Diary July, 2012


28日(Sat)

wine

DSC04183.JPG


coffee

coffee16.jpg


27日(Fri)

キラクへ

やはり美味い!

DSC04182.JPG

やはり刺身は、ここでしか食べられないので感動もひとしお。唐揚げもうまいが、オカズとしては自家製の方が上!

でも今日はちっと羽目を外しすぎました、、、(´・ω・`)ショボーン



最近の仕事風景

DSC04181.JPG

non-gaussianity

fNL = 40 +/- 15, > 2-sigma detection

私がここで「non-gaussianity detection!!!!!」「single-field inflation models死亡のお知らせ」「そしたらrが、、、」と言っても問題無し?噂でしかないが。 こっちの身近な理論家に聞いても、誰も知らなかったが。


  • "detection"という言葉は、プランクで5 sigma超えるまで使っちゃダメですよ〜。(ウワサの発信源より。) -- コマツ 2012-07-29 (日) 11:57:54
  • では、「evidence」or「indication」辺りにしておきます、、、。 -- チノネ 2012-07-30 (月) 05:49:40

25日(Wed)

The QUIET Instrument

そしてinstrument paper:



23日(Mon)

W-band paper

(一応)後はinstrument paperだけ。


  • おー!おめでとう。ついに出たね! -- コマツ 2012-07-25 (水) 12:47:11
  • さっそく質問:PCLとMLがsystematicに違ってるね。。エラーバーの範囲でOKとか書いてるけど、同じ空を見てるのでcosmic varianceは関係ないはずだから、本当にやらなきゃいけないのはq(PCL)–q(ML)をシミュレーションから計算して、その分布と測定値q(PCL)–q(ML)=–0.13を比べてXX%でconsistentって言う事だよね? -- コマツ 2012-07-25 (水) 12:58:19
  • ありがとうございます、コマツさん。質問についてですが、この違いは2つのパイプラインが使用しているgain modelの違いから来ています(gainを計算する際のインプット、例えばQUIETでのTauAの温度等、は共通です)。特に時間変化に対するmodelingの違いから、PCLで使われているgain modelは、MLで使われているgain modelに比べて約4%ほど「大きく」なっています。gainはClに対してmultiplicativeに作用し、その影響は二乗で効いてきます。また、ここで言っているgainは「mV/K」の単位です。よってgain modelがMLに比べて4%大きいPCLは、ClがMLに比べて8%小さくなるという事になります。この系統誤差は、本文のsystematic error budgetにある「the uncertainty associated with modeling the time variation and ...」に対応しています。 -- チノネ 2012-07-26 (木) 08:28:46
  • なるほど。羽澄さんにも聞いたのだけど、これらのパイプラインは単にClを計算する際のPCL vs MLというわけではなくて、2つのグループがgainまで含めて独立に解析した結果、という事だったのですね。 -- コマツ 2012-07-28 (土) 10:22:48
  • 個人的には、そもそもLCDMに比べて、大きくなっている原因に興味があります。同じ様な傾向を示している実験もあり、E-modeの測定も(PLANCKがありますが)、やはり重要であると思っています。 -- チノネ 2012-07-29 (日) 11:38:50

20日(Fri)

concern

私には、どうしても「dataとtheoryを比較して、systematic errorを検出する」という理屈が、納得できない


  • たしかに。 -- コマツ 2012-07-25 (水) 12:48:05
  • 因に、POLARBEARでの解析が、シグナルを見ながらLCDM w/ lensingにあうようにB-mode解析をする!となった訳ではないので、、、 -- チノネ 2012-07-26 (木) 08:21:14

18日(Wed)

Rumor from Europe

Planck found "something".... "something"って何だろう?


  • 偏光は難しそうだから、non-gaussianityあたりかなぁ、、、 -- チノネ 2012-07-20 (金) 03:12:21
  • でも、見つかったら、rがヤバい。 -- チノネ 2012-07-20 (金) 13:10:08

17日(Tue)

(日本の)今日の日経新聞科学欄

宇宙の始まり、痕跡探求 高エネ研など特殊望遠鏡をチリで運用

すごい



Next Chile

10月頃に一ヶ月チリに行く事になった。この頃迄には、本当*1に定常になっているとうれしいが。 それにしてもQUIETも含め、私はこの時期にいくのが定番になっている。



実データ

blindnessの議論は大事だが、データがばんばん出てきているのに、(noise dominatedな)データを見ないのは本末転倒。 そして、議論なんかより、実際に解析してみて色々な事が分かっていくのが、やはり面白い。解析のやりがいがあるというもの。 (Null testとかは又別のお話。)



15日(Sun)

休日

今日も元気にlab.でコード書き!



14日(Sat)

唐揚げうまうま

切らしていた片栗粉を買ってきて、久しぶりの唐揚げ:

DSC04178.JPG


DSC04180.JPG

揚げ過ぎ。保存食へ。

DSC04179.JPG

唐揚げに合うワインは何だろうか?

実は今回は、醤油を買ってあったと思ったら、ポン酢だったので、唐揚げの下味に今迄と違った(ポン酢ではない)ものを使ったのだが、案外いける。新たな発見。



13日(Fri)

Welcome & Anniversary Party @ TRIPLE ROCK

DSC04177.JPG


12日(Thu)

請求書

保険の情報を記載してFAXした、救急車の請求書が、何の情報の変更もなく再送されてきた。 届いてないんか?FAX。面倒いな。これで、延滞金とかマジ勘弁。



07日(Sat)

さて一周年な訳だが、、、。

1st year anniversary

一周年を祝いました。一人で(シクシクシ、、、):

DSC04170.JPG

先週で、調理の仕方は万全です。倍の値段のお肉を用意:

DSC04172.JPG

ちょっと、火が通り過ぎたか:

DSC04173.JPG

この1年以上に、次の年を充実したものにしたいと思います。目指せB-mode検出!あと、英語をもっとがんばりましょう。








用意し過ぎの図:

DSC04176.JPG

  • まぁ、たまには日本にも帰ってこいよ…。 -- Inoue 2012-07-09 (月) 21:09:47
  • たまには戻って、少しはゆっくりしたいと思う、、、。前回帰ったときは、実質一週間も居なかったし。 -- チノネ 2012-07-11 (水) 13:04:46

04日(Wed)

Higgs後

発表後のニュースを見ていると、質量と重さを混同している報道が目をつく。それも

宇宙誕生のきっかけとなったビッグバンによってできた素粒子が光速で飛び回るなかで、
これに付着して質量(重さ)を与えたと考えられているのがヒッグス素粒子だ。

みたいな。



Independence Day

Today is our Independence day!!!!

いや、普通にラボにきてるし。てか、ラボのメンバーは、普通に仕事している、、、。



03日(Tue)

Higgs

おっと、今日の深夜か。




02日(Mon)

Higgs

tevk.jpg

これで、LHCで~130 GeV辺りで見つかると皆喜ぶと思うが、寧ろ全然違うところに出てくれると、そっちの方が面白いと思うのは私だけ?(当事者には申し訳ないが)



01日(Sun)

そろそろBerkeleyに来て壱年が経つ。これを期に何かイベントを催したいところだが、1人でやってもなぁ。



Dinner

最近は夕食が唐揚げだったり、こんなん

DSC04159.JPG

野菜炒めばかりなので、T島さん、K下さんに感化されて、こんなのを作ってみた:

DSC04161.JPG

オーブンは偉大だ。webのレシピ見ただけで作れてしまうなんて:

DSC04164.JPG

いい焼き加減。初めてにしては上出来。




*1 全く問題が生じない状況を期待しているが、、、