Diary June, 2013

写真: CMB 2013 in Okinawa


27日Thu.

ちょっとケツを叩かれすぎて、昼夜逆転、連日徹夜な一週間。〆切怖い。

東北大学がブラック「企業」大賞にノミネート

東北大学なにやってんだよ


  • まぁ在学中からいろいろ良くない噂は耳にしてたからな…。 -- inoue 2013-07-04 (木) 00:39:58
  • まぁ、あったわなぁ、、、 -- チノネ 2013-07-04 (木) 06:43:29

24日Mon.

2週間ぶりのlab。といっても、LTD-15で半分が居ない。

Angle calibration

絶対角度の較正は、B-mode実験で最も重要な要素。今までは1 deg程度の誤差で十分であったが、現在の実験では<0.5 degの精度が必要になる。

SN_LB_w_angle.png

較正としては、一般に

  • 人工光源と偏光素子を使った装置を使った較正
  • 偏光天体を使った較正
  • EBを使った較正

が考えられる。POLARBEARではGunn diode、SPTPOLでは専用の偏光源を使っている。これらを使って、現在の実験は精度を実現しようとしている。

偏光源を持たない実験は、偏光天体(主にTauA)を使う訳だが、これには大きな不確かさがある。現在、多くの実験は100GHz以上の周波数で観測を行っており、またbeamのサイズも小さい。そのため、参照となる観測が存在しない。WMAPとIRAMは90GHz迄である。そこから先、角度の測定は無い。それでは今後100GHzを越える周波数で、TauAの精密測定をすればいいかというと、これもなかなか難しい問題がある。2-3m以上の鏡、100GHz以上の周波数帯での測定では、TauAは最早点源ではなく、その結果偏光角度も空間的なばらつきを持つ事になる。この扱いが今後鍵となると思われる。

今実現しようとしている精度は、lensing B-mode検出や、r=0.025程度での原始重力波起源B-modeの検出である。角度較正による系統誤差がこれらのシグナルの10%以下程度に抑えられれば、十分だと思われる。では次の世代はどうなるだろうか?r=0.001程度を実現しようとした場合、10%の精度の場合10 amin、1%の場合3 aminとなる。果たしてこれを実現する事は出来るのだろうか。それも、これを人工衛星で実現しようとした場合、人工偏光源を機上に搭載する事になると思われるが、これは可能であろうか。それとも、偏光源を子機として一緒に軌道上に載せるのだろうか、、、。

何れにしてもチャレンジングな研究である。



23日Sun.

LTD-15

今週はCaltechでLTD-15。といっても私は参加しないが。 PB-1の話をしても良かったのだが、、、。グループからは、PBはバークレーから、LB、GBや検出器系の人がKEKから参加する予定。 日本組は既に出発している組と、まだの組があると聞いたが。

私はアップロードされるであろうスライドをチェックしましょう。

KEKでのバイオハザード(うちのグループでの風邪の流行)が、LTDに影響を与えていないのならばいいが、、、。因に先週私はKEKに居た訳ですが、 風邪ひいていません。



22日Sat.

日立第一高等学校

私の母校、日立第一高等学校はSSHに選ばれているそうだが、 何でもその一環で、毎年ベイエリア(バークレーやLBNL、スタンフォード)に見学ツーアーを実施しているそうだ。 先週実家に居たときに、近所のお子さんがそれに参加するという話を聞いた。

Berkeleyのcampusで日本人の若い一団を見たら、後輩だった、という事もあるのかもしれない。



魔女宅

実写やるんですか、、、風疹の事を調べていて、日立市の市役所のwebページに行ったらこんな事書いてあった

mjyo.jpg

実写をやる事の驚き、何故かかみね動物講演で撮影している驚き。



Berkeley到着

無事に到着

DSC04930.JPG

最近、ハズレな隣人(飛行機で隣になる人)が多い。



[日本出張14日目] 21日Fri.

最後の晩餐 w/ Guest

DSC04924.JPG


DSC04925.JPG


DSC04927.JPG


DSC04928.JPG


DSC04929.JPG

何かを変えようと思ったら、自分を変える・自分が変わる努力をしなければいけないのだな。

あとウニがおいしかった。



[日本出張13日目] 20日Thu.

首の状況

市原病院に行って来た。今回は以前と違う先生。若い。 3-4年前に撮ったMRIを眺めて一言「頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)って診断されたらしいけど、これはヘルニアだよね」「なんだってーーーー」。 同じ様なものという事で。 症状も同じ、悪化はしていない等の根拠から、今回もしばらく立てば収まるのではということで、痛み止めの処方のみ。 後はこの大量の痛み止めを、怪しまれないように機内持ち込み荷物に入れるだけ。



Ran Ranに挑む者達

DSC04921.JPG


DSC04922.JPG


DSC04923.JPG

おなかいっぱい、ゆめいっぱい



CMB 2013 in Okinawa

All the slides are available



[日本出張12日目] 19日Wed.

朝は日本で、夕方はアメリカと、深夜はヨーロッパ・アメリカと会議。マジ勘弁。

PB-2進捗状況 @ KEK

DSC04917.JPG


DSC04920.JPG


雑感(愚痴)

無理に期限を定めてうまくいく場合と、そうでない場合は明確に違う。 あと、日頃メールの議論をフォローしていないからといって、(半ば逆切れして)ミーティング中にだらだらと演説かますのはやめてほしい。それはもう話した事だ。



[日本出張10日目] 17日Mon.

KEK到着

2ヶ月ぶりのKEK。やけに最近短いスパンでKEKに来ている気が。はっきり言ってKEKにいても、やる事はBerkeleyに居るときと同じ。 環境、時間が違う分、効率が悪くなっている。研究の面で言えば、さっさとBerkeleyに戻った方がいいが、、、。 取り敢えず、仕事の合間を縫って、病院に行くのが、今回の任務か。

病院行って、ロキソニンゲットだ! Wikipediaを読むと、薬剤師に相談すれば、必ずしも医者にかかる必要は無いようだが、、、。どうしようか。医者にかかるなら、MRIまでやってもらいたい気もするが、それだとこの短期間では無理な様な、、、。



[日本出張08日目] 15日Sat.

からあげうまうま

@実家

DSC04914.JPG


DSC04915.JPG

この出張中に、何キロ太る事になるのやら、、、



[日本出張06日目] 13日Thu.

最後の晩餐

DSC04911.JPG


DSC04912.JPG

この後、部屋呑み。まるで夏の学校のよう。



Setting

最終日の日の入り

DSC04905.JPGDSC04908.JPG

結局泳げたのは、到着したその日のみ。折角買った水着がかわいそう、、、。



Inflation Probe SAG

次世代CMB衛星はどういった事になっていくのだろうか?短期決戦、B-mode onlyの計画が10年後くらいに打ち上がるのか、 それとも何でもありのobservatory衛星が、20年後ぐらいに打ち上がるのだろうか? その頃自分は何をやっているのだろうか?Planckの人が、「俺は次衛星を打ち上げたら二台目だ」(一台目はPlanck)と言っていたが、、、



[日本出張05日目] 12日Wed.

Conference Dinner

Dinner中

DSC04890.JPG

二次会

DSC04895.JPG

酔っぱらってプールに飛び込んだりは、、、しなかった。



沖縄そば

なんだかんだ言って結構食べている。

DSC04803.JPG


field discussion

DSC04804.JPG


DSC04807.JPG


沖縄美ら海水族館

DSC04809.JPG


DSC04820.JPG


DSC04824.JPG


DSC04825.JPG


DSC04827.JPG


DSC04828.JPG


DSC04835.JPG


DSC04889.JPG


DSC04862.JPG


DSC04864.JPG


DSC04866.JPG


今帰仁(なきじん)城跡

DSC04867.JPG


DSC04874.JPG


DSC04870.JPG


DSC04877.JPG


DSC04878.JPG


DSC04882.JPG


瀬底島

開発が止まったリゾートホテル

DSC04886.JPG


DSC04883.JPG

サトウキビ

DSC04887.JPG


[日本出張03日目] 10日Mon.

OIST

こんな所に居ると、豊かなこころで研究に一層身が入るに違いない!

DSC04802.JPG


DSC04798.JPG


DSC04799.JPG

何でもOISTで研究室を持つと、年間1億円貰えるらしい。やっぱりCMB lab@OISTを実現しなければなるまい。



米軍機

DSC04800.JPG


[日本出張02日目] 09日Sun.

ホテル到着、reception、飲み会

ホテルに到着。「珍しく晴れて居る。泳がない訳にはいかない!」と鼓舞され、海パンを3000円で買って海へ(自分撮りはしないので、写真は無い)。 水が暖かい事に驚く。海で泳いだのは、エーゲ海(クロアチア)に行った時以来か。泳いだのは、チリの塩湖で以来。

DSC04788.JPG

水は綺麗なのだが、思っていたほどではない様な、、、。でも取り敢えずエンジョイ。そして最後に(たぶん)ナマコを踏んだ。


レセプションて腹ごなしをして、居酒屋で最近の日本天文・宇宙論の現状を聞く。

DSC04793.JPG


DSC04797.JPG


首里城

取り敢えず首里城行ってきた。

蝉が鳴いている。そういえば、去年は完全にアメリカに居たので、蝉を見なかった。

DSC04763.JPG

世界遺産

DSC04765.JPG

守礼門

DSC04767.JPG

わんわん

DSC04770.JPG

沖縄県立美術大学

DSC04772.JPG

首里城

DSC04777.JPG


DSC04780.JPG

岩場と松と沖縄っぽい家作り

DSC04781.JPG

ゴーヤチャンプルー食ったった

DSC04785.JPG

美味しいんだけど、やはりこの味は「ご飯のオカズ」ではなく「酒のつまみ」にあう。唐揚げとは逆。

那覇市内は、思っていたより都会だった(那覇の方には申し訳ないが、、、)

DSC04786.JPG

因にゆいれーるの車体は日立製。

観光を終え、OIST(の周辺のホテルへ)


  • 沖縄へようこそ!首里城は家の近くなので、帰省の度に周りを散歩しています(笑) -- しまぶくろ 2013-06-11 (火) 23:49:07
  • 久しぶり。そうだったのか。そういえば町中を歩いているときに、「島袋」の名を見かけた様な。 -- チノネ 2013-06-13 (木) 11:28:18
  • すごい今更だけど、しまぶくろ君、今オランダにいるんだって?同じ(昔は)頭脳循環かな? -- チノネ 2013-06-26 (水) 19:09:26

[日本出張01日目] 08日Sat.

サンフランシスコ-成田-那覇

首が痛くなってから初めてのフライト。空港で空気で膨らむ枕を買って挑む。ちょっと痛みが出たが、残り少ない痛み止めを飲んで、取り敢えず無事到着。 次は那覇へのフライト。

そして無事那覇到着。

DSC04759.JPG

会議中は会場にこもるので、実は最初で最後の那覇市内。オリオンビール

DSC04760.JPG

唐揚げ的なもの

DSC04761.JPG

そして沖縄そば

DSC04762.JPG

店主に「(沖縄出張は)ご家族とご一緒ですか(両親的な意味では勿論無く)」と言われて、リゾートの沖縄に、わざわざアメリカから出張するのは、家族と一緒に(もう一度、両親的な意味ではなく)来るもんだと理解されるんだなぁ、と改めて理解。現にそういう方も居る訳で。



PRISM

PRISM.jpg

ヨーロッパの次期CMB衛星は「PRISM」。B-PolとかCOrEとかPRISMとか、どうなっているのだろうか?というかこれ、CMB衛星ではない予感。

webページを見るに「PRISM」は色々やってしまう巨大な衛星のようだ。目的の優先順位が、

  1. Clusters survey (=SZE)
  2. Infrared Background
  3. Gravity Waves *1 (=Inflation)
  4. Spectral Distortions (=Blackbody=FIRAS越え!?)
  5. Galactic Astrophysics

だそうだ。ずいぶんB-mode偏光が低い気が、、、。つまりインフレーション解明の為の衛星では、上がらないということか。30-6000 GHzで~300 channelsという何ともすごい設計。バンド幅が皆同じ所をみると、Rotation HWPとかか。そしてFTSも積んじゃう!?すごい、全部の乗せた感じ。みんな幸せ!

我らがLiteBIRD(大文字小文字の区別重要!)については、こんなこと

Moreover, two US space missions concepts, CMBPol and PIXIE, and
one in Japan, LiteBird, have been proposed, but none has yet been funded. Among the current space
mission concepts, PRISM is the most ambitious and encompasses the broadest science case.

や、こんなことを言われてるぞ。

LiteBird is a highly-targeted, low-cost Japanese B-mode mission concept, in many respects similar to the BPol mission
proposed to ESA in 2007. With its coarse angular resolution and limited sensitivity, LiteBird would be
able to detect B-modes assuming that r is not too small and that the foregrounds are not too complicated.
LiteBird, however, lacks the angular resolution needed to make significant contributions to other key science objectives.

なんと言うか、基本的な考えがちがうのだな。

何れにしても検出限界は、LiteBIRDがdelta r=1e-3まで、PRISMはdelta r=3e-4までと大きく違う。それにしてもPRISMは、overkillではないだろうか?



06日Thu.

Okinawa 2013

明日から日本に出張。主な目的はCMB 2013 Okinawa conferenceに参加する事。 参加される皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。それでは日本でお会い致しましょう。



NSF & MEXT

なになに、NSFから今年9月にmid-scale projectの募集がかかる、と。という事は、、、ゴクリ。そう言う事か。日本の科研費も10月だと。そう言う事。



03日Mon.

雑感

ドキュメントを書け書けといわれて、たとえ書いたとしても、それを皆が、特にseniorな方が読んで下さるかは別の話。どちらかというと、自分の理解の整理と、『証拠』を作るという意味か。



02日Sun.

June bride! いや関係ないですが、、、

NOT Paper-thin

いいお肉が安く売っていたので、「paper-thinで!」とお願いしたら、「すぐには出来ないんだよ」と。え〜〜〜。今までは何だったのだ、、、。 なので家で自分で切ったら、paper-thinにはならなかった。

DSC04758.JPG



*1 Gravitational wavesでしょ。いつも言っているけど。流体の重力波になってしまう。