Diary March, 2010


 

31日Wed.

学会のおもひで

一日目二日目の宿が無いまま、寝台特急サンライズ出雲で岡山へ出発:

発表無事終了。質疑応答にミス。おおむね問題なし。 皆で(芝生の上で)食事後、宿探し。

結局ホテルへ直接行っても見つからず、駅前の旅行会社へ。 旅行会社の「当日割当分」のホテルをゲット(手数料がかかったが)。

岡山ロイヤルホテルのダブルを7千円程度で2泊。 問題点:ネットがつながらない。モデム貸し出しを行っているが、 この時期とまっている物理学会参加者がこぞって借りていたので、数が足りず結局借りれず。 でも、「ネットが使える部屋=モデムが据え付けられている部屋」の鍵を貸してくれるらしく、 これを借りる・・・というかこの部屋には泊まれないの? いくつかの「ネットがつける部屋」をこういった場合に備えて準備しているのか?=つまりはこの部屋には泊まれない(OR いわくつきの部屋?)


  • 一日目、自分の発表、宿探し、岡山ロイヤルホテル、すし
  • 二日目、宇宙論、居酒屋、から揚げx4
  • 三日目、三井ガーデンホテル岡山、後楽園、CMBシンポジウム、イタリヤ料理、ラーメン、
  • 四日目、岡山大学で勉強会、懇親会
  • 五日目、岡山大学で勉強会、つくばへ

天文学・宇宙物理学の展望と長期計画

4. 国家レベルで推進すべき特に重要な大型計画
諸計画の中で特にコミュニティーの支持を強く受け、また計画の科学的意義と規模の大
きさから国家レベルで早急に取り組むべき重要課題として、慎重な審議を経て次の3計画を
選定し、第4章においてそれぞれについて詳しく取りまとめた。
1 低温大型重力波望遠鏡計画LCGT
2 30m光赤外線望遠鏡計画TMT
3 次世代赤外線天文衛計画SPICA
  • 国立天文台
  • 宇宙科学研究本部(ISAS,JAXA)
  • 東京大学宇宙線研究所

分野を分け研究所を設立しているのだか、当然の帰結としてそれぞれの研究機関が一つずつになったのか、 それとも単にみんな仲良く一つずつなのだろうか?


P.65

B-Mode 偏光の兆候については2009 年5 月に打ち上げられたPLANCK 衛星、地上でも多
くの専用望遠鏡がチリ・アタカマサイト(QUIET, PolarBeaR, CLOVER 望遠鏡計画など)
や南極(SPT 望遠鏡)で観測を開始しているが、PLANCK 後の本格的検出を目指した衛星
計画についてはまだ十分な検討が行われていない。そこで、B-Mode 偏光を検出しインフ
レレーションの直接検証と原始重力波検出を目指すCMB 偏光観測衛星(LiteBIRD)を日
本主導で早期に打ち上げようという計画などが検討されている。

CLOVERはお亡くなりになられました。

P.66

羽澄昌史
高エネルギー物理学研究機構

どこだよ

P.67

STJ という独自技術の開発は重要だが、目標を達成する上では先
行するTES アレイも保険技術として位置づけておく必要がある。

宇宙論について、 P.20

・・・
このような現状を鑑み、今後の宇宙論がめざすべき方向性として、あえて、
(i) ダークエネルギーおよびダークマターを始めとする宇宙の諸成分の性質の特定
(ii) 第一世代天体の誕生から現在の銀河宇宙に至る構造進化の解明
(iii) 天文学的な現象論にとどまらない物理的な宇宙進化の総合的理論モデルの構築
の3 つに分類して述べてみたい。

とある。・・・インフレーション無いじゃん!

2.1.1 宇宙の組成の解明:ダークマターとダークエネルギー
宇宙の組成の解明に大きな役割を果たした観測データとしては、
・・・
また、WMAP 衛星をはじめとするCMB 観測は、宇宙論の飛
躍的な進歩をもたらした。国内外で進行中の次世代CMB 観測プロジェクトは、宇宙の組成
のより精密な測定にとどまらず、新たな宇宙論の地平を切り開く可能性をも秘めている。

14日Sun.

もう今週が物理学会。以下不確定版予定表:

3/20(土)
0900-1215: POLARBEAR & QUIET
 4. QUIET実験におけるCMB偏光データ解析 << 自分のtalk

自分の仕事としては、この日がメイン。

3/21(日)	
0900-: 若手奨励賞講演
1300-: 若手奨励賞講演

いろいろと・・・

3/22(月)
1330-1710: CMBセッション
(CMB)夕食会

CMBセッションの日。日本物理学会にCMB観測が根付くことを願う(天文学会は・・・絶望的?)。

3/23(火)
昼食会、当事者間会議、衛星勉強会、懇親会

徐々に学会と関係なくなっていく。

3/24(水)
0900-1800: LiteBIRD meeting + 勉強会
 1923 岡山発 のぞみ140号
 2246 品川着
 2257 品川発 京浜東北線
 2312 秋葉原着
 2330 秋葉原発 TX
 0027 つくば着

完全に勉強会。

こう見ると何気に忙しい。観光している暇は無いのか。

・・・・・・

ちなみに私はまだ宿が取れていません・・・。シカゴにいるころに既にとっておくべきだった。 たぶん兵庫(相生とか)に宿を取って、毎朝毎晩新幹線で岡山入りすることになるだろう。


08日Mon.

来年の学振の給料:

  • DC1,2
    • 月額200,000円、変化なし
  • PD,PRD
    • 月額362,000円、2,000円減
今般の厳しい経済状況の中、人事院給与勧告を反映し・・・

07日Sun.

授業料免除申請。今年から東北大学の授業料免除申請が大きく変わった。 なんと画期的なことに、webから申請書を入手できるようになった!? まったくもってすばらしい。・・・・

また、いくつか取り扱いを改めた項目がある。 もっとも影響が大きいのは

奨学金は、給付型(返済の必要がない奨学金)のみを所得に算入し、貸与型(返済の必要がある奨学金)は所得に算入しないこととしました。

であろう。以前は借金(=返済の必要がある奨学金)は所得とみなされていた。これが変わった。 すばらしい、画期的、、、どうしてもっと早くに、こうならなかったんだ???


  • 独立生計者
    • 大学院生である者
    • 奨学金以外に生計を維持できる恒常的な収入がある者
    • 父母等と別居している者
    • 父母等の所得税法上の控除を受けていない者

  • 授業料免除願書
  • 結果通知用の封筒(必要事項を記入し、80円切手を貼ること)
  • 奨学金の受給状況報告書
    • 独立家計調書
    • 所得税法上、父母等の扶養でないことが分かる書類(市区町村発行所得証明書、源泉徴収票のコピー等)又は本人の健康保険証のコピー
    • 本人の市区町村発行所得証明書
    • 本人の住民票(世帯全員のもの)
    • RAに採用されているか?
    • 学術振興会特別研究員に採用されているか?
    • 上記以外で恒常的なアルバイト等の収入があるか?
    • 収入に預金の切り崩しはあるか?
      • これらの有無にかかわらず、純粋に「所得」で判断すべきだと思うのだが・・・。 RAに採用されていたり、学振に採用されているからといって、何なんだろうか? 例えば、所得等がほかの項目がすべて同じで(理由書なんてものはそもそもはじめから判断基準に入っていない)、 RAに採用されている or 学振に採用されている or バイト or 仕送り(貯蓄)だけが異なる申請者がいた場合、 どう判断されるのだろうか?
      • 「RA、学振、、、もう施しを受けているんだから免除なんていらないよな」とか
      • 「収入も無く一心不乱に研究に打ち込んでいる。素敵、ぜひ援助したい!?」とか
      • 「RA、学振にも採用されないやつが研究者とか、何言ってんの?さっさと就職しろ」とか
      • 「収入が無いと分かっていながら、なぜ研究しかしないの?死ぬの?」とか
    • 配偶者はいるか?
    • 配偶者に収入はあるか?
    • 生計を一にする家族に、高校生以上の就学者はいるか?
    • その他、家計状況の算定に必要と思われる書類があったら提出。

いろいろと提出しなければいけないものはあるが、 免除の判断基準となるのは、唯一家計の「収入」だと思われる。

少し古いが(以前にも載せたが)こんな資料がある。 法人化等あって変化している可能性があるが、これはいい判断基準として使える(基準がいきなり半分、とかはありえないだろう。 もしそんなことがあったら今までの判断基準はなんだったんだ、ということになる。):

大学院博士課程、世帯人員、1人、1,320,000円

去年の収入は・・・。


06日Sat.

あたらしいおともだち(わに)がふえたよ:

DSC01394.JPG

古参のぬいぐるみ達の汚れが、目立ってきた。


05日Fri.

無事帰国。以下最後のシカゴ報告:

AIC

AIC=The Art Institute of Chicago

「Free February」最終日にAICへ。

DSC01348.JPG

館内は(特別展示は除き)フラッシュを焚かなければ撮影可能である。 でも、著作権の問題があって、ここには載せられない(以下の写真はwikipediaから)。 文化人振る気はないが、とても楽しめた。 以下、とても感銘を受けた作品等

  • ゴッホ「自画像」
    VanGogh_1887_Selbstbildnis.jpg
    • 見ていて何かを感じずにはいられなかった。
  • ホッパー「Nighthawks」
    20090424190805!Nighthawks.jpg
    • 都会の孤独。孤独は悪いことか?
  • スーラ「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」
    GeorgesSeurat.jpeg
    • 写真では分かりにくいかもしれないが、点描がすごい。点描によって結局人の目にはどのように見えるか、を事前に考えてあるらしい。 構図・明暗がきまっている。
  • ウッド「アメリカンゴシック」
    Americangothic.jpg
    • 日本ではなじみが薄いが、アメリカの風刺などによく見られる。夫婦ではない。農夫とその娘。モデルはウッドの妹と、ウッドの掛かり付けの歯医者。アメリカの排他性。
  • マグリット「貫かれた時間」
    Time_transfixed.jpg
    • マグリットのシュールさが見て取れる。意味は、、、、各人が思ったように。

個人的には中世・近代ヨーロッパ絵画の緻密さに驚いた。


Willis Tower (旧Sears Tower)

高さ442m(アンテナ含:527m)、110階建。 ドバイにあんなのが出来てしまったが、これも十分でかい;

DSC01372.JPG


DSC01384.JPG

最上階は雲の中。残念ながらこの日は天気が悪く、風下しか風景が見られなかった:

DSC01373.JPG


DSC01374.JPG


DSC01382.JPG

こんなのがある:

DSC01378.JPGDSC01381.JPGDSC01383.JPG

既存の鉄骨に新たに鉄骨を継ぎ足して作ったことが伺える。

これでシカゴの二大超高層ビル(John Hancock Center, Willis tower)を制覇。


I love Blackies!

最後の晩餐。唯一の(アメリカ人が言っていたのだから間違い無い)「アメリカ料理(アメリカ名物)」ハンバーガー(学食のハンバーガー、帰りにオヘアで食べるMacのハンバーガー以外は食べたことがなかった)を食べに行った:

DSC01389.JPG


DSC01390.JPG


DSC01391.JPG

私はパテが二枚の(写真では分かりづらい)「Tough Guy」を注文。 「Tough Guy」ネタでウエイトレスのお兄さん(多分イタリア系)にいじられた。 それにしてもこのウエイトレスのお兄さん、ノリノリで仕事を楽しんでいた。

味は、肉肉しくそれでいてジューシーでとても美味しかった。 これこそアメリカン!?(最高に健康に悪そうだが)