Diary January, 2009

 

01日Thu.

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

元日は実家の近く(の久慈漁港)で、久しぶりに初日の出を見てきた。

瑠璃色から朝焼け色(正確な「色」の名前は?)へと変化するグラデーションがすばらしかった。

sun00.jpg

 

sun01.jpg

 

sun02.jpg

 

sun03.jpg

 

sun04.jpg

 

sun05.jpg

 

sun06.jpg

 

sun07.jpg

 

sun08.jpg

 

sun09.jpg

 

sun10.jpg

 

sun11.jpg

 

sun12.jpg

 

sun13.jpg

 

sun14.jpg

 

sun15.jpg

午後は村松山虚空蔵堂J-PARCの近所)へ初詣。

koku.jpg

絵馬の中に、らき☆すたの絵が書かれた(プリントではない)があった。 ここまで波及しているのか・・・。

04日Sun.

つくばに帰ってきた。 実家ではゆっくりさせていただきました。 実家では、自分が地元を離れている間に、 周囲が変化していっていることを実感した。

業務再開。


06日Tue.

今日は社会保険のお勉強。

社会保険

  • 年金保険
    • 国民年金
      • 自営業、無職等の一般住民(ただし、全国民が基礎年金として加入)
    • 厚生年金
      • 一般民間被用者・船員
    • 共済年金
      • 公務員・私立学校教職員等
  • 介護保険
    • 40歳以上の全国民
  • 雇用保険
    • 一般民間被用者
  • 労働者災害補償保険
    • 一般民間被用者
  • 医療保険
    • 健康保険
      • 一般民間被用者
    • 船員保険
      • 船員
    • 国民健康保険
      • 自営業、無職等の一般住民
    • 共済組合
      • 公務員、私立学校職員等

年金保険(公的年金)

厚生年金
一般社会人(会社員)が、自動的に加入する年金制度
共済年金
地方公務員や国家公務員、私立学校の先生などが加入する制度
国民年金
個人事業や会社員の配偶者、自由業、アルバイトの人が加入する制度

国民年金

  • 日本国内に住むすべての人は、20歳になったときから国民年金の被保険者となり、 保険料の納付が義務づけられている。
  • 少なくとも25年以上公的年金に加入して、保険料金を納めていれば、 老後年金が一生、受け取ることが出来る。
  • 14,410 円/月
  • 保険料の猶予
    • 学生納付特例期間
      • 学生の場合年間収入が約227万円以下の場合に、市町村に届出をすれば、 保険料を後払い出来る制度。届出は毎年度必要。
      • 老齢基礎年金を受け取るためには、原則として保険料の納付済期間等が25年以上必要。 学生納付特例制度の承認を受けた期間は、この25年以上という老齢基礎年金の受給資格期間に含まれる。 ただし、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれない。 なお満額の老齢基礎年金を受け取るには、40年の保険料納付期間が必要である。
      • 学生納付特例期間については、 10年以内であれば保険料を遡り納めること(追納)が可能である。 将来受け取る年金額を増額するためにも、追納することことが勧められている。
      • 承認を受けた年度の翌年度から起算して3年度目以降に保険料を追納する場合には、猶予されていたときの保険料に一定の加算額が加わる。 その為、経済的に余裕がある場合は、保険料を納付する方が得である。

現在、学生納付特例期間中。 年度途中で住所を変更した場合の手続きは?

  • 年度の途中での住所変更
  • 転出元の自治体では学生納付特例を申請済み
  • 転入先の自治体でも年度終わりまでは学生納付特例期間を継続したい
  • 次年度からも学生納付特例を申請予定/次年度からは納付する予定

医療保険

  • 被用者保険
    • 組合管掌健康保険(組合健保)
      • 企業や企業グループ(単一組合)、同業種の企業(総合組合)、一部の地方自治体(都市健保)で構成される健康保険組合が運営
    • 共済組合
      • 国家・地方公務員、一部の独立行政法人職員、日本郵政グループ職員、私立学校教職員
  • 地域保険
    • 国民健康保険(国保)
      • 市町村と東京都23区の各区が行っている

国民健康保険

  • 被用者保険に加入していない人は、基本的に全員国民健康保険に加入しなければならない。 加入できる場所は、住民登録のある市町村。
  • 国民健康保険は加入者の保険料と国や市町村の助成金により運営されている。
  • 国民健康保険に加入していると。医療機関にて治療を受けた際に、医療費の一部を支払うだけで医療機関を利用することが可能
    • 3歳未満
      • 2割負担
    • 3歳以上69最未満
      • 3割負担
    • 70歳以上
      • 1割負担
  • 国民健康保険の保険料は、各市町村によって異なる。 これは国民健康保険が、国ではなく市町村によって運営されているからである。
  • 保険料は保険加入者の所得やその世帯の資産等により差が出る。
  • 扶養
    • 日本に住民票がある人・長期滞在の外国人は何らかの形で保険に加入する必要がある。
    • 世帯内で収入のない者がいる場合、その者は被保険者の扶養家族として扱われれ、国民健康保険証に記載される。
    • 記載のある扶養家族は、被保険者の健康保険証を使うことが可能である。
    • 扶養に入っている家族が、一定上の収入を得た場合、この世帯の扶養家族のままではいられなくなる。
      • 同居している場合、年間収入が130万円未満、且つ被保険者の収入の半分以下
      • 別居している場合、年間収入が130万円未満、且つ被保険者の援助額以下。
      • 上記の年収に決まった期間はなく、恒常的な収入がなくなった時点で扶養に入ることが可能。

住所
住所とは主たる生活する本拠地を指し、住民票の住所はそこにしなければならない。

実家外で一人暮らしの学生は原則的には住所を移し、本人が世帯主の世帯を持つことになる。

国民年金:

  • 収入と相談して住民票がある自治体に保険料の支払い、または学生納付特例期間の申請を行う。

国民健康保険:

  • 収入が十分あり扶養に入ることが出来ないのであれば、個人で加入し保険料を支払う。
  • 保険料は前年度の収入に依存する。収入なしからありになる際に保険に加入する場合、 初年度の保険料は2,000円/月。次年からは収入により変化する。

社会保険料控除:

  • 本人が負担した社会保険料。国民年金、国民健康保険、国民年金基金や任意継続の健康保険料(税)など。
  • 生計を一とする家族の名義のもので、申告する本人自身が実際に負担した場合(名義人の口座から引き落とされたものも含む)は、 負担した本人の社会保険料控除にできる。

授業料免除:

  • 大学によって異なるが、学生の所属する世帯の収入(会計)に応じて決定される。
    • 学生の一人暮らしの場合、世帯主は学生本人であるが、十分な収入がない場合、独立会計とは認められない。
    • 学生の一人暮らしが独立会計として認められるには、十分な収入や国民健康保険を自分で支払っている等の証明が必要である。
  • 世帯の月収が20万円程度の場合、授業料免除になる可能性はある。

10日Sat.

もう出国真近か。「準備」が進んでいないが、 「事務的な準備」はばっちり。

出国は12日ですが、ご存知の方も居るとは思うが、 この日はESTA実施(義務化)の初日。 自分は申請・認可済みですが、実施初日は一波乱あると予想している。

esta.jpg

アメリカに入国する為(旅客機に搭乗する為に)に、航空券(これは当然)+空港での手続き(その場で)に加え、 事前Web経由で手続きが必要、というのが地雷の予感。 航空各社が空港にWeb端末を置くようなことはしない予定、かつ、 好ましくないそうなので、事前に手続きが済んでいなければアウト。

TV等(自分はTV持っていませんが)で広報されているらしいが、 充分周知されているとはいえない状況だとか。ということで、この日記で皆様(10人ぐらいに)に周知。


[シカゴ滞在01日目] 12日Mon.

直前まで荷造り。そのせいか、いくつかの忘れ物を。 クリティカルなものではないので問題なし。 やはり準備には余裕を持って取り掛かるべき。

成田空港には14時過ぎに到着。 搭乗機をチェックすると、既に遅延の情報があり。 17:55発が18:55発に変更。 充分余裕を持って空港に来ているが、更に余裕が出来てしまった。

いつもに比べ荷物を預けるのに時間がかかる。 ESTAのせいかと思ったが、係りの人の話を効いていると、 航空会社としては「ESTAの認証は受けているものとして手続きをしている」とか。 個人的な予想に反して、特に混乱はなかった様子。

最後の日本食(すし)を食べる前に、 ピアノのリサイタルが行なわれていたので、三十分ほど聞く。 (自分は素人で、ピアノについてくわしいことは何も分からないが)ピアノは良い、やはり。

live.jpg

稲葉瑠奈


定刻から約一時間遅れで出発。 今回も後方の座席数が少ない窓側の席をチョイス:

boeing747_suite.gif

上の59J:

back.jpg

分かりにくいが、機体がカーブしている為、足元右側に普通よりも若干の余裕がある。 このスペースに荷物を置いたり、足を伸ばしたりすると幸せになれる(離着陸の時はだめ)。 エコノミーでましといわれる通路側の座席でも (通路側に荷物を置くことは禁止、足を伸ばすのは通行人の邪魔になり迷惑)こうはいかない。

エコノミーの中でも図中46の全て、50D,E,F,Gは、 図からもわかるように前方が開けており、足を伸ばすことができる。 人気があるのか、いつも取れない。 一方、先にあげた後方の席は、チェックイン時にでさえ空いている。 個人的には穴場だと思っている。


シカゴ上空到着:

clouds.jpg

一面雪雲で覆われている。

因みに今回搭乗した便は、今までの機体に比べ新しい感じ。 機内設備も新しい(ディスプレイが液晶):

new.jpg

入国審査で前回以上にしつこく詰問されたり (「ナーバスになっているようだが、 何かあったのか(不審者的な意味で)?」って、ただ単に英語に自信がない+腹が痛いからてんぱっているだけで<<それが問題なのか? 招待状なかったらもっとしつこく聞かれたのだろうか?)、 Blue lineの改札通るときに、でかい荷物持っているからpriority gate通れといわれたのに、 gate buttonが分からずにいたら親切な紳士に助けてもらったり (出た後もどっち行こうか標識見ていたら「Red lineに行きたいのか?(降りた所はBlue lineとRed lineの接続駅)」とか気にかけてもらったり)、 それでも電車降りた後に少し迷ったり、 宿舎の予約が不十分で「予約がないよ」とかいわれたりしたが、 取り敢えず無事到着:

room.jpg

 

outside.jpg

明日から研究所へ。


[シカゴ滞在02日目] 13日Tue.

朝早くから研究所へ。 サンドイッチの注文の仕方は未だによく分かっていない。 注文した後に、パンの種類だとか、何を入れるだとか聞かれる。 で英語力もそうだが、何が選べるのかよくわかっていないし、 例えばチーズの種類を聞かれても、その違いが分からなかったりする。 少し予習してサンドイッチやに赴こうかと思う:

今日は朝から夕方まで会議。午前中の会議は半分ほどは不毛な議論だった。 午後の会議は・・・時差の影響か睡魔が・・・。

あれほど飽きたといっていたこっちの食事だが、今や懐かしさを感じるほど。 夕食はcombo#3で:

longtimenosee.jpg

ナスのカレーは初めて。なかなかいける。


[シカゴ滞在03日目] 14日Wed.

今朝はこんな感じ:

140.jpg

 

141.jpg

 

気温は-15度程度で、雪も時々舞っています。 街が雪に強いかというと、除雪車は頻繁に走っている(車道・歩道)が、 自動車は滑りながら走行といった感じ。

ノートを買う必要があったので、午後bookstoreへ。 恒例のシカゴ滞在ごとのぬいぐるみキーホルダーを購入:

bear.jpg

 

beark.jpg

今回は黒クマ。 室内での撮影だが、一枚目はフラッシュをたいたもの、二枚目はフラッシュをたかなかったもの。 以前も言ったように、室内灯がオレンジで薄暗いのが分かると思う。 研究所の証明以外、こっちの証明は皆こんな感じ。 正直あまり好きではない。


お昼に食べた米系の麺のせいか、少し体調を崩す。

ところでT島さんから教えてもらったのだが、明日は気温が-20度を下回るとか。どうなることやら。


[シカゴ滞在04日目] 15日Thu.

予報通り今朝の気温は氷点下20度を下回り、 帰りは氷点下23度だった。 鼻をすすると冷気が急激に鼻の穴を通ることで、 瞬間的に鼻水が凍る。 すすり終わると体温により直ぐ溶ける、そんな感覚を味わった。 防御していない顔面があまりに寒くいらいらする。 冗談抜きに、一時間以上屋外にいたら死んでしまうかもしれない。

研究室の院生に聞くところによると、 (自分がシカゴに住んでいる)過去7年でもっとも寒い冬の一つだとか。 とんでもない年に来てしまった!

今日は実験のお守りをしながら、一日中コーディングしていた。


[シカゴ滞在05日目] 16日Fri.

この日の朝は-27度、体感温度は-35〜-40度。 大きく息を吸い込むと肺を壊す気温だそうだ。 しゃれになっていない!

今日はキャリブレーション系のミーティング。 ライバルに先を越されてしまった。 1,2週間以内に挽回を目指(それにしても彼の結果は結果だけで詳細がないんだよな・・・)。 その旨を報告。

英語の疑問

「だれだれはdownstairsにいるか?」と聞かれた場合の「downstairs」はどこをさすのか?

KICPの建物は地上2階、地下1階(2?)である。廊下を歩いているとボスに聞かれることがある。

「downstairs」は「階下」を意味する。 2階を歩いていたときに、1階に居る人に対して「downstairsにいるかと?」「Yes, downstairsに居る。」と答えるのは問題無い。 一方、2階を歩いていたときに、地下1階に居る人に対して「downstairsにいるかと?」ときかれた場合はどうなるのだろうか? 「階下」という言葉の意味を(日本語的に広く)解釈すれば、「Yes, downstairsに居る。」といえなくもない。 「the downstairs」で「単数の階下(=地下1階は含まれない)」であれば「No, the downstairsには居ない。」 「donstairs」では「複数の階下(=地下1階を含む)」であれば「Yes, donstairsに居る。」

 ・・・・ 

単純に「basementに居る」「first(ground) floorに居る」と答えれば良いだけか。


[シカゴ滞在06日目] 17日Sat.

今日は20^\circ{\rm F}程度と大変暖かい・・・。 摂氏表記で-6.7^\circ{\rm C}だが、 昨日の-27^\circ{\rm C}に比べれば20度も違うわけで、暖かいのは当然。

それにしても、こっちで天気予報を見ると温度が「華氏表記」なのがとても困る。 ぱっと見分からない。アメリカはいい加減国際単位系に従ってください。 温度以外に長さだとか、重さだとか、容量だとかいい加減にしてほしいです。

C = \frac{5}{9} (F-32)

実は今日は3連休の初日。月曜日はアメリカの祝日MLK day。 それでも日本人はせっせとお仕事 (日本人に限らず「月曜日は祝日だから忙しくない。研究所にいける!」という偉い先生方も居るが・・・)。 今日も実験のお手伝い+coding。

帰りにまた雪。

out0.jpg

 

out1.jpg

 

street0.jpg

[シカゴ滞在07日目] 18日Sun.

シカゴ滞在1週間目。 始めの一週間は時差ぼけ(jet lag、ジェット機以外では起こりえないのだろうか?)(時差症候群)で日中眠かった。 それの反動か、今日は一日中寝てしまった。

どうでもよいことだが、以前から気になっていること:

シカゴ大学の校章(university logo)と、中央大学の校章がすごく似ている。

chicago.pngcyu.jpeg
シカゴ大学中央大学

明日は祝日だが研究室には行く予定。 学食はやっているのだろうか?


[シカゴ滞在08日目] 19日Mon.

祝日でも研究室へ。 今までの感覚からすると、 こっちの人は祝・休日は研究室に来ないと思ったが、 皆いつも通り来ていた。

午後からフェルミラボからのお客。 Wire Gridをもってくる。

学食も普通にやっている。 祝日という感じがしなかった。


[シカゴ滞在09日目] 20日Tue.

午前のミーティングでは今後のCMB解析についての指針がまとめられた。 実の所、Clの推定にはpipelineが用意されているので、重要なのはデータのセレクション、ポインティング精度、感度の補正・較正である。 なので、この辺が議論された。 自分は後者の二つにエントリー。


久しぶりの(一ヶ月以上ぶり)Noodle etc,.。

noodle_fu.jpg

 

noodle.jpg

やはりこっちの米系の食事では、一番まとも。

食いすぎた。


[シカゴ滞在10日目] 21日Wed.

今日は一日穴倉生活:

lab0.jpg

 

lab1.jpg

関係者以外には訳分からない実験装置群でしょうか? 偏光測定して感度が最適になるようなbias bitを探しています。

実験のお守りを一時中断して、Dark Matter関連のセミナーへ:

PAMELA実験によりpositronの超過が観測された。 またATICバルーン実験により300GeV-800GeVでのelectron spectrumはelectron/proton sourceの存在を示唆している。 三つのシナリオを考える:

  • the annihilating DM
  • decalying DM
  • pulsars

これら三つのシナリオではGC->高銀緯(及び銀径)に渡り異なるspectrumを示すことがわかり、 10^4〜10^9 MHzレンジでの全天でのデータがあれば、これらを区別することが可能である。 現状、今後でどこまで分かるか考える。


DM annihilating/decaying DM -> 高エネルギーelectron/positron -> Synchrotron/超過 -> 全天 -> WMAP/Planckの流れに、なるほどと感心した。 セミナーではPLANCKでWMAPを上回る解像度・感度が得られるので、 Synchrotronについてはより確かになるといっていたが、PLanckのLFIがどこまでWMAPをimproveするかは・・・。 HFIでDustがよく分かり、その結果Synchrotornもよく分かりimproveするってことか・・・。

このセミナーはいつもより質問が多かった。

またカレー:

beef_stew.jpg

牛肉があまりおいしくなかった。


[シカゴ滞在11日目] 22日Thu.

今週は朝方生活を続けている。 0400起き、0830研究所へ、2000帰宅、2200就寝。 生活のリズムとしては調子が良い。 最大の欠点は、 まだ研究所にいる夕方には既に眠くなってくること。

これに併せて、朝はi-houseの下にあるカフェで飲み物を買うことにしている。 しカフェには所謂「コーヒーショップ」のような飲み物のメニューがあって、 朝でも注文できる(因みにサンドイッチは注文できない)。

日本でこの手の店にあまり行かないので、メニューの違いが分からない。 というか、コーヒー周りについては、 なんとなくこんな感じ、で認識し注文している。 そこでお勉強(覚えているだけ):

  • (普通の)コーヒー
    • ドリップ・コーヒー。
  • エスプレッソ・コーヒー
    • 風味が濃い、こくのあるコーヒー。
  • アメリカーノ
    • エスプレッソ・コーヒーにお湯を注いで作るスタイルのコーヒー
  • カフェ・オ・レ
    • フランス語。"cafe"はコーヒーのことであり、"au"は前置詞"a"+男性型単数形定冠詞"le"の縮約型であり、"lait"は牛乳のことである。英語に直訳すると"coffee with the milk"となり、日本語に直訳すると「牛乳入りコーヒー」となる。
  • カフェ・ラッテ
    • 「コーヒー・牛乳」と言う意味のイタリア語。イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+牛乳の組合せとなる。
  • カフェモカ
    • エスプレッソコーヒー、チョコレートシロップ、スチームミルクを混ぜた飲料。
  • カプチーノ
    • イタリア語。エスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。

こんなレベルです。


[シカゴ滞在12日目] 23日Fri.

朝カフェで「Hot chocolate」を頼んだ。 飲んでみたらココアだった。 二つは同じもの?

どうやらそのようだ。 今日も勉強できた。

今日の午後のミーティングのagendaの自分の項に「ACTION ITEM」があったたが、完全にスルーしていた。 ミーティングまでに片付ける。 去年作ったコードでの解析なので、不十分だと思われる。

ミーティングの前に地下の穴倉で「穴」を開けていた。 自分の手でものを作るのは楽しいですよね・・・、 心に余裕があれば。

ボスが(長々とやって実りの少ない)ミーティングがいやだといって逃げた・・・らしい。


[シカゴ滞在13日目] 24日Sat.

時差ぼけとは関係ないと思うが、 シカゴ滞在中、特に滞在の前半は睡眠時間が増えている気がする。 爆睡。

今日も(日本人3人で)研究室(穴倉)で穴掘り・穴削り。

帰り際に撮影。 小塔の修復完了までもう直ぐか:

syou.jpg

夜、i-houseで洗濯機に洗濯物を突っ込んで部屋に戻ろうとしたら、中国人に捕まった。 今日はi-houseで中国の旧正月のセレモニーがあったのだが、 彼はその客だったようだ。

ドアの前でつかまって、「このドアは一度閉まったら空かないか?」と聞かれたが、 「このドアはロックされない。部屋のドアはロックされるけど」と言っておいた。 声をかけられることに別に問題は無いが、声をかけられた理由を考えてみた。 それは自分がすごくラフな格好=i-houseの住人だと認識されたからに違いない、と帰り道に思ったりした。 異国の地でずいぶんとなじんでしまったものだ・・・。


[シカゴ滞在14日目] 25日Sun.

爆睡。 今日はi-houseで一日を過ごす。 部屋から出ないと、ここが異国の地であるということに気付かない。 街にくりだして観光、といのが健全な休日の過ごし方だと思われるが、 なんだか疲れていて・・・。 後仕事もあるので、起きた後はずっとプログラミング。

気付くともう半分過ぎてしまった、今回の滞在。


[シカゴ滞在15日目] 26日Mon.

現在開発中のコードが多重継承しまくりなので、 継承関係を視覚的に把握、かつそれらの情報を自動的に作成するツールを導入した:

とても便利。こんな感じになります:

doxygen.jpg

多重継承しまくり、と書いたが「多重継承は嫌われている」らしい。 継承ではなくて関連で解決すべきこともあるだろう。 しかしながら経験が乏しい自分は、そこがうまくいかない。

上の絵の例では、四つの基底クラスを継承した「Scan」というクラスが存在する。 「Scan」はのメンバ変数にはAz, El, Dk, Valの巨大なvectorが存在し、 それぞれの平均、分散、カウント数、開始終了時刻、検出器の種類等を基底クラスのメンバ変数に持たせている。 これらの基底クラスは、「Scan」以外でもおおく継承されている。 例えば「TODBase」は開始終了時刻をメンバ変数にもつが、 スキャン(run)毎に特徴付けられる今のようなデータ解析では、 もっとも基本となる情報を含むクラスである。

「継承:is-a」(Apple is a fruit.)、「関連:has a」(A Car has a engine.)の違いでいうと

  • 〇「Scan」 is a 「TOD」
    • ×「Scan」 has a 「TOD」
  • 〇「Scan」 is a 「Receiver」(あるReceiverのScanなので)
    • ×「Scan」 has a 「Receiver」(ReceiverをもたないScanはない)
  • 〇「Scan」 is a 「Mean」(Scanがデータの平均を持っているのではなくて、データ自身に平均はあるわけで)
    • ×「Scan」 has a 「Mean」

・・・。釈然としない。 データ構造のオブジェクト化に関する資料は無いものか?

夕食の一品、Japanese Gyouza(Pan Fried):

pan.jpg

[シカゴ滞在16日目] 27日Tue.

自分の仕事が停滞し、他の方々は皆仕事がはやいな、と思ったりする。 日本人の方々について言えば、睡眠時間を削っていらっしゃるので理解もできる(それでも作業量が多い)。

でも他の面子はどうしてるんだ?(皆、音楽聴いているのに << これは関係ないか・・・)

宣伝:


[シカゴ滞在17日目] 28日Wed.

実際これを貰ったのは年末。事務様から催促がきた。

育英会が潰れたのは(潰れた、というのは適当ではないか)、 あまりのも負債が増えた=返済しない人が増えたから。 その後に学生支援機構ができたわけだが、現状は教育ローン会社でしかない。 将来、研究者・教育者になれば返済が免除になる制度は無くなり、 その代り、貸与終了時の返済免除申請が設けられた。

厳密な審査によって判断されるそうだが、 各大学に免除者の人数が(学生数に応じて?)割り当てられており、 更に専攻ごとに学生数に応じた免除者の頭数が決まっていると聞いた

で学生支援機構になったが、結局は負債を抱え込んでいる。 そこで今回、個人信用情報を盾にするという手段を思いついた。 あと、金融商品としての「奨学金」を扱うのに「金融証券化としての個人信用情報」は当然であると思われる。

  • 借りたお金は返す、これ当然。
  • 貸し金であるならば、個人信用情報をどうこうするのも当然。
  • 「借金」を返さなければ強硬手段にでますよ、これも当然。

で、滞納しなければ良いわけだが、「ブラックリストに載せる可能性がある」といわれると、小心者な自分としては萎縮してしまう。 こんな風に考えるのは自分だけではないと思うが・・・。 あと、どうして支援機構は返済しないような人間に「奨学金」を給付するのだろう?

・・・・

自分は奨学金を年度一杯で辞退する予定(これが原因ではない。そして返済を始める予定)。 こういった場合や、現在既に返還だけの人たちが誓約書に同意しなかった場合の処遇は、 上記の資料には記載されていない。 どうなるのだろうか?

後輩が苦労します、先輩方はきちんと返済してください・・・。


[シカゴ滞在18日目] 29日Thu.

現在最適化の問題で躓いていた。

以前に引き続き、TauAを用いたCalibrationの解析を行っているのだが、 新規に開発しているものはTODを直接2D Gaussian fitするものである、 binningしていないので、一般にun-binned fitと呼ばれる。

S/Nが充分であれば、(BeamのFWHMより充分小さいpixelサイズで)2D Mapを作成し、 そのMap上で2D Gaussian fitすればよい。 WMAPや一部QUIET(偏光ではなく温度を測定する検出器)のCalibrationでは、この手法を用いている(TOD fitしている方も居るが。)。 このとき重要なのはMap-makingでありiterative map-making等の手法が使われる

検出器の出力には常にOffsetがのっており、これを逐次差し引く必要がある。 単純に平均をOffsetとすることを思いつくが、これは不十分である。

Offsetはシグナルに比べ桁で大きい、天体のシグナルがノイズに比べて小さい。 ある時間範囲(例えば行って帰ってくる1スキャン)の平均をとってしまうと、 そのスキャン範囲に天体のシグナルが含まれていた場合、 Offsetをover estimateしてしまう。 このover estimateしてしまったOffsetを差し引いた結果、 本当のシグナル値が減少してしまう:

offset.jpg

よって、天体を含まないTODでOffsetを求め、差し引く必要がある。 だが今の場合、天体がどこにあるのかも不明である。 天体のシグナルが上記の差し引きミスによって大きく変わらないようなS/Nの場合、問題ではない。 問題は、絵のときのようにクリティカルに効いてくる場合である。 例えば上の絵の場合、天体の周囲が負なので、fitting自体がうまくいくかわからない。 また、うまくいったとして天体のシグナルの大きさをunder estimateしてしまう。 この結果Gainを小さく見積もってしまう恐れがある。

天体の位置が不明だといっても、 大体の場所は分かっているので、天体が含まれないであろうTODからOffsetを求めることは可能である。 多くの場合これでうまくいく。 しかしながら、今の場合(=QUIETのS/NでTauAを見た場合、シグナルに比べてノイズが一桁上。かつ最終的なPower Spectrumの推定にかかわってくるCalibrationである)可能な限り正しく扱いたい。 そこでTODの直接fitを行なっている。 TODをGaussian 2D + Offsetで同時にfitするのである。

何を使ってfittingするかだが、今回はMarkov Chain Monte Carlo(MCMC)は使っていない。 私はMCMC大好きっ子だが、今回のような解析にMCMCはそぐわない(と判断した)。 今回はMinuit2を使用している:

Minuit2はこの手の最適化ツール向けに開発されている汎用ツールである。 主に高エネルギー実験業界の方々が利用している。

汎用ツールなので、最適化したい関数とそのパラメータを設定して「最適化実行!」とすると、 結果が返ってくる。とても優れものである。

しかしながら、MCMCになれた自分にはなじまない点がある。 MCMCの場合最適化の結果は、初期値(経験的に大抵の場合)(設計が正しければ)によらないことが保証されてる。 この意味でMCMCはとても単純である(実際に実装すれば分かるが、そう単純なモンではない。でも初期値によらないことは原理的に保証されている)。

Minuitの場合初期値の扱い・パラメータの更新には、注意が必要である。 上のOffsetの例で言うと、間違ったOffsetを初期値としてfitingを開始した場合、誤った推定をしてしまう恐れがある。

つまり、最終的にOffsetのfittingを行なうにせよ、初期値としては正しい扱いをしたOffsetを初期値として指定しておく必要がある場合がある(MCMCの場合、極端には乱数を振ってもよい)。

更に全てのパラメータを全て同時最適化するのは好ましくない。

今の場合、

  1. 正しい(尤もらしい)初期値を与えてやる。
  2. Offsetと2D GaussianのBeam shapeをFixして、ピークと位置を推定する。推定が収束した場合、値を更新。
  3. Offsetとピークと位置をFixし、Beam shapeを推定する。推定が収束した場合、値を更新。
  4. Offsetとピークと位置とBeam shapeを同時に推定する。推定が収束した場合、これを最終結果とする。

といった手順が必要になる。

このようなことに最初は分からず、躓く結果となった。 周りの方々の助言もありどうにか、この辺はクリアした・・・と思う。 さっきまで走らせていた(過去に失敗した)fittingは、無事に成功したようだ。

Minuit2を使いこなす為にも、使われているアルゴリズムをよく理解しなければならない。


[シカゴ滞在19日目] 30日Fri.

自分の危機感の無さを痛感した。

一日の内、いったい何時間研究に割くことが可能であろうか? そして、効率がよいといえるのは何時間までだろうか?

一日4時間睡眠。研究に割く時間は15時間以上。 これが効率が良いか不明だが、修羅場であればこの生活を一ヶ月、二ヶ月・・・と続ける必要がある。

危機感が足りない。

  • そんな無茶な生活をするのはQUIETのデータリリースの一ヶ月前まで取っときなさい。 -- A 2009-02-02 (月) 15:38:07
  • あ、上の書き込みは僕です。今のうちからそんな危機感覚える事もないでしょうに。 -- コマツ 2009-02-02 (月) 15:39:33
  • 今後も危機感を覚えることなく過ごせるよう、日々精進 -- チノネ 2009-04-23 (木) 22:38:53

[シカゴ滞在20日目] 31日Sat.

いつも通り研究所へ。 途中お昼をコーヒーショップ(Einstein Bros.)で。 「Bagel dog original」をくれと言ったら「これはplainだ」といわれた。 ・・・トッピングを選ぶのか。で結局違うものを注文。

まだよくわからない、こっちのサンドイッチ系の頼み方が。 メニューに載っているものは基本だけで、普通トッピングを同時に注文するものなのか。 でも、別に注文したやつは、メニューの名前言ったら、それだけで問題なかった。

自分の多重継承しまくりは、関連でクラスを扱うのになれていないのが理由と思われる。 「is-a関係」だとか言ったが、殆ど全部「has-a関係」でしょう。前述のものは。

今更コードを全て書き換えるのは無理なので、 今回の開発はこのままで乗り切る。

window.jpg

自然の冷蔵庫: 写真のように窓を開けて窓際にペットボトル類をおいておくと、 凍る直前まで冷える。 窓の下のヒーターの出力が強いので、 窓を開けておいても部屋は寒くならない。 むしろ閉めていたらとんでもないことになる。

簡易レンジ: ヒーターの上に食べ物を入れ物ごとのせておくと、保温できます。 結構な熱さに。


添付ファイル: filewindow.jpg 448件 [詳細] fileoffset.jpg 436件 [詳細] filedoxygen.jpg 456件 [詳細] filepan.jpg 470件 [詳細] filesyou.jpg 450件 [詳細] filebeef_stew.jpg 456件 [詳細] filelab1.jpg 482件 [詳細] filelab0.jpg 484件 [詳細] filenoodle.jpg 468件 [詳細] filenoodle_fu.jpg 487件 [詳細] filecyu.jpeg 461件 [詳細] filechicago.png 491件 [詳細] filestreet0.jpg 445件 [詳細] fileout1.jpg 487件 [詳細] fileout0.jpg 453件 [詳細] filebeark.jpg 463件 [詳細] filebear.jpg 493件 [詳細] file141.jpg 444件 [詳細] file140.jpg 471件 [詳細] filelongtimenosee.jpg 453件 [詳細] fileroom.jpg 471件 [詳細] fileoutside.jpg 471件 [詳細] filenew.jpg 468件 [詳細] filelive.jpg 427件 [詳細] fileclouds.jpg 439件 [詳細] fileback.jpg 427件 [詳細] fileesta.jpg 418件 [詳細] filekoku.jpg 436件 [詳細] filesun15.jpg 405件 [詳細] filesun14.jpg 434件 [詳細] filesun13.jpg 436件 [詳細] filesun12.jpg 401件 [詳細] filesun11.jpg 394件 [詳細] filesun10.jpg 419件 [詳細] filesun09.jpg 396件 [詳細] filesun08.jpg 426件 [詳細] filesun07.jpg 407件 [詳細] filesun06.jpg 422件 [詳細] filesun05.jpg 427件 [詳細] filesun04.jpg 408件 [詳細] filesun03.jpg 405件 [詳細] filesun02.jpg 424件 [詳細] filesun01.jpg 437件 [詳細] filesun00.jpg 401件 [詳細]