Diary October, 2011



28日Fri

大学院が来年度から修士論文不要、代わって試験審査に



25日Tue

published

Our paper has been published online and on ApJ, 741, 111:

長かった、、、。次はW-bandとinstrument paper。


  • おめでとう!published version見ると、感慨もひとしおよね。 -- コマツ 2011-10-31 (月) 13:27:14
  • ありがとうございます。次はW-band result paperとphase-I instrument paperです。 -- チノネ 2011-11-02 (水) 00:28:42

20日Thu

POSTDOCTORAL FELLOWSHIPS IN COSMOLOGY at the Max-Planck-Institut für Astrophysik

コマツさん、ヨーロッパ移られるのですね。やはりMPAですか。


  • はい、移ります。遊びに来てね。 -- コマツ 2011-10-21 (金) 11:32:21
  • テキサスには行けなかったので(今からでもまだ間に合う!?)、是非ともMPAには。 -- チノネ 2011-10-21 (金) 15:00:22

Earthquake

eq.png

日頃から小さい地震があった方が、ストレスがたまらないでいいと思います。



18日Tue

誕生日おめでとう、自分。


頂き物:by M村さん

photo.JPG

冬眠の備えて、明らかに肥えている・・・


  • おめでとうございますー(^▽^) -- SMZ 2011-10-26 (水) 18:42:02
  • ありがとう(´;ω;`) ブワッ -- チノネ 2011-10-27 (木) 17:58:45

16日Sun

いろいろ詰んでる

科研費?

頭脳循環は科研費を出すことが出来るが、「UCBでPBをやる」という頭脳循環の義務を遂行しつつ、 自分で勝手にお金を取ってくるというのは「有り」なのだろうか? 現実的には、「本当にそのことだけ」をやっている訳ではないので、「業務に支障を来さない範囲」で出せば良いのだろうか? PBのことで研究を申請しても「それは公募研究ではなく、メインでやれ」「それはお前、頭脳循環で拠出するべきお金だ」となるだけなので、 「一見何ら関係ない、でも関係ある」研究をうまく「錬金」することが求められているということか?

また新学術研究の「公募研究」の為に「若手スタートアップ」を犠牲にするのは、割が合うのだろうか?



15日Sat(追記)

Napa short trip

DSC02882.JPG


DSC02883.JPG

皆様のご好意のお陰で、ワインで有名なナパ(Napa valley)に行ってきた:

DSC02886.JPG


DSC02885.JPG

予約していなかったのでここでは食べられなかった、、、。でも席は一杯空いていたよなぁ。次こそは:

DSC02861.JPG


DSC02862.JPG

キノコ(偽物)が見える:

DSC02860.JPG

なのでこちらのレストランで昼食を:

DSC02864.JPG


DSC02866.JPG

2つのワイナリーを回ってワインを購入:

DSC02868.JPG


DSC02867.JPG

試飲もします。$15 for 4 glassesと$20 for 6 glasses w/ reserve wine:

DSC02863.JPG


DSC02865.JPG

日本ではこんな雰囲気にはならないよなぁ。。。お値段は二本で$ XX。

DSC02871.JPG


ぬこ in Napa

DSC02874.JPG


DSC02875.JPG


DSC02876.JPG


DSC02877.JPG


Lake Berryessa

ワインと食事を満喫したので、「穴」を見にLake Berryessaへ。

DSC02889.JPG

久しぶりに水切りをやった。

DSC02890.JPG


ダム穴(The Glory Hole) @ Monticello Dam

DSC02904.JPG


DSC02906.JPG


DSC02897.JPG

近くにダムが有るので、「もしかしてWikiPedia.ja:ダム穴見られるのでは?」ということになり、Monticello Damへ。

ダム穴は英語で「The Glory Hole」と言うらしい。

DSC02896.JPG


DSC02898.JPG


DSC02907.JPG

後で知ったが、このMonticello Dam、ダム穴のメッカらしい。なんと言う偶然。 水がたっぷり有るときには以下のようなダム穴が見られたはず:

dam-600x448.jpg

おまけ。化石を探そうとする二人:

DSC02903.JPG


12日Wed

ドリトス

スナック菓子「ドリトス」生みの親、菓子とともに埋葬へ

隣の席の学生が食べる「ドリトス」がやけにおいしそうに見える今日この頃。



11日Tue

H助教とF2F mtg.の打ち上げで

記念撮影:

h.png


Ultra High Energy Cosmology with POLARBEAR

Ultra High Energy Cosmology with POLARBEAR



10日Mon

だんだん分かってきたぞ



09日Sun

明日はF2F

明日はUCBでPolarbear2実験のFace-To-Face mtg.が開かれる。 僭越ながら、私はscience sessionをしきらせて頂いている。

といっても、今のところ私の仕事は、実験装置・観測の詳細から感度を求め、それを理論家に提供するところまでだが。 私が感度をsummarizeした後に、理論家一派が、neutrino massだとか、tensor-to-sclar ratioだとか、Y_Heだとか、 dark energyだとか、SZだとか、220GHzの必要性だとかを話してくれる手筈になっている。


  • neutrino massだとか、tensor-to-sclar ratioだとか、Y_Heだとか、 dark energyだとか、SZだとか、220GHzの必要性だとか、すげえ簡単だから、チノネくんがそれもやっちまって「理論家」の仕事なくしちゃえ(笑) -- コマツ 2011-10-10 (月) 20:53:25
  • いやぁ、本当に可能ならば狙っていきたいですね。今の解析の枠組みだと、なんだか"おいしいところだけ「理論家」にすべて持ってかれる"状況ですので。「理論家」の方々には汚いデータからpower spectrumを計算するつらさを知ってもらい、私はhigh-level解析もがんばって、なにか自分のものにしたいですね。 -- チノネ 2011-10-11 (火) 08:19:01
  • 「理論家」さんたちはCosmoMCを走らせてるだけでしょ?あんなもんはサルでもできるので、スキをみて、自分でも走らせちゃえ。 -- コマツ 2011-10-12 (水) 20:44:36
  • まさに「project CsomoMC」が自分の中で進行中です。サクッとやってしまいたい。 -- チノネ 2011-10-13 (木) 03:31:11
  • え、あ、私の2年半がΣ -- SMZ 2011-10-13 (木) 17:27:05
  • 是非ともSMZさんが、「理論家」さんたちをやっつけちゃってください! -- チノネ 2011-10-13 (木) 19:12:39
  • 修論終わらせてPBIIとかextented PBのtriangle plotさくっと発表しちゃいたいです! -- SMZ 2011-10-14 (金) 19:53:10

08日Sat

「集客力はベイスターズ以下! 語られない松井、イチロー所属球団の不人気ぶり」?

先月観戦しにいったゲームに関する記事: 「集客力はベイスターズ以下! 語られない松井、イチロー所属球団の不人気ぶり

なんと言うか、すごく「気分が悪い」し「気持ちが悪い」記事。煽り過ぎ:

先にも少し触れたが、日本人観光客(筆者もそうなのだが)ばかりが目立つスタジアムであった。
夏休み期間の休日ということも災い(幸い)してか、広い内野席から聞こえてくる会話のほとんどが日本語で、
おそらくスタジアムの6〜7割が日本人という印象。
(同日夜に観戦したサンフランシスコ・ジャイアンツ戦は満員御礼にも関わらず、
ほとんど日本人を見かけなかったこともあって、さらに特異な印象を受けた)。

スポーツ記者に質を求めるのが酷か。



Euclid & Solar Orbiter by ESA

Dark and bright: ESA chooses next two science missions



CMB前景放射・初期宇宙論ワークショップ(10/24)

Tennetのみなさま

名古屋大学の竹内です。

このたび名古屋大素粒子宇宙物理学専攻では、今月の10/24(月)に
CMB前景放射・宇宙論研究についてのワークショップを行います。

趣旨

現在、宇宙論研究の焦点はビッグバンに先行する急激な指数関数的
膨張、すなわちインフレーションの検証に向かっている。インフレー
ションの直接検証の手段として期待されているのが、インフレーション
起源の始原重力波の検出である。インフレーションによって発生した
始原重力波は、宇宙マイクロ波背景放射(CMB)に特徴的なパターンの
偏光を生じる。この偏光(Bモード成分)は、宇宙背景放射の高感度
測定によって検出できる可能性がある。 しかし、背景放射は常に
銀河系の前景放射を伴っており、特にBモードはどの波長域でも他の
成分よりも卓越することがない弱い成分であるため、前景放射の
偏光を精確に測定することなしにBモード偏光の検出は不可能である。
本研究会は、宇宙背景放射のBモード偏光の精密測定を目指すため、
全天でミリ波・サブミリ波での偏光を測定しているPlanck衛星の
データを元に、初期宇宙論、名古屋大学のNANTEN望遠鏡による分子雲
放射の広域探査(NASCO)による精密観測、そして前景成分分離法
それぞれの研究者が一同に会し、具体的かつ緊密な議論を交わす
機会を設けることが目的である。

日時
2011年10月24日

場所
名古屋大学

講演テーマ(順不同)
CMBと前景放射
CMBから探る初期宇宙論
前景放射としての星間物質の物理
CO前景放射観測(NASCO計画)
CMB前景放射除去

講演予定者(敬称略、TBC)
服部 誠(東北大)、福井康雄、山本宏昭、市來浄與、横山修一郎
(名古屋大)他

なお、今回は招待講演のみを予定しております。また、財源の
都合上、旅費の支給はなしといたします。

開始時刻、会場、講演者は決まり次第2nd circularにてアナウンス
いたします。参加ご希望の方は以下のフォームにご記入の上、

takeuchi.tsutomu@g.mbox.nagoya-u.ac.jp

までお送りください。

--------------------------------------------------------
氏名:
職名/学年:
所属機関:
所属機関住所:
電話番号:
E-mail:
--------------------------------------------------------

皆様のご参加をお待ちしております。

世話人代表 
竹内 努
名古屋大学理学研究科素粒子宇宙物理学専攻
銀河進化学研究室(Ω研)


06日Thu

CPT violation with CMB Polarization

Dark Energy and CPT Tests with CMB Polarization

alpha.png

コ○ン(新一)「あれれ〜、WMAPと他のデータを使った推定で、WMAPのシステマティックエラー(1.5 deg.)はどこに消えちゃったんだろう〜。」


Probing CPT Violation with CMB Polarization Measurements

neg.png

いやいや、「neglecting」はもはや意味が無いでしょうよ。たとえそれが「たとえ〜」だとしても意味が無い。 ちょっと誠実でないのでは? 論文には「一応」言い訳として書いてあるが、上のスライドで陽に言及しなければ、 「3-sigma detection」になってしまっている訳だし。


  • うん。こういうのを「They don't know what they are doing」っていうのよね。そして無視される運命にある。可哀想に。 -- コマツ 2011-10-09 (日) 20:53:08
  • やはりそうですよね。「They don't know what they are doing」は自分としても肝に銘じておきます。 -- チノネ 2011-10-10 (月) 17:17:50

HTT

So beautiful!

HTT.jpg


[物理][天文]GCOEセミナー「インフレーション宇宙の痕跡を探す! – QUIET実験の初期結果とCMB 偏光観測の展望」

http://www.scienceweb.tohoku.ac.jp/publicj/?p=3654

日時:2011年11月22日(火) 16:00~ 18:00
場所:ニュートリノ科学研究センター 2階会議室
講師:田島治准教授 (高エネルギー加速器研究機構)

題目: インフレーション宇宙の痕跡を探す! – QUIET実験の初期結果とCMB偏光観測の展望
アブストラクト
宇宙初期に加速度的膨張「インフレーション」があったと記述するインフレーション宇宙論、
それはビッグバン宇宙論だけでは記述しきれない観測事実を見事に説明する。
そしてインフレーション宇宙論の決定的証拠となるのが、宇宙背景放射放射(CMB)偏光の特殊なパターン「Bモード」である。
Bモードは未発見であり、様々な実験が壮絶な発見競争を繰り広げている。
QUIET実験はBモードの発見を目指して、チリアタカマ高地(海抜5千メートル)で2年以上におよぶ観測を行ってきた。
本講演ではその初期結果を報告すると共に、CMB偏光の測定方法等を説明する。
また、次期実験の計画と展望についても触れる。


05日Wed

Steve Jobs passed away

t_hero.png

謹んでお悔やみ申し上げます。ありがとうSteve。 Appleの商品(Mac Book Pro, Air, iPod classic)は、私の生活を豊かにしてくれる。



04日Tue

Nobel賞記念行事

ここUCBでは昨晩のノーベル賞受賞を受けて、記念行事が開かれた。 基本LBLだが、記念講演がPolearbear部屋の下の講義室で行われた。 が、余りの人の多さに、会場に入ることさえ出来なかった。最初のうち外から講演の様子を見ていたが、 本人とSmootらしき人が見えた。その後も人ごみは改善しなかったので、 部屋に戻り「我関せず」な感じを漂わせているPolarbearの学生と、解析の議論をしていた。 いや有意義でした、議論が。



03日Mon

Nobel Prize, Physics

"for the discovery of the accelerating expansion of the Universe through observations of distant supernovae"

膨張宇宙!、Supernova宇宙論!、Dark Energy!、そんでもってPerlmutter@Berkeley

Perlmutter氏に関しては、この道に入るよりも前にNHKのサイエンス系の番組 (たぶん「NHKスペシャル」の「宇宙 未知への大紀行8 宇宙に終わりはあるのか」)に出演しているところを見たことが有り、感慨深い(流石に彼の影響で宇宙論にすすんだ、という訳ではないが、少なからず影響は有るかも)。 最近、UCBで「Modern Cosmology」のゼミを見ているのだが、ついこの間も、「この絵

lambdak.png

は重要なのできちんと理解しましょう。ちなみにこの研究(Supernova宇宙論)のボスは、その辺の山の上にいますよね」という話をしたばかりだった。 「きっと今年のノーベル賞は彼に違いない」と言っておくんだった、、、。

何にせよ、今週はお祭りかも@UCB。 受賞記念講演は必ず有るだろうから、是非とも参加したいですね。

それにしても私が研究の道に入った頃から、KEKでは小林・益川、シカゴ大学で南部さん、そしてUCBでPerlmutterと、 ノーベル物理学賞の素粒子・宇宙論の受賞に関しては、自分が研究している分野に比較的近いだけではなく、 物理的にも近いのは、偶然にしては出来すぎている! この流れで最終的にはB-modeでノーベル賞を!

ちなみにLiveを見ましたが、「standard candle」とか「expansion of universe」とか「dark energy」とか「matter dominated universe」 とかの説明をしているのを聞くと、一般の方々にとっては「一体どこの中二病患者だ」といった感じがするのだと思いますが、 このノーベル賞受賞で、これらの単語に市民権が与えられる訳ですね、、、胸熱(いや、違うか・・・)

膨張宇宙論は当然相対論が根底に有る訳ですので、「光より速いニュートリノ発見!(まぁ、検証実験できっと、、、)」の効果もあって、 一般社会的にも盛り上がるかもしれませんね。 内外の新聞が何を書くのかにも注目したいところです。



雨らしい雨が降ったのは、こっちに来た三ヶ月のうちで初めて。 先週暑かったのが嘘のようだ。



02日Sun

The Nobel Prize in Physiology or Medicine coming soon

http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/about/prize_announcements/

The Nobel Prize in Physiology or Medicine
October 3, 11:30 a.m. CET at the earliest


Kindle fire

最近何かと話題のKindle fire

fire.png

折角こっちに居るのだから、買ってみる(予約してみる)のも面白いか。