた人間でありますように・・・


[シカゴ滞在19日目] 07日Fri.

今日のセミナー: Recent work on galaxy mergers and the formation of spheroids

東北にいた頃に(今でも東北大生ですが)よく聞いた、「天文」のセミナーでした。 QUIET関係者にはなかなか厳しかったでしょうか(皆さん高エネ出身の方ですので)。

ガス・ダスト入りの銀河のマージングシミュレーションの話が出てきたが、 ここまで来たかと感慨深く思いつつ、シミュレーションは・・・。 セミナーではシミュレーション結果の映像を、音楽に合わせて上映していました。

こっちのセミナーに参加したのはまだ数回ですが(金曜昼食セミナー以外にも物理セミナーにも顔を出している)、 こっちのスピーカーで気になったこと。 トラペに文字が多い。読めないよ!というかトラペでは(多くの)文字を読ませるべきではないでしょ。 特に今日の方はすごかった。図も勿論多くあるのだが、 文字だけがびっちりと書かれたトラペがあった。

勝手な思い込みかもしれませんが、こっちの研究者はトークがずば抜けてうまいと思っていたのですが、 これまでのところそういった感じはありません。 英語を半分も理解していないようなお前が何を言っているんだ(AA略)、という批判は甘んじて受けますが・・・。


[シカゴ滞在20日目] 08日Sat.

i-house滞在者にはカフェで使えるクーポン券がもらえる。

voucher.png

このカフェはi-houseを含め大学周辺にいくつかある様子。 たかが$3、されど$3。きちんと毎日使ってます(日付の日だけ有効。約60日の滞在ですので$180、結構な額)。 たいていは牛乳とパン(ベーグル, 蒸しパン, ビスケット,orスコーン)を買ってます。 $3超えます


最初に作った解析ツールが色々とかゆい所に手が届かなくなってきた。 オブジェクト指向で最初に設計したプロジェクトは失敗するとはよく言いますが、 まさにその通りでしょうか。ROOTも絡めて、デザインパターンについて勉強する必要があります。

design.jpg

今週も懲りずに寿司にチャレンジ。

sushi2.png

今回はカリフォルニアロール以外もあります。 で味は・・・。 結構おいしいです。日本で食べるのと変わりありません。 問題は高いということです。$9ぐらいします。こいつより高いです:

itame.png

(寿司とこれ食べたら食いすぎです)

野菜と肉とたれを選んで炒めてもらい、 ご飯のうえにぶっかけます。

自炊していたときに、洗い物を減らす為に、よくやりました。 たれがご飯にしみて、これはこれでおいしいと思います。

興味深かったのが、これを作ってくれたお兄さん。 中国系の方でしょうか、英語をほとんどしゃべりません。 「野菜を選べ」とかいいません。 身振り手振りで客とやり取りしています。 接客業において、英語しゃべれなくてもどうにかなるんだと関心。


[シカゴ滞在21日目] 09日Sun.

先週はあまり寒くなく、シカゴもこんなもんか、と思っていたのですが、 今日はかなり冷えました。

sentou.png

修復中(?)の尖塔。今日は天気が悪いので、写りが悪いです。 天気の良いときにでももう一度。

学食にあるc-shopでお昼を買う:

ein.png
italian.png

Italian Grilled Chicken. $6.99.


ここ一週間ダウンしていたチリの望遠鏡が復帰。

chajcam.jpg

早速Tau Aの観測が行なわれているはずなので、データを見てみる。 ・・・望遠鏡が動いていません。

Tau Aはelevationが低く、CBI (QUIETはCBIのマウントを流用している)mountのLimitにかかってしまい、観測され無い場合がある。 先週の会議で、「Tau AはScheduleは毎日入っているけど、結局ほとんどデータは得られていないよ!」といことを言った。 きちんと観測されている場合もあって、それは「普通のスキャンのときだけである」ともいった。 Tau Aの観測にはElavationを固定してAzimuthを振るスキャン(普通のスキャン)と、 ElavationとAzimuth両方を動かすものがある(Raster scan)。 Scheduleを書いている人たちは、rasterのほうが好ましい(効率がよい)と考えている。

望遠鏡がダウンしている間に少し議論があって、 自分としては「Stokes Parameters vs Deck Anglesの解析がやりたいので、スキャンの方法如何にかかわらずデータが欲しい。 なので失敗ばかりしているraster scanでなく普通のスキャンをしてほしいな。」といったことをいった。 (普通のスキャンはdeck angleを固定しておこなう。 一方raster scanはdeck angleを変えながら観測を行なうので、一度の観測でdeck angleを埋めることができる。 でも成功していない。成功しない観測を一週間続けるぐらいなら、 成功する観測を7回行なってdeck angleを埋めれば良い、と思う。)

彼/彼女等は「今度はcenter hornでraster scanやるから問題無いよ。raster scanがいいんだ。」といった。 そして今回の結果。もう少しプッシュしたほうが良いだろうか。 この辺は人間関係が絡んでくるので、難しいとは思うのだが・・・。

日々飛び交うメールを見ていると、結構きついものがあったりして、びっくりしてしまう。 議論ではなく責任の所在を追及する感じのメールの最後に「I object」とかかると、はっとしてしまう。 その後直ぐに誰かが(メールばかり出すあのお方は、 こういうときには頼りになる。 まぁ種をまいているのもこの人なのだが)フォローのメールを出しはするが、 色々あるのだなーと。


夕食。Sauteed Spinach:

spinach.png

正直に言うと、「Spinach」が何なのか分からないで注文しました。 Spinach=ホウレンソウですね。 昔よく作った野菜炒めの味がしました。

i-houseで学生の海外援助活動(だと思う)の報告会があったので、参加してみた。 報告会といっても堅苦しいものではなく、アイスクリームを食べながら音楽の調べに合わせて報告、といった感じ。 行き先はイスラエル、アフガン。このあたりについて、アメリカ人がどう思っているのか、少し分かった気がする。


[シカゴ滞在22日目] 10日Mon.

マンネリ気味で、生活が悪い方向に行っている気がする。

なんだか今日は静かな気がした。

向かいは実験室:

nobady.jpg

今日の夕食: 野菜炒め (Beef)

chinese.jpg

今回はお兄さんではなく、おじさんでした。 例によって(お兄さん以上に)英語をしゃべりません。


[シカゴ滞在23日目] 11日Tue.

i-houseのネットワーク環境があまりにも貧弱貧弱(≠速度が出ない、=10分毎に回線が勝手に切れる)なので、 localにROOTをインストールした。 理由は帰ってからも解析できるようにするため。 研究所にはどうがんばっても08:00-20:00間でしかいられないので、 作業をする時間もこの時間帯に限られてしまう。 10分毎に必ず回線が切れるので、Xを飛ばしたりしているとプッツリと切られてしまう。 以前まで毎回つなげなおしていたが、いい加減ウザイ。そこで

  1. TOD -> mapの変換を研究所で行なう
  2. mapのデータをlocalに保存
  3. 帰ってlocalのROOTで解析

という風にするために、localにROOTをインストールした。

localはwindowsなので、vmwareのなかにLinuxをインストール。 因みに私が選んだディストリビューションは勿論Debian。originalのapt-getサイコー。 RHLに移植されたapt-getなんて偽者です。

以前はcoLinuxを使っていたのですが、vmwareの評判を聞いて、 鞍替えしてみました。coLinuxではしばしばネットワークの接続が問題になるのですが、 今回のvmwareでは何も考えずに作業したにも拘らず、 無事にネットワークに接続することが出来ました(apt-getはネットに接続して何ぼ)。

Linuxを終了せずにvmwareを終了させることが出来るので便利です(現在の状態をデスク上に保存して終了している)。 coLinuxの場合、kernelが立ち上がっているterminalを落とすと、 shutdownコマンド無しにlinuxが落ちてしまう為、 ディスクに(colinuxのディスク。実際のHDDではない)ダメージを与えてしまい、 次回の起動に問題がでる場合がありました。 一度これをやってしまい、colinuxを再セットアップする羽目になりました。

まだ少ししか触っていませんが、なかなか良い感じです。 現在はvmwareないではXは立ち上げず、windows上でX serverを起動しています。 唯一の問題はメモリが足りないこと。 vmwareに256MBを割いている(本当は512MB割きたい。でもそうするとwindowsがまともに動かなくなる)ため、 PC全体が若干重くなること。 メモリ2GBつんでおくべきだった(でも3,4年前で2GBのメモリをつもうとしたら、パソコン本体の値段の半分くらいかかった気がする・・・)。

今日の夕飯: Pepper Beef

pepper.jpg

高さ比較:

peppery.jpg

[シカゴ滞在24日目] 12日Wed.

Tau Aのデータから、 望遠鏡のDeck=Receiver coordinateのcollimation errorを推定している。

問題となったのは、解析でRA,Decの直交座標系にprojectionしてしまっていること。 collimationはReceiver coordinateの情報なので(Az/El方向にいくらいくらずれている、といった情報が欲しい)、 わざわざRA,Decに変換する必要はない。またprojectionのあつかいもめんどくさい。

そこでRA/Decでmapを作るのではなく、telescopeのpointing情報 (Az/El)から、 対象の天体の位置情報(与えたRA/Decとそのときの時刻からAz/Elを求める)を引いたものをプロットするのが適当だいうことが分かった。 この際Az方向にはcos(El)の補正がかかる。

天体を使ってcalibrationを行なう際に、天体位置の絶対的な値は必要ない。 今回の場合、Tau Aがあるべきところからの相対的なズレが分かれば良い。 なのでRA/Decで扱う必要はない。

CMBの場合は等積図法で書かれたmapに変換しさえすれば、RA/Decである必要はない。 WMAPの場合Healpixであり、座標系自体は銀河座標系である。 RA/Decにこだわる必要はない。

今日の夕飯: combo#3 (beef)

beefc.jpg

[シカゴ滞在25日目] 13日Thu.

近頃は負け続きです。 解析も思うように進みません。 やはり最初に作った解析プログラムには荷が重過ぎる様子。

最近になってcollaboratorsの人間関係・各個人の性格が分かってきた。 やはり実が伴わないと信頼を得られませんよ。 自分はまだまだ下っ端なので作業するだけですが・・・。

deployment teleconすっとばしてしまった・・・。

今日の夕飯: Sweet Sour Beef

sweet.jpg

[シカゴ滞在26日目] 14日Fri.

今日は勝利。

HeII Reionization and Its Effect on the IGM

今日の金曜セミナーは再電離関連の。話の内容はおいとくとして、 HEP (High Energy Physics)出身者も多くいるKICP周辺で、 He IIHeの1階電離だと理解していた人はいったいどれだけいるのだろうか? (天文では中性をローマ数字でIと書き、1階電離はII、2階電離はIII、・・・と書くのが習わし) 多くの人はHeの2階電離だと思っていたに違いない!


QUIETで自分と同じ解析をやっている方々から、 結果がでたよ、というメールを受け取る。 色々と疑問は残るが、それらしい結果がでているので、少し悔しい。

このメールを受け取った直ぐ後に、local meetingがあった。 その場でも議論になったが、怪しい所があるっぽい。 gainのフィット以前に、位置のフィッティングがおかしい。 collimation errorが他の観測の見積もりに比べ、圧倒的に大きすぎる。 因みに自分の場合だとconsistent。ミーティングでもこの辺りを説明。 自分もできるだけ直ぐに結果を出しますといっておいた。

この日のミーティングは、ボスが色々な方向に話を飛ばし、 長丁場3時間ぐらいやっていた。途中、爆笑ありのミーティングでした。

今日はこのミーティングを通じて、自分の英語出来ない理由の一つが「緊張」であることがよくわかった。


ミーティング終了後、東北大学からのguest(LCWS08に参加、 というよりは開催側としてシカゴにいらっしゃっている)と食事へ。 ハイドパークで一番お勧めのフランスレストランへ(記憶が確かならここ)。 お肉を頂きました。焼き方を聞かれて(初めてかもしれない)とっさに「medium」と答えたが、 やわらかくて、食べ応えもありおいしかったです(食べたのは「pan-seared filet of beef tenderloin; fresh asparagus and Yukon Gold potato filled with chive-pureed potatoes; green peppercorn sauce」)。

帰り際に、 i-houseの前の通り(midway, これを越えて南に行ったらdangerous)が 19世紀の万国博の名残であることを教えて貰った。 そいういえば、ずっと広い通りが続くわけでもなく、i-houseの前近辺だけ広がっていて不思議には思っていたのですが、これで謎が解けました。

midway.jpg

[シカゴ滞在27日目] 15日Sat.

今日は一段と人が居なかった(研究所に)。日本の方々も今日はいらっしゃらなかった。

昼食:combo#3 (ミートボール)

ball.jpg

粛々とプログラムを書いていた所に、ボスが登場。 どっかに出かけたついでに研究所に寄った感じ(メールをチェックしたかったのかも)。 奥様もご一緒。奥様とは前回の滞在の際、ホームパーティーに御呼ばれしたときにあっている。 ボスが奥様に、「彼を覚えているかい?」と聞いたところ「Sure!」とのこと。 (本当かどうかは本人だけが知りうるので・・・)

奥様が帰り際に「がんばってください」と日本語でいったので「ありがとうございます」と日本語で返しておいた。

夕食:野菜炒め(not spicy)

not_spicy.jpg

唐辛子(豆板醤か?)はspicyというのだろうか? おじさん/お兄さんは「Spicy?」と聞いてくるのだが(前後に何も付かない、本当にこれだけ聞いてくる)、 「Yes」と答えると豆板醤が入り、結構辛くなる。 今回は「Spicy?」には「No!」と答え、「Sweet ???(忘れた)」とかいう甘めのソースを選択。 こっちのほうがおいしかった。

今日も懲りずにサイドメニュー:ピザ

pizza.jpg

普通のピザです。 入れ物のイラストに何か意味があるのだろうか?

illust.jpg

支柱の上にトマトが一つ・・・。


[シカゴ滞在28日目] 16日Sun.

今日は皆でMitsuwa@シカゴに行ってきた。 Mitsuwaは(多分)アメリカにある日本食スーパーマーケットチェーン店。

mitsuwa.jpg

日本語があふれている。ここだけ別世界といった感じ。 今日は鮪の解体ショーがあったので、これも見てきた。

maguro.jpg

子供達が大はしゃぎ:

excited.jpg

次々と切り分けられていく鮪:

cut0.jpg

 

cut1.jpg

解体ショーは滞りなく終了。 一般には売られない部位(頭とか)の競売が始まる。 頭は興奮気味の少年(推定五歳)が、$20ぐらいで競り落としていた。 彼は他の部位についても、積極的に競売に参加していた。 きっと彼は将来有能なビッターになるに違いない。

赤身、大トロ、中トロを切り身に分けて販売開始。 人だかりが出来る:

people.jpg

借家住まいの貧しい私としては、なかなか手が出せませんので、見ているだけ。


昼食はMitsuwaで。 からあげ定食を注文。基本でしょう。 ・・・普通のからあげ定食でした。

・・・どっかで見たことあるんだけど、思い出せない:

tofu.jpg

これだけ見たら、日本のスーパーと間違えるかも:

bentou.jpg

その後REIというアウトドアショップに行って、防寒着を購入。 これで日本に帰るまでの11月12月をしのぎ切る予定。

日も沈んだ頃にハイドパークに帰った来た。雪も降る始め、いよいよ本格的な冬の到来か。

帰宅後、Mitsuwaで買ったデザートをおいしく頂きました:

cleam.jpg

[シカゴ滞在29日目] 17日Mon.

今日の夕食:

chiken2.jpg

チキン01日とかぶった・・・。


[シカゴ滞在30日目] 18日Tue.

i-houseのネットに接続したら、なんだかトップ頁が変わっていた。 システムの更新でもしたのだろうか? 明日の会議が楽しみだ(=10分で切れなくなっているといいな)

wireless.jpg

STLで今まで触ってこなかったmap/listを使う必要に迫られた。 STLではvectorをよく使う。逆を言えばvectorしか使ってこなかったわけで。 そもそも今までmap/listを使う必要性が理解できなかった。

今やろうとしていることはvectorを複数用意することで実現できるのだが、 あまり綺麗ではないと感じた。そこでmapを使ってみようと思ったのである。 今の所この試みはうまくいっているように見える。 先人達の偉業に感謝いたします。

先日の雪辱を果たすべく、今日もカレー:

soboro.jpg

肉制覇、T島さんお勧めのチーズゲットで取り敢えず満足。 ・・・カレー食いすぎだ、といわれそうだ。 (カレーははずれが少ない)


[シカゴ滞在31日目] 19日Wed.

気付けばシカゴ滞在30日目を過ぎました。 折り返しです。

昼食をi-houseのカフェで買うこと=寝坊して遅くに研究室に行くことが多くなってきた。 あと少してサンドイッチメニュー全制覇。

ローカルミーティングはW-Band一色。 ここシカゴの面子は、来年頭にW-bandをのせるための準備に追われている。 うまくいけばW-bandでの観測が4月から出来るはず。

KEKから現場に派遣されているとはいえ、私はあくまでKEKの人間なので、 当然、chicago->W-Bandの中には組み込まれていない。 ちょっと疎外感・・・。

それにしてもいつも不思議に思うのは、シカゴの面子は何時仕事をしているんだ、ということ。 平日の日中に実験・パソコンに向っているのは分かる。 でも基本10〜17時にしか研究所にはいない。 日本人は前後に+2時間、そして土日も仕事している。 かといって彼等/彼女等が仕事をしていないかというと、そうではない。 やはり効率よく仕事をこなすのに長けているのであろう。 見習いたい。


帰宅後日本とミーティング。 新ネットワークの恩恵は如何に。 ・・・・最初は15分持ったが、 それ以降は今まで通り10分で切られました。 残念です。

物理学会でしゃべることになりそう、みんなで。 総勢で・・・10人ぐらい?。

ブラウン運動にまつわる誤解


[シカゴ滞在32日目] 20日Thu.

プログラミングが進まない。 ここ数日は一日中タイプしているのだが・・・。

会議は踊る、されど進まず


[シカゴ滞在33日目] 21日Fri.

今日は金曜セミナー:

Cluster Mass Estimation via the Sunyaev-Zel'dovich Effect

最初は調子が良かったが、最後は発散してしまっていた。 SZの観測が本格化している(サーベイが現実のものに)ことが、 上記の研究のモチベーションか。

CMB+SZ+other sourcesからclusterを探し出す場合、 ベイズ的なアプローチはどうか、と個人的に感じた。

近頃はベイズな解析をしていないので(データが取れたらできるだけ早くmap-makingしてamplitudeをfitする、とかいった場合MCMCなんて使う利点も時間も無い)、 どこかでベイズ分を補給したい所。

この金曜セミナは弁当持参なのですが、 今日買って行ったShrimp and seafood curryは最高にはずれだった。

夕食:シンガポールヌードルに似ているが味付けが違う。

shin.jpg

noodle etc,.で持ち帰りすると必ず付いてくる醤油:

soy.jpg

なんか脂が浮いている気がする。まだ試したことはない。 というか何に使う?


[シカゴ滞在34日目] 22日Sat.

シカゴに来て一ヶ月以上が経ったが、ずーっと悩まされ続けていることがある。それは肩の痛み。 日本のとき以上に肩まわり、特に左肩が痛い。凝っているわけではないと思う。

少しでも痛みを和らげる為に、日本から持ってきたバファリンを常用していた。健康上問題はあるのだろうか? バファリンもはじめの内はよく効いたが、今は効果が薄れている感じがする。なので毎日ではなく、辛いときだけ飲むことにしている。

何か改善策はないかと考えていたが、 丁度タイミングよく先週Mitsuwaに行く機会があったわけで。 そこでバンテリンをGet(アメリカで買う羽目になるとは思いもよらなかった)。 そのほかの塗り薬も購入。

medicine.jpg

今はバンテリンを朝晩塗ってどうにか痛みを和らげている。 問題は減りが早いということ。帰国まで持つだろうか?


夕食(野菜炒め、beef、チャーハン・・・味が濃い。whiteといったのにfriedと解釈された)。 因みに今日は中国人のおじさん/お兄さんではなかった。

chinese_beef.jpg

[シカゴ滞在35日目] 23日Sun.

昨日(今日は)は明け方まで作業をしてしまった。 シカゴで初徹夜。

研究所に行く前に少し大学周辺を散策:

ライト設計ロビー邸:

wright.jpg

GSB:

gsb.jpg

教会?(下が美術館だったような?):

chapel.jpg

シカゴ大学本部:

uoc0.jpg

 

uoc1.jpg

 

uoc2.jpg

 

uoc3.jpg

 

uoc4.jpg

許可のない車両は撤去しますよ。撤去費用はCash Visa Master Card

card.jpg

The Joseph Regenstein Library(オバマ支持をアピールする落書きがある):

library.jpg

我等のKICP (the Kavli Institute for Cosmological Physics) :

kicp.jpg

放射線に注意、但しcosmic ray :

cosmic_ray.jpg

一日じっくり観光ができる日は来るのだろうか?


今日も黙々とキーボードを叩き続ける。 ここ1週間の成果か、

  • プログラミング(C++)のコーディングが早くなった
  • 文法の間違いが少なくなった
    • コンパイルが良く通る
  • たくさんファイルがあっても管理できるようになった
    • make, OOPに慣れてきた

のが実感できる。でも開発はまだ終わらない、というか収束しない。


今日のメインイベント、シカゴ名物Beep-dish pizzaを食べに行く。 Deep-dish pizzaは簡単に言えばものすごく分厚いピザといった所か。 イタリア人いわく「あんあのはピザではない」。

57th沿い(Noodle etc,.とかがある場所)にあるピザ屋にK下さんと赴いた。 何はともあれ写真を見てもらえればそのすごさが分かると思う。

その前に前菜のサラダ:

salad.jpg

(人によってはこれで十分食事になる量)

そしてこれがDeep-dish pizza(焼くのにとても時間がかかる。30分待った):

deep.jpg

これだと大きさが分かりにくいか?

deep1.jpg

厚さはおよそ5cmといった所。 因みに頼んだのは「肉全部入り」。 肝心の味のほうですが、おいしかったです、一切れの半分までは。 それ以降は、確かにお肉とソースの味は良いのですが、濃くて単調。飽きます。

deep2.jpg

二人で完食。ご馳走様でした。


[シカゴ滞在36日目] 24日Mon.

Thanksgiving Dayの週のせいか、研究所がひっそりしています。 シカゴの面子も週の真ん中頃から、実家に帰るとか。

Thanksgiving Dayがない日本人には関係ない・・・、のか。 目的は、実家に帰って家族と過ごす(めしを食べる)ことらしいので、 日本のお盆のようなものだろうか?

今日の夕食:芋ばっかりのカレー

bad.jpg

今まで一番のはずれ。というか今まではずれは引いてこなかったが、これは違う。 明らかにはずれ。特に右上の紫色の(芋?)は一切れしか食べなかった。 左上のやつも、白のトレーナーにシミをつけた罪で有罪。


[シカゴ滞在37日目] 25日Tue.

朝一の会議にネタを提供する為に徹夜でがんばったが、 間に合わなかった。

TauADataGen60.png

※これはシミュレーション

今やTauAはcalibrationの中心の一つ。 他の大学の面子の解析をネタにに議論が進んでいきます。 色々とおかしな点があると思うのだけれども、 此方にはきちんとした結果が無いので、反論できません。来週こそは。

これ以外にも今日の会議は非常にexcitingなものだった。 すごいですね、ただそれだけ。あきれるばかりです。大人になりましょうよ。

午後はlab. work。 クライオスタット分解して、中のモジュールを交換:

instrumentation-1_large.jpg

モジュール早取り付けの免許皆伝。

[シカゴ滞在38日目] 26日Wed.

一ヶ月以上滞在しているから英語も何とかなる、という根拠に乏しい自信が、 今日砕かれました。会議とかではなく。

Buffetで昼飯を食いに行った所、 いつもと違うブース(Buffetは中華、アメリカン、ピザ、サンドイッチ,etcとそれぞれのブースに分かれている) に行ってcombo(=主菜、副菜+αのような組み合わせ)を頼んだのだが、 店員が何を言っているのかさっぱり分からなかった。 いつもは分からなくてもあれこれしゃべってるうちに、 「この中から選べ」とか「肉は何だ」とか「野菜は何だ」とか聞いてくる。 それらを選択して万事O.K.でやってきたのだが、 今回のブースは頑固そうなおじさんで、最初になんか言ったきりむすっとして黙ってしまった。 結局なにも選べず、一言残してその場を去るしかなかった・・・。

いつかリベンジ。

今日の夕飯:Yum Noodle

yum.jpg

Noodle etc.のweb siteを発見。 目指せメニュー完全制覇。因みにrice系は制覇した(と思う)。


[シカゴ滞在39日目] 27日Thu.

今日はThanksgiving day.

お昼に研究所に。 天気が良かったので街を少し散策。

Rockefeller Memorial Chapel:

Rockefeller0.jpg

 

Rockefeller1.jpg

街並み:

town.jpg

Biologyの建物辺り:

bio.jpg

この頃から街に人の気配がないことに気付き始める。 (飯が食べられない。)

そして研究所も。 2,3人しか人が居ない。夕方過ぎからは2人。日本人だけ。

右を向いても、

nobady0.jpg

左を向いても

nobady1.jpg

誰も居ない。

どこでも良いから店が開いていることを願いつつ帰路につく。

night0.jpg

これはこの辺で唯一白い街燈

アメリカ全体がそうなのかは知らないが、 シカゴ(Down Town, Hyde Park)に限って言えば、 こっちの街燈(+室内灯)はオレンジ色で暗い。

ここも、

night1.jpg

こっちも

night2.jpg

日本人(日本人しかこのことに気付いていない)で話し合ったときは 「欧米人は虹彩の色の関係で、(青白い)白い人工灯に弱いのではないか?」 といった結論になった。実際の所はどうなのだろうか?

もう一つ気になること。 シカゴの夜空は暗くない。オレンジ色であるということ。 写真では分かりにくいかもしれないが、夜空が常に薄ぼんやりとオレンジ色に輝いている。

何故だ?

考えたこと。前述の通りシカゴはオレンジ色の街燈が多い。 この地上の街燈が空をオレンジ色に染めている。 光が雲に当たるまではレイリー散乱の領域だから、 オレンジ色は減衰(散乱)しにくい。 なので雲まで届き、(雲のミー散乱で)空をオレンジ色に染める。 ・・・・

大学本部周辺でライトアップが行なわれていた:

nightuoc0.jpg

見物人は自分だけ。本当に街に人が居ない。

nightuoc1.jpg

食べ物屋がある周辺にさしかかったが、やはり人っ子一人居ない。 当然食べ物屋もあいていない。腹が減った・・・。


研究自体は、無事収束するようになってひとだんらく。 明日はまともな飯が食べられるのだろうか?


[シカゴ滞在40日目] 28日Fri.

今日は実り少なき日だった。

石投げてるかい!

松野氏は今何処に。

今日の夕飯:卵系の麺

egg.jpg

[シカゴ滞在41日目] 29日Sat.

Thanksgiving dayの前後は小売業界がセールスをやっている。 シカゴ大学内のBOOKSTOREも例に漏れず、 一品購入につき、一品が50% OFFキャンペーンを実施していた。 折角なので買いに行ってきた。

購入したものはGod said Tシャツ

god.jpg

と、新たなお友達

cow.jpg

Nobel prize Tシャツと、犬のぬいぐるみは前回買ったもの。 今回もnobel prize Tシャツをチェックしたが、 南部さんの名前はまだ無かった。

God said Tシャツは、マクスウェル方程式が書いてあるわけだが、 積分系で書いてあるのには何か意味があるのだろうか? (微分系と積分系どっちが特別という訳ではないが・・・)

干されなければ次回も衣服+ぬいぐるみで。


理論懇にでも顔を出してみようと思ったが、 開催が帰国前だということに気付く。 (そもそも主著論文が一篇も無い人間は門前払いか。) KEKのボスと小松さんが話をするらしいので、聞きにいこうと思ったのだが。

そろそろ帰国が見えてきた。 Tau Aももう少しでまとまる(でも値が丁度二倍おかしい)。 そんでもって、今やっているこのcalibration関連の発表を物理学会に申し込んだ。

今日の夕食:ペナンカレー

pe.jpg

Noodle etc,のカレーはやはりおいしいです。 中央のは揚げワンタン。これもおいしかった。


[シカゴ滞在42日目] 30日Sun.

今までのシカゴ滞在で最悪の日だった。他に語る言葉を持たない年だ。

冬月先生の台詞で言った所で、朝まで作業をしていた+一日中天気が荒れて、 部屋に籠もっていたら、テンションが下がったってだけなんですが。


添付ファイル: filesnow.jpg 239件 [詳細] fileegg.jpg 471件 [詳細] filegod.jpg 463件 [詳細] filecow.jpg 506件 [詳細] filepe.jpg 471件 [詳細] filenightuoc1.jpg 441件 [詳細] filenightuoc0.jpg 443件 [詳細] filenight2.jpg 406件 [詳細] filenight1.jpg 421件 [詳細] filenight0.jpg 447件 [詳細] filenobady1.jpg 394件 [詳細] filenobady0.jpg 449件 [詳細] filebio.jpg 420件 [詳細] filetown.jpg 445件 [詳細] fileRockefeller1.jpg 429件 [詳細] fileRockefeller0.jpg 394件 [詳細] fileTauADataGen60.png 483件 [詳細] fileyum.jpg 366件 [詳細] filebad.jpg 397件 [詳細] filesalad.jpg 458件 [詳細] filecosmic_ray.jpg 417件 [詳細] filechinese_beef.jpg 420件 [詳細] filedeep2.jpg 393件 [詳細] filedeep1.jpg 428件 [詳細] filedeep.jpg 428件 [詳細] filelibrary.jpg 431件 [詳細] filekicp.jpg 425件 [詳細] filecard.jpg 441件 [詳細] fileuoc4.jpg 448件 [詳細] fileuoc3.jpg 415件 [詳細] fileuoc2.jpg 433件 [詳細] fileuoc1.jpg 442件 [詳細] fileuoc0.jpg 405件 [詳細] filechapel.jpg 436件 [詳細] filegsb.jpg 401件 [詳細] filewright.jpg 416件 [詳細] filemedicine.jpg 421件 [詳細] filesoy.jpg 410件 [詳細] fileshin.jpg 395件 [詳細] filewireless.jpg 411件 [詳細] filesoboro.jpg 387件 [詳細] filechiken2.jpg 459件 [詳細] filevoucher.png 366件 [詳細] filetofu.jpg 401件 [詳細] filepeople.jpg 403件 [詳細] filemitsuwa.jpg 406件 [詳細] filemaguro.jpg 427件 [詳細] fileexcited.jpg 480件 [詳細] filecut1.jpg 452件 [詳細] filecut0.jpg 441件 [詳細] filecleam.jpg 408件 [詳細] filebentou.jpg 423件 [詳細] filepizza.jpg 395件 [詳細] filenot_spicy.jpg 414件 [詳細] fileillust.jpg 471件 [詳細] fileball.jpg 474件 [詳細] filemidway.jpg 483件 [詳細] filebeefc.jpg 415件 [詳細] filechinese.jpg 401件 [詳細] filenobady.jpg 450件 [詳細] filepepper.jpg 418件 [詳細] filepeppery.jpg 446件 [詳細] filesweet.jpg 397件 [詳細] filedesign.jpg 399件 [詳細] fileitalian.png 395件 [詳細] fileein.png 388件 [詳細] fileitame.png 415件 [詳細] filesentou.png 387件 [詳細] filespinach.png 405件 [詳細] filesushi2.png 367件 [詳細] fileno_time_ss.gif 476件 [詳細] filefocacca.png 416件 [詳細] filecombo3.png 434件 [詳細] filecari.png 384件 [詳細] file223k.png 427件 [詳細] file223.png 427件 [詳細]