Diary April, 2010


 

18日Sun.

四階

四号館四階の階段を上ると、、、

DSC01433.JPG

そこには、、、

DSC01434.JPG

KEK CMB groupがあるのです:

DSC01435.JPG

Photoshop

この辺の画像解析については、 失われた情報を周りの情報を使って如何に復元するか?という点が、 foregroundで隠されてしまったCMBを如何にうまく復元する点と似ていたため、修論のとき少しかじった。

Adobe Photoshop CS5に実装されるPatchMatchの実力

それにしてもこれは、最新研究の塊だ(大学が共同研究者(開発者)に入っている)。


16日Fri.

先週からの大仕事だった引越しが、ようやくひと段落。 KEK CMBグループは、この度3号館2階から4号館4階へ引越しいたしました:

DSC01431.JPG


DSC01432.JPG


比較(before)

room.png

4号館は何がいいって、建物全体が明るくてお洒落げ。 さすがグッドデザイン賞を受賞しているだけはある!?



ところで今日は季節はずれの雪が降った・・・。道理で寒いわけだ。

  • 隣のお茶スペースがいいですよね。 -- SMZ 2010-04-17 (土) 15:31:53
  • 研究本館も新しくなって良い感じですよ!ただし1階に限る -- GOTO 2010-04-17 (土) 21:42:45
  • あと関係ないですけどKEKのすぐ北側に温水プールやら浴場が入ったスポーツセンターができますよね。ご存じなければ「つくばウェルネスパーク」でググってください。おかげでつくバスがKEKの前に止まるようになったのが大きな進歩ですよね。 -- GOTO 2010-04-17 (土) 21:49:49
  • >>SMZ お茶スペースはどんどん利用していきましょう! -- チノネ 2010-04-18 (日) 19:50:08
  • >>GOTO 小林ホールを最初に使う催物は何だろうか? -- チノネ 2010-04-18 (日) 19:51:33
  • >>GOTO プールいいかもと一瞬思ったが、近すぎます。行ったら誰かにあいそう。。。。 -- チノネ 2010-04-18 (日) 19:52:54
  • 「こけら落とし」は21日(水)の小林ホール記念シンポジウムだと思います。実行委員長は樋口岳雄さんなのですね。23日(金)にはカーボンナノチューブで有名な飯島澄男さんの講演があります(金茶会)> -- GOTO 2010-04-19 (月) 22:01:56
  • スポーツセンター、確実に出くわしますね。つくば市のこのような施設としてはたぶんこれくらいしかないので一応つくば中から人が集まるとは思いますが -- GOTO 2010-04-19 (月) 22:05:53

12日Mon.

intensity.png
polarization.png
polarization_fraction.png
parallactic_angle.png
Note: Statistic errors of angle on WMAP 3year were evaluated from the rules of error propagation, gamma=0.5 atan(U/Q).
Note: WMAP 7 year doesn't include systematic errors of angle, 1.5 deg.

10日Sat.

皆様、張り切って学振の書類を書いているでしょうか? 私は海外学振と学振PDの書類を書くべく、受け入れ教官にコンタクトをとっております。

自分としては、まだ原始重力波起源B-modeを自分の手で観測出来ていないので、 引き続き地上CMB偏光観測実験に携わっていきたいと考えています。これが前提です。 周囲の環境としては、研究者として独り立ちできる環境が望ましいと考えています。 「今のKEK、シカゴ」の環境は、学生として過ごすにはとても充実しているが、 PDとして過ごすには必ずしもそうだとは言えないです。何故ならば自分を甘やかしてしまうから。 「(受入先きの機関では)自分一人で解析を主導する」気概で行きたいところ、が。。。


先ずは締め切りが早い海外学振です。 海外学振を出すには、「海外における受入研究者との連絡状況を示す主要な往復文書」が必要です。 また、申請者の研究をよく理解している研究者一名による「評価書(推薦書)」が必要になります。 日本語、英語どちらでもよいとありますが、海外学振の申請ですので、海外の研究者に書いてもらった方が、説得力があるでしょう。 海外の研究者に「評価者は正本1部及び写し6部を作成の上、これらを併せて封筒に入れ、厳封してください。」とお願いするのは気が引けるが、 この際仕方が無いとします。相手方には余裕を持って連絡を取ったが、海を越えているので少々不安です。

審査方針
主要な審査方針は、以下のとおりです。

  1. 海外での研究経験を通じて、学術の将来を担う優れた研究者となることが十分期待できること。
  2. 申請者が海外の研究機関で研究活動を行うことにより、研究環境を変えて、 新たな研究課題に挑戦することを目指す研究計画や、派遣前に行っている研究を大きく発展させることが期待できる研究計画を有するものについて優先させること。
  3. 研究計画が具体的であり、申請者と海外における受入研究者との事前交渉等が十分になされていること。 海外で研究活動を行うにあたり、相応の語学能力(英語であれば、TOEFL(Computer-based)213点、TOEIC730点、英検準1級のいずれか程度)を有することが望ましい。

語学能力を証明する試験は、全く受けていないのが少々つらいです。どれほど考慮されるのでしょうか?

私はここ二年で延べ一年弱、海外で研究を行ってきた。 「今までも海外で研究活動を行ってきた」は一見するとプラスに働きそうですが、これは注意が必要です。

申請書には
(4)海外特別研究員制度での支援の必要性
過去に海外での研究経験(国際会議、学会発表等を除く。)がある場合、 又は、派遣を開始する予定日より前に、既に海外の研究機関において研究を行っている場合は、 この海外特別研究員制度において支援を受けなければならない理由及び必要性について説明してください。

とある。今までの通りではなく、何故海外学振で行かなければならないのかを説明しなければならないのです。


次は学振PDです。

さて現在私は、受託学生として高エネルギー加速器研究機構(KEK)の研究室に所属している。 一方で大学にも席があるので、こちらにも所属研究室がある。 学振PDの受け入れ研究室の規定には以下のようなものがある:

研究に従事する研究室が大学院在学当時の所属研究室(出身研究室)以外の研究室であること
特別研究員等審査会の判定により大学院在学当時の所属研究室を例外的に認めることがあるので、
その場合は理由書(様式別紙)を添付してください。

この規定により、私は二つの研究室に学振PDを出すことができないのである。

募集要項の10頁めに、 「実質的な研究室移動と認められない例、又は、その可能性がある例」

  1. 指導教授と同一研究室の准教授にすること。
  2. 申請者の直接の指導教員ではないが、申請者の出身研究室に同時期にいた研究者が、他機関へ赴任した先で受入研究者となること。
  3. 研究指導の委託先で研究を続けること。
  4. 大学院在学当時の指導者が転出し、その後継者を受入研究者とすること。

とあり、(3)はまさに私の境遇のことを言っている。

さてどうしたものか。

理由書を出すことで「例外的に認めることもある」とは言うが、 ただでさえ低くないハードルを、さらに高くすることになっていないだろうか?

今現在、日本国内でCMB偏光観測実験に参加できる研究機関は、KEKしかないです。 アクロバットな方法を使えば、東大(IPMU)経由でどうにかなるかもしれません。 しかしKEKとの縁は切れません。結局はKEKに戻ってくるのです。第三の道を探る必要があるのでしょうか?


03日Sat.

博士課程後期最終学年に突入。今年度でD論書く。


学会のおもひで

寝台特急サンライズ出雲(シングル):

DSC01397.JPG

便利だと思うのだが、皆様の評判は悪かった。

後楽園:

DSC01399.JPG


DSC01402.JPG

これで日本三名園(偕楽園、後楽園、兼六園)のうちの二つを攻略。残すは兼六園(石川県)。 石川県で学会をやるのはいつだろうか・・・。


DSC01403.JPG


DSC01405.JPG


DSC01406.JPG


DSC01407.JPG


DSC01408.JPG


DSC01410.JPG


DSC01411.JPG


DSC01413.JPG


DSC01414.JPG


DSC01415.JPG


DSC01416.JPG


DSC01418.JPG


DSC01419.JPG


DSC01420.JPG


DSC01421.JPG


DSC01422.JPG


DSC01425.JPG


DSC01426.JPG


DSC01427.JPG


DSC01428.JPG


DSC01429.JPG


DSC01430.JPG

  • 次の天文学会が石川県の金沢大学だよ. -- INUE 2010-04-04 (日) 17:23:33
  • そうなのか。天文学会にはしばらく顔を出していなかったので、知らなかった。折角なので(研究がちゃんとまとまったら)行こうかしら。 -- チノネ 2010-04-04 (日) 23:32:38