Diary February, 2013


28日Thu.



26日Tue.

New Headphone

今使っている、アメリカで買ったヘッドフォンは、癖が無く、解像度も良いのでお気に入り。だが、ヘッドバンド部がばきっと折れてしまっている(どうも色々とサイトを見てみると、このヘッドバンド部が壊れやすいのは、広く知られているとのこと。買ったときに、保証に入らなかったんだよなぁ、、、)。断線はしていないので、音は問題ない。でも、頭・耳への固定が心もとなくなってしまっている。 ラボでどうにかこうにか修理したのだが、如何せん上手く直っていない。同じメーカーが上位機種を出したので、 そちらを購入とも思ったが、ちょっと敷居が高そうなので、どうしたものかと考えていた。

何かいいヘッドフォン・面白いヘッドフォンは無いかと、ヘッドフォンのサイト見ていると、最近「California Headphone」なるメーカーが出来たらしい。何でも個人ファンド出資サイト上で出資を募って出来たメーカーらしい。カリフォルニアに居るという事もあってか、思わずポチッとボタンを押してみた。

DSC04632.JPG


DSC04635.JPG

値段も高くない(壊れてしまった右のヘッドフォンの2分の1以下)。そもそも求める音のタイプが違うので(壊れてしまったのは「澄んだ」音、買った奴は「ドンシャリ」らしい)、そこ迄期待はしていないが、どうだろうか。しばらくこいつを使っていこう。



23日Sat.

春の訪れ

先週はやけに寒かったが、それでも春はそこ迄来ている今日この頃。

DSC04624.JPG


DSC04627.JPG


DSC04628.JPG

ところでこれは何の花?梅っぽい様な。



花より団子(からあげ)

久しぶり(?)のからあげうまうま。

DSC04630.JPG


21日Thu.

TMT (Thirty Meter Telescope)

どんな口径でもTMT:

  • Ten Meter Telescope
  • Twelve Meter Telescope
  • Thirteen Meter Telescope
  • Twenty Meter Telescope
  • Thirty Meter Telescope


20日Wed.

47th ESLAB Symposium

行ってもいいし、寧ろ行きたいがどうするか(ボスはそもそも行けない。取り敢えず投稿しただけ)。

Program for 47th ESLAB Symposium



今更初ケーブルカー

お客さんと一緒に。

DSC04601.JPG


DSC04604.JPG


DSC04606.JPG


DSC04607.JPG


DSC04613.JPG


DSC04615.JPG


DSC04616.JPG


DSC04617.JPG


DSC04618.JPG


DSC04619.JPG


DSC04620.JPG


DSC04623.JPG


Presentation of the first cosmologic results of Planck mission as well as its first all-sky images of the Cosmic Microwave Background

The first all-sky images of the Cosmic Microwave Background will be presented at the press conference held in Paris ESA HQ on March 21st, 2013.



16日Sat.

Berkeleyは三連休に突入した模様

CMB2013国際会議(2013年6月沖縄科学技術大学院大学)

皆様奮って参加ください。私は、、、、参加する?

来る6月10日から14日までの間、沖縄科学技術大学院大学にて、宇宙マイクロ波背景放射(Cosmic Microwave Background, CMB)の観測による宇宙創成と根本物理の探求を主たるテーマとした国際会議を開催します。
昨年暮れにWMAP9の結果が発表され、本年3月にはいよいよPlanckの観測結果が発表される予定です。またQUIET、POLARBEARなどの地上観測実験も進み、LiteBIRDなど将来の衛星計画のスタディも活発に行われています。
このエキサイティングな時期をとらえ、本国際会議では、上記プロジェクトやACT、SPTなど世界で進行中/計画中のCMBプロジェクトの実験家や宇宙論研究者が一堂に会し、CMB観測の現状と将来の可能性を探ります。

口頭発表はすべて招待講演ですが、ポスターセッションを設けます。CMBと関わる宇宙論研究、天文学研究、装置開発など、幅広く受付けますので、ふるってお申し込みください。

以下にfirst circularを添付します。

Registrationページを近日中にオープンする予定ですので、その際はまたお知らせします。参加を予定される方は、まず日程の確保をぜひよろしくお願いいたします。

羽澄


#########################################################
CMB2013 - International Conference on Cosmic Microwave Background

June 10 - 14, 2013, Okinawa, Japan
#########################################################

Overview:
Detection of primordial gravitational waves would be one of the most
significant scientific discoveries of all time. Such a detection would
be a direct evidence for inflation and shed light on fundamental physics
such as quantum gravity behind inflation. The accurate measurement
of CMB polarization is the best way to discover the primordial
gravitational waves. It is thus one of the greatest challenges in
experimental cosmology in the next decade. Thanks to remarkable
technological development in recent years, the detection is not a mere
dream anymore but becoming factual.
The primary objective of the conference is to exchange ideas on how to
reach the precision at the level of r=0.001 or even better, where r is
the tensor-to-scalar ratio. Another important goal of the conference is
to evaluate scientific values of such a measurement, where relations to
other observations such as CMB temperature anisotropies are also
important. To these ends, the conference will have talks from all the
CMB projects in operation, in preparation or in planning.

Program:
The conference consists of plenary sessions and poster sessions.
Topics in the plenary sessions will include the following:
- Planck results/instruments
- WMAP9
- On-going ground/balloon CMB experiments
- CMB experiments in preparation
- Future CMB experiments including satellites
- Theory overviews
- Nature of foregrounds and their separation
Talks in the plenary sessions are by invitation only.
Poster sessions will be based on abstract submissions to
cover a broad range of topics on CMB research, from inflationary
model building to superconducting sensor development,
which will stimulate vigorous and open discussions among participants.
Posters on a wider range of topics related to CMB are also welcomed;
examples of such topics are:
- Synergy between CMB and other observations,
such as CIRB, 21cm, dark energy and dark matter.
- Astrophysics/astronomy with foregrounds.

Venue:
Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST),
Onna-son, Okinawa, Japan (http://www.oist.jp/).
Okinawa is a beautiful tropical island and is the primary resort
vacation destination in Japan. Travel on Okinawa is extremely
safe as is the case on mainland Japan.
Tourists can enjoy an ancient culture with 9 world heritage sites,
a strong crafts tradition in ceramics, textiles, and glass, a lively
contemporary music scene, breathtaking empty beaches
and crowded old world market places.

Web:
http://www-conf.kek.jp/cmb/2013/ (in preparation)

SOC:
George Efstathiou (University of Cambridge),
Masashi Hazumi (High Energy Accelerator Research Organization (KEK),
Chair),
Eiichiro Komatsu (Max Planck Institute for Astrophysics),
Stephan Meyer (University of Chicago),
Naoshi Sugiyama (Nagoya University)

LOC:
Makoto Hattori (Tohoku University),
Masashi Hazumi(KEK, Chair),
Hideo Kodama (KEK),
Shuji Matsuura (Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)),
Chiko Otani (RIKEN),
Yutaro Sekimoto (National Astronomical Observatory of Japan (NAOJ))
Osamu Tajima (KEK)

Supported by:
MEXT Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas
KEK
OIST


15日Fri.

E-mode measured to the present

scale_factor.png

単純に考えれば、このエラーバーはQUIET W-bandを除き、統計誤差だけが含まれているので、別途系統誤差の評価が必要というだけのこと。

系統誤差も含めてE-modeのLCDM modelとのconsistencyを確認しているのは、QUIET W-bandだけ。一致していない分を「改善の余地がある」と解釈しているのがWMAP 7-year*1(detectionのクレームをしているだけで、他の結果に影響は与えない?E-modeを使ったrの推定の際は、EとBの比をとる事で打ち消せる影響だと思えば、影響は無いか)。

各実験が「2-sigma離れているが、問題ない」と報告しているのを、何も考えずに足し合わせるとこんな事になってしまう。「2-sigmaはなれているが、問題無し。問題ないが、系統誤差迄入れると無矛盾」であれば、統合しても問題無いはず。



14日Thu.

New passport

新しいパスポートを手に入れた。装備しますか?

DSC04598.JPG

残念、DS-2019の延長が先です。古いパスポートを捨てますか?残念、ビザが付いたままなので捨てられない。



13日Wed.

最近の仕事

コードチェック。あくまで系統誤差チェックで。

scale.png
Cl_EE_Fitted_BICEP_linear_fixed.pngCl_EE_Fitted_QUaD_linear_fixed.png
Cl_EE_Fitted_QUIET_Q-band_linear_fixed.pngCl_EE_Fitted_QUIET_W-band_linear_fixed.png
Cl_EE_Fitted_WMAP-7yr_linear_fixed.pngCl_EE_Fitted_WMAP-9yr_linear_fixed.png

現在観測されているE-modeの多くは「統計誤差」でLCDMから2-4 sigma離れているものがある。実際、どうなっているのかは先のお楽しみという事で。でもその為には、「E-modeで較正する」という方法は、使えなくなるが。現状、ある意味全部1となっていないでばらけているのは、皆がLCDMに引っ張られていない証拠?



10日Sun.

日本からのメールが無いからと思ったらどうやら今日は(日本時間月曜日)祝日らしい。



最近のチリ

はボリビアンウィンター真っ盛り。

webcam.jpg

確かにQUIETの時もこの時期は天気悪かったが、ここ迄ひどくはなかった気がする。この写真だけ見たら「チリは天気がいいのでCMB観測に適しています (`・ω・´)キリッ」なんて到底言えない。



09日Sat.

肉じゃが的な料理。

DSC04595.JPG

でも決して肉じゃがの調理法で作った訳ではない。



08日Fri.

QUIET instrument paper will be published soon

これで本当に一段落。



07日Thu.

今日は早起きして日本領事館へ。パスポートの更新申請へ。何故わざわざこっちで更新するかは後ほど。 それにしても、話には聞いていたが本当にオフィスビルの一室が領事館になっているだけだった。入り口に金属探知器(空港で通る奴)が鳴り響いていたが、何の役にも立っていなかった。いいのか?

そう言えばサンフランシスコの町中を歩いたのはずいぶんと久しぶり。観光に行ければいいのだが、、、。



03日Sun.

ロサンゼルス経由でバークレーに帰ってきた。忘れていたがLAXはひどかった。

  • 入国審査が並び過ぎ
  • 審査官が適当過ぎ。用紙裏面「アメリカ政府用」と書かれているところを、本人に書かせるのはいいのだろうか?
  • ターミナル間の移動が「バス」なので、煩わしい


[日本滞在] 02日Sat.

ラーメン屋。物心ついた頃からやっているお店。

DSC04589.JPG

実はそれほどうまいという訳ではない。昔からあるなぁ、と感慨に浸っているだけかも。

DSC04590.JPG

ここはチャーシューと餃子なんだと思った。

DSC04592.JPG

何故か帰宅後かに(本物)。

DSC04593.JPG


[日本滞在] 01日Fri.

家でとれた蕗の薹。

DSC04582.JPG

舞茸。

DSC04583.JPG

芋。

DSC04584.JPG

メインディッシュ。

DSC04585.JPG


DSC04586.JPG



*1 The scale factor is α = 1.52 ± 0.21. This indicates a 2.5σ preference for a higher amplitude EE spectrum, which we consider to be worth further investigation, but do not believe to be a significant deviation from the ΛCDM theory.