Diary May, 2014


29日Thu.

cat.jpg

28日Wed.

Toward an Understanding of Foreground Emission in the BICEP2 Region

例の講演の論文:

BICEP2 & PLANCK界隈

220GHzを誰がいち早く観測するか? PLANCKで解決なのか、地上実験でのO(1000)個以上の検出器での検証が必要なのか、 そもそも最近の前景放射周りの議論をしていると、なかなかきりがない。

PLANCKは偏光の結果を10月に出す言われているが、最近また延びたとかなんとか。 また、low-ellに本当に感度があるのか?という疑問も常につきまとう。 PLANCK関係者は、アメリカの色々な地上実験にも参加しているが、その辺の情報コントロールは(ある程度)しっかりしている様に思われる。 当然こういった形で、「噂」は流れて来るが。BICEP2にしても、当然関係者は居る訳で、でも一方でスライドからのデジタイズをやっていたりする。

こちらのコラボレータが言っていた、「PLANCKの最新状況は、フランス人しか知らない(フランス人が先ず見て〜)」みたいな話は、冗談なのか本当なのか。


  • B-modeの感度は、low-ellじゃなくてell~80あたりの感度が問題となるので、プランクのスキャンでも大丈夫です。プランクのデータリリースは、一番早くて10月27日だけど、まあ11月中旬あたりまでずれこむだろうね。それ以上ずれると、12月に予定されているシンポジウムに支障が出るので、そこは意地でも間に合わせてくるでしょう。220GHzをいち早く、というよりは、SPTやKeck Arrayの100GHzの方が大切だろうね。 -- コマツ 2014-05-29 (木) 22:23:53
  • なるほど。彼らのスキャンでもell=80程度であれば、諸々の系統誤差もコントロール出来ていると理解していいのですね。「11月までずれ込む〜」という情報は、これで確度が増しました :-)。Keck arrayの100GHzは素晴らしい感度を出していると聞きますね。SPTpolの90GHzは、ラボにプロットが落ちていたりするが、やはり150GHzが多数ですのであまり話を聞かないですね。 -- チノネ 2014-05-30 (金) 02:52:09

27日Tue.

DESI Collaboration Meeting @ LBNL

DESIのコラボレーションミーティングやっているのか。来てもいいよと言われたが、どうしようか。

Here’s the agenda for the DESI meeting this week:
http://desi.lbl.gov/wp-content/uploads/2014/04/desi_may_2014_agenda-v13.pdf

You or anyone from your group is welcome to come.  In particular, the 4-6 pm (in room 50-4205)
session tomorrow on x-correlation and DESI-240 would be a good venue to
discuss CMB synergies esp. for DESI-240.  CC-ing Rachel and Eduardo who are that session chair.

We’ll pick up that discussion at the end of the meeting on Friday 1:30 pm (50 Auditorium). 

-David


思いがけない出会い

飯を食いにいこうとLe Conte hallを出たところで、「日本人ですか?」と声をかけられる。日本人の院生とのこと。 折角なのでそのまま一緒に昼食。「物性」理論所属の方だが、実は村山さんと仕事をする様な分野の物性の研究しているとのこと。 なるほど、こんな感じですね。

直ぐ隣の建物で研究していながら、全く交流の無いのも不思議だが、これも何かの縁か?



バークレーを去る準備始動

何事も無ければ7/31(迄)にバークレーを去ることになる。

先ずマンションの大家と話をした。やはりこの季節は人の出入りが多いとのこと。なんでの、住人が一人disappearedしたとかなんとか、、、。 私は一年契約で、ちょうど7/31がその節目。面倒な事は起こらない筈。 後は去る際に、如何に「奇麗にして」いくか。自分でやってもいいが、業者に頼めば金はかかるが簡単。

家に付随してめんどくさそうなのは、ガス、電気、ネット周り。 何時まで使って、何時に止めて、そして何時迄に支払うか?

支払いに付随して面倒なのは、こちらの銀行口座。上記の支払いの前に口座を閉めることは出来ないので、時間差が必要。 でももし可能ならば、アメリカの銀行口座は維持しておくと便利かもしれない。 例えばAmazon (特にキンドル)、iTunes周りで。 iTunesで日本とアメリカでの為替以上の価格差(たまに倍以上とか)を見てしまうと、ばからしくなる。 其の意味では、別にこっちの口座を零にする必要は無いのか。

何れにしても、本当は最後にするつもりだった日本からのお金の転送は、最後の家賃分足りなくなったので、手続きをする。 この支払い後、口座の維持費が零になる最低限の金額($1200)を維持出来ればいいのか。

、 、 、

とここ迄書いたが、実はボスが、7/31以降のDS-2019をプロセスしている。「アテ」があれば、居続けられるが。その辺は「アテ」と「今後」をよく考える必要がある。



高エネルギーニュース

勢いに乗って、高エネルギーニュースの記事も書いちゃうよ!



25日Sun.

天文月報

EUREKAの記事を書くぞ!きっと書くぞ!〆切迄に書くぞ!、、、、と公言しておく事で、〆切を守るプレッシャーを自分に与える。



22日Thu.

偏光熊2会議

実はコラボレーションミーティング中。PB-2のデプロイメントスケジュールの数字が、現実的な意味を持ち始めたと感じる今日この頃。 夜は、コラボレーションディナー@BUILD。流石にそろそろ飽きてきたか。 ボスが買ったばかり(?)の表面タブレットを自慢していた。



B-mode Measurement Today

雑感: binをwideにとれば、PB-1のhigh ellでACTPolが勝つか? 興味深いのは、high ellからell=500までは順調にノイズが落ちていっているが、ell<500ではノイズが悪くなっている。 1/f noiseのperformance、大気・グラウンド等を落とすためのfilteringで、noise spectrumが悪くなり、かつtransfer functionも悪くなっているのか(統計を失っているのか)。

全体的に、B-mode signalを引っ掛けるにはまだ感度が足りない。



A joint analysis of Planck and BICEP2 B modes including dust polarization uncertainty



21日Wed.

The Atacama Cosmology Telescope: CMB Polarization at 200<l<9000

ACTPOLのEE paper。BBの検出、測定のクレームは無し。 思ったより早いな。SPTPolの「EE」paperが先に来るかと思ったが。 BBのプロットはありませんが、書いてみると下の様な感じ(三つのプロットの違いは、プロットの仕方だけ)。

actpol_bb_logx.png


actpol_bb_logx_zoomy.png


actpol_bb_logy.png

BBは何も見えない!まだ読みこんでいないが、zero consistentと言っているのか。見つけた:

The measured BB signal is consistent with zero as expected with the current ACTPol sensitivity.

なるほど。では感度は:

We plan to add two more optics tubes in 2014. The array sensitivity, relative to the CMB
of 2013 observations with the first optics tube is 22 uK s^1/2 in comparison to 32 uKs^{1/2} for MBAC at 148 GHz.

Array sensitivityは同じぐらい。ではマップの深さは?

This results in a white noise map sensitivity, in the sense of Figure 2 in Das et al.(2014), of 16.2, 17, 13.2, and 11.2 uK-arcmin respectively.

11 uK-arcmin。さてこれはbeam corrected? (transfer function corrected?)。というか、業界で統一したい!

気になった事: instrumental systematics error tableが無い。あれ?それが無い結果ってあり?本文には、、、ground, lunar, sunのpickup評価がある。instrumentは?

おまけでTT & EE:

actpol_tt.png


actpol_ee.png


Workshop on CLASS and Monte Python @ IPMU

登録done. もうこの頃迄には、日本にいる事でしょうから(POLARBEARのLikelihood code/dataとか、準備するべきなんだよなぁ。多分、私が+αが)。


  • 登録メール受け取りました〜。 -- コマツ 2014-05-22 (木) 03:29:50
  • 是非ともこの機会を活用して、今後のPOLARBEARのdataを使ったcosmology解析へのapplicationを、確立していきたいと思います(SPTやACTが温度でやっている様に)。 -- チノネ 2014-05-22 (木) 03:33:31

20日Tue.

卒業・論文祝賀パーティー@ボスの家

数名のD取得記念と、3本のPOLARBEARのB-mode論文を祝して、ボスの家でパーティー。 やはりこちらでは、節目節目でボスの家でパーティーがあるもの。これで何度目だろうか? 前回は、、、first light+D取得を記念したものか?

論文に多く貢献した+(多分)この夏でBerkeleyを去るという頃で、ボスから熱いメッセージを貰ったので、うれしさのあまりワインを飲んだくれる。 私が何時も呑んでいるような、安ワインではなかった気がする。 これを機に、一層研究に精進致しましょう!



18日Sun.

BICEP2界隈 其の参



15日Thu.

BICEP2界隈 其の貳

何か間違いを指摘というよりは「偏光の不確定性が大きい」という事をより明確に示した(いろんな方法で、エラーバーは大きいが似た様なBBが書ける)。 それは結局、論文内で前景放射かCMBかは2-sigmaレベルでしか区別出来ていない(indexから)こと、 そして結局、他の周波数による観測が重要であるということを示している(もしr=0.2が本当だったと検証出来たとして、将来、初検出の栄誉はBICEP2の上に輝くのか、それともその後に検証を成し遂げた実験なのか、、、。それは後の歴史家だけが知っている?)。

  • PLANCKで本当にマルチバンドでB-modeが見えるのか?
    • 前景放射差し引きはパフォーマンスは?どの手法が結局使われる?
  • BICEP2との直接比較という意味で同じ天域を比較した場合、PLANCKはnoisyし過ぎやしないか (87 nK-deg vs. few uK-deg)?
  • 地上実験で、マルチバンドでr<0.1の感度を達成出来るのにどれだけ時間がかかるか?
    • そもそも今後新しいバンドを開発し、それをデプロイし、年単位の観測と年単位の解析期間(<<これ重要。データが取れたからと言って、一週間で解析ができる訳ではない)が必要ではないか?
    • 多周波数という意味では、すでに「持って」いるSPTpol / ACTPOLが有利なのか?でも検出器の数・感度は、、、。95/90 GHzの深さは見た事無い。

結論では「According to all estimates, foregrounds may be small enough to detect a (large) primordial signal at 150 GHz without foreground subtraction, but the uncertainty on foregrounds is large and measurements at other frequencies」と言っているが、

compk.png

この絵を見ると、それ以上の何か(理論家からの)メッセージ的な物が感じられなくもない?考え過ぎ?

ところでこのKeck arrayとのクロスの数字は論文にあっただろうか?

keck.png

  • なんか、いろいろといやな世の中やね〜。ラファエルはできる子だけど、今回は完全にやり過ぎ。みんな、ビデオの1:14:28からのライマンの話を聞いて反省すべきです。"テープ起こし"をこちらにしときました。https://www.facebook.com/groups/574544055974988/ -- コマツ 2014-05-17 (土) 05:24:33
  • リンク有り難うございます。グループにも参加してみました。自分等もそうですが、どの絵をプレゼンテーションに載せるのか(そしてそれをwebにアップするのか)、論文に載せるのかは、「デジタイズされるかも」という危惧を常に考えますね。論文に成っていないからといって全く絵を見せないと、プレゼンテーションは概してつまらなくなってしまいますし(例えばESLABのスライドから、まだ論文に成っていない絵を全て取り去ってしまったら?)、一方でサービス精神(政治的な要員も含む?)で(「Preliminary」とでかでかと書いたとしても)絵を見せてしまうとデジタイズされてしまう。ただ例えば、別の実験sですが、当人側も「Preliminary」を免罪符にして、validationが済んでもいないE-modeスペクトルを見せたりするのも、human bias等の点から問題だとは思います。 -- チノネ 2014-05-17 (土) 10:06:59

14日Wed.

Cosmology: First light

But such complicated proposals are expensive and difficult to realize,
Efstathiou says. 'Keep it simple' is now his mantra.
He would like to see a small mission dedicated to observing B modes on large angular scales,
thus targeting the gravitational-wave signature alone. In effect,
it would be a BICEP2 experiment in space, says Peter Ade at Cardiff University, UK,
who has built detectors for ground-based experiments and Planck.
The technology is mature and he thinks such a mission could be ready in five years.
A Japanese-led satellite proposal called LiteBIRD could be just such a mission.
Proposed by physicists in Japan, in collaboration with experimenters in the United States,
Germany and Canada, the project could be launched in the early 2020s if it received some US$100 million in funding.
In the meantime, the researchers are developing a ground-based experimental version, called GroundBIRD.

(話の流れがLiteBIRDの意図した通りなので)誰か(関係者が)監修していたりするのだろうか?



12日Mon.

バークレー暑い。30°越え!?

デジカメぶっ壊れてた

先週の日曜日に道路を渡っているときに勢い良く落とし、実はそれに気付かずすれ違った人に追いかけてきてもらって無くさずに済んだ、2008年(頃)に買ってからずっと使っていたデジカメ(DSC-T77)が壊れた、、、

DSC05932.JPG

どうしよう、、、。後継機とかあるのかな?



No disk space!

no_disk.png

いよいよ変え時か、、、



BICEP2界隈 其の壱

某ML等でも流れている議論が、公になりつつあるという事か(中の人?)。注視したい所。 PLANCKが決定打になるのか(rの感度は、「怪しい」かもしれないlow ellからではないか?PLANCKはマップでは何も言えないですし)、SPTpolが謎システマティックを克服し、夏迄に結果を出すのか?(そんなにlow ell行けたのだろうか?)



08日Thu.

A note of clarification: BICEP2 and Planck are not in tension



PLANCK 2014 - The microwave sky in temperature and polarization

planck_ws.jpg


06日Tue.

Planck intermediate results. XIX. An overview of the polarized thermal emission from Galactic dust

一般に地上実験が観測している奇麗な空に関しては、ほぼ完全にマスクしてある。もし見せてしまうと、パワースペクトルが容易に書けるからか。 なのでこの論文のデータを使い、POLARBEARやBICEP2でのforegroundのコンタミを計算することは無理。 ただし、その周辺の「様子」は感じられる。

下の絵は一年前のESLABでのpolarization fractionとの比較。

fractionk.gif
青が0%, 赤が20%のpolarization fraction, 過去の図は"Not CIB subtracted"とある

一年前と今回とで、polarization fractionが大きく変化し、(倍ぐらい)大きくなっていることが見て取れる。 BICEP2のDDM modelによるforeground評価では、ESLABの物を(スライドから変換して)使用してる。 これがBICEP2のforeground評価にどう影響するか興味がある。


  • 今回の論文で使われた天域は単純にS/Nで決めているから、政治的な意味はないだろうね。きれいな空だからこそS/Nが低いわけで、むしろ今回の論文に地上実験の天域が含まれてない事は喜ぶべき事やね。そもそもこれらの論文は去年出る予定だったので、bicep2とも関係ないようだし。それでも、プランクの人に言わせればbicep2のダスト評価はmassiveなunderestimateだって言うから、気が重いね〜。 -- コマツ 2014-05-08 (木) 00:50:01
  • コメント有り難うございます。興味深いです。BICEP2のFGに関しては、西海岸と東海岸の(理論家の)方々も(危惧して)色々やっていると聞きます。我々としては、次のlarge patchをBICEPに被せるか(クロスチェック、相互相関等で有利)、それともFGの素性のもっと良い(今迄観測してきたsmall patchを中心とした)、完全に独立なpatchを見るか悩んでいる所です。 -- チノネ 2014-05-08 (木) 02:42:44
  • BICEP fieldはSPTがすでに観測してるんだよね? 取れる観測時間で、同じ南極にあるSPTには負けるだろうから、負け戦を挑むよりは独自路線の方が良いんじゃないかなあ。あと、polarbearのマルチバンドはいつごろ始められそうなの?(single frequency detectionはやっぱ怖いよね。。) -- コマツ 2014-05-09 (金) 10:27:36
  • SPTpolもそれなりの深さで、BICEPパッチを観測しています。ジョンは夏迄に出すと言っていますが、クロストークやスキャンシンクロナスシグナルで苦労している話を、ローカルでは良く聞きます。でもジョンなのでそれ迄にはどうにかするのかもしれません。我々のマルチバンド観測は計画通りにいって、2015年度にPB-2に移行した際です(95/150 GHz)。我々のパッチ選択は、何時PB-2に移行出来るかにも関係していて、移行前に現行の装置でどれだけの感度を達成出来るかが問題です。次の1-2年を現行の装置で観測した場合、PB-1単独でのr検出確度が分かります。これが意味のある数字なのかが問題です。PB-2で引き続き同じ場所を観測し続ける事は可能ですが、この場合結果を出すのに更に時間がかかってしまう恐れがあります。一方で、クロスコリレーションでの確度も計算出来ます。現状としては、この2つの大小とその意義を色々と吟味しているといったところです。ただ最近のBICEPパッチの動向を見ていると、今後そこに時間を費やしていいものかと、危惧する所でもあります。 -- チノネ 2014-05-13 (火) 12:47:26

05日Mon.

日本のGWも終了?

Anh Hong (vietnam restaurant)

DSC05927.JPG


DSC05928.JPG


DSC05929.JPG


04日Sun.

UC Botanical Garden

DSC05764.JPG


DSC05766.JPG


DSC05768.JPG


DSC05777.JPG


DSC05783.JPG


DSC05785.JPG


DSC05786.JPG


DSC05788.JPG


DSC05790.JPG


DSC05793.JPG


DSC05791.JPG


DSC05796.JPG


DSC05804.JPG


DSC05808.JPG


DSC05809.JPG


DSC05812.JPG


DSC05817.JPG


DSC05820.JPG


DSC05823.JPG


DSC05825.JPG


DSC05832.JPG


DSC05839.JPG


DSC05844.JPG


DSC05845.JPG


DSC05848.JPG


DSC05850.JPG


DSC05853.JPG


DSC05854.JPG


DSC05858.JPG


DSC05860.JPG


DSC05863.JPG


DSC05867.JPG


DSC05870.JPG


DSC05874.JPG


DSC05881.JPG


DSC05894.JPG


DSC05896.JPG


DSC05907.JPG


03日Sat.

Mountain View, Computer History Museum, and Google

DSC05698.JPG


DSC05727.JPG


DSC05699.JPG


DSC05702.JPG


DSC05709.JPG


DSC05710.JPG


DSC05717.JPG


DSC05723.JPG


DSC05724.JPG


DSC05729.JPG


DSC05732.JPG


DSC05740.JPG


DSC05744.JPG


DSC05745.JPG


DSC05754.JPG


DSC05755.JPG


DSC05757.JPG


DSC05758.JPG


DSC05760.JPG


02日Fri.

Yosemite National Park

DSC05588.JPG


DSC05599.JPG


DSC05603.JPG


DSC05606.JPG


DSC05615.JPG


DSC05622.JPG


DSC05626.JPG


DSC05630.JPG


DSC05633.JPG


DSC05641.JPG


DSC05645.JPG


DSC05647.JPG


DSC05655.JPG


DSC05658.JPG


DSC05667.JPG


DSC05665.JPG


DSC05676.JPG


DSC05681.JPG


DSC05690.JPG


DSC05692.JPG


DSC05693.JPG


DSC05696.JPG


01日Thu.

Alcatraz Island

DSC05514.JPG


DSC05516.JPG


DSC05517.JPG


DSC05522.JPG


DSC05524.JPG


DSC05526.JPG


DSC05530.JPG


DSC05533.JPG


DSC05534.JPG


DSC05536.JPG


DSC05539.JPG


DSC05543.JPG


DSC05549.JPG


DSC05552.JPG


DSC05554.JPG


DSC05559.JPG


DSC05562.JPG


DSC05564.JPG


DSC05566.JPG


DSC05569.JPG


DSC05570.JPG


DSC05575.JPG


DSC05577.JPG


DSC05580.JPG


DSC05581.JPG


DSC05582.JPG


DSC05583.JPG


Golden Gate Bridge

DSC05444.JPG


DSC05445.JPG


DSC05447.JPG


DSC05451.JPG


DSC05457.JPG


DSC05460.JPG


DSC05467.JPG


DSC05488.JPG


DSC05507.JPG