Diary February, 2016


29日Mon.

バークレー同期会

DSC03093.JPG

弁護士は元より、裁判官の方なんかともお知り合いになれた。日本に居てはまず合うことの無い方々。裁判員裁判での死刑が、最高裁で覆った当事者とか。



27日Sat.

恒例の

だんしかい。二週間に一度確実に

DSC03084.JPG


DSC03085.JPG


DSC03086.JPG

はまちで一杯

DSC03087.JPG

久保田

DSC03089.JPG

ニシンのパイ

DSC03091.JPG

UCSDの教授は誰になる?



26日Fri.

2015 Tax Return

Done!

今年も毎年お世話になっている会計士の方に依頼。 2015年は「源泉徴収されていない日本の給与」と「源泉徴収されているアメリカの給与」を申請する必要がある。 普通よりは面倒なのかもしれないが、今までに比べれば遥かに楽。 でもまぁ任せた方が楽でいい。勿論ただではないが。

そして今回、始めて還付を受けられる予定。 今までの場合、源泉徴収されていないアメリカの所得があったので、X千ドルとかTax returnの際に払ってきた。 今回はアメリカの所得は源泉徴収されており、日本の給与では徴収されていなかったが、アメリカで十分徴収されていたことから、結局は還付となった。

今から始めての還付が待ち遠しい。



25日Thu.

The LiteBIRD Dinner

@ Great China

DSC03080.JPG


DSC03081.JPG


DSC03082.JPG


24日Wed.

BJAN & Cat

BJANは主に後半。セキュリティの話。面倒なパスワード認証を早く無くせる様に祈っております。

DSC03076.JPG

帰り道にねこに遭遇。皆でかまう & 写真を撮る

DSC03078.JPG

ねこ〜

DSC03079.JPG

もふもふ & ふかふか。いいとこのお嬢さん?



「大型施設計画・大規模研究計画マスタープラン」 に関するシンポジウム のスライド

LiteBIRDは『非加速器素粒子原子核実験(Lite Bird を含む)』の中。 まぁ、ノーベル賞等々で景気がいい高エネルギー実験分野に於いて、最早我々は窓際族。 みんな研究のモチベーションに「宇宙の〜」みたいに言うが、本当に宇宙をやっている我々だけだし、多分高エネルギー実験分野でやるべきこととは依然思われていない。



22日Mon.

LiteBIRD『教授』公募@JAXA(特任じゃないよ!)

遂に出たぞ!ようやく出たぞ!そして初耳だぞ!

prof0.png
prof1.png

まぁ私が応募する案件ではないが、「教授」となると候補がかなり限られて来る。あと「博士号を宇宙理学分野で取得していること」も気になる。 普通、物理学科で取得する博士号は「博士号(物理)」で、これって「宇宙理学分野」の博士号なのだろうか? 博士論文が宇宙(物理)であればO.K?寧ろ誰かを狙い撃ち?

でもいきなり教授か、、、。 (肩の荷が下りた*1)Astro-h改めひとみ関係者だろうか? もしかして国外からの招集*2!?


  • へー!初耳。すごいね。ミリ・サブミリで世界レベルの技術開発の実績だって。求められる仕事もすごいね。ペイロードの開発とプロジェクトマネージャーをどっちもやれ、的な。 -- コマツ 2016-02-23 (火) 17:51:45
  • そうですよね、要求がすごい。国内では誰でしょうかね?もしかして国外(Planck関係者とか?)を前提としているのかも知れませんね。 -- チノネ 2016-02-24 (水) 02:55:53
  • 国外はないんじゃないかなー。NECとか三菱とかとの交渉あるしね。 -- コマツ 2016-02-24 (水) 22:02:51
  • 普通に考えればそうなんですよね。やっぱりそうすると、准教授クラスの国内コラボレータ or astro-h関係者、又はastro-g関係者辺りでしょうかね。 -- チノネ 2016-02-25 (木) 06:50:49
  • どうなんだろね。ひとみちゃんはミリ・サブミリじゃないしね。astro-gはどっちかっつーとセンチだけど、それなりの人がいるのかもしれないね。今のlitebirdの人を見渡しても、開発は良くてもマネージングまでできる人で、次に教授くらいの人はすぐには思いつかないね。 -- コマツ 2016-02-27 (土) 02:37:07

21日Sun.

風邪からようやく(殆ど)復帰



17日Thu.

日帰りスタンフォード。Tシャツゲット!これを着てバークレーを闊歩すると殴られる、と。



16日Tue.

H2AF30

打ち上げは成功。でも衛星関係者はこれからが正念場か。 次の(H2AかH3で打ち上げる)科学衛星には是非我々のLiteBIRDを!



14日Sun.

Picasa終了

この日記に写真を貼付ける際には、Picasaにアップロード、リンクURLを取得、リンクURLを貼付け、という手順を踏んでいる。 ところでなんとPicasaがサービスを終了するらしく、 このリンクURLのこの後の取り扱いがとても気になる。 勿論、Picasaが無くなっても写真データが無くなる事は無く全てGoogle photoに移行される訳だが、このリンクURLがどうなるかは言及されていない。 同じ様な使い方をしている人は居るだろうし、そもそもこのリンクURLがPicasaに特化した物というよりは、googleのサービズ全般のもののようにも見える(https://lh3.googleusercontent.com/XXXXとか)ので、Picasaの存続に関係なく、存在し続けるのではないだろうか?と希望を抱いている



13日Sat.

男子会

バレンタインイヴですが、恒例の。

DSC03058.JPG

ラスプーチン

DSC03059.JPG


DSC03062.JPG


DSC03063.JPG

ハマチ

DSC03065.JPG

まぐろ

DSC03069.JPG

いか

DSC03070.JPG

宴も闌

DSC03072.JPG


11日Thu.

Kindle復活

DSC03053.JPG

今度は防水対策もばっちり

DSC03057.JPG

ぴったりのサイズのziplocを調査した(ziploc freezer bag pint)ので、盤石のはず。 新しいKindleは反応速度が改善しているのも、うれしい副産物。



Posdoc Salary

ポスドクの給料は短大卒のそれと同じだ!

salary.png

カリフォルニアに海外学振で来ると、大体このぐらいの感覚だろうか?



Congratulations!

これは、、、foregroundではない!(paper)

detection_ligo.png

、、、、データが「それ」っぽくて、観測出来てる気になる。

最後の読売新聞社からの『「直ぐに」稼働するKAGRAに期待する事は?』という質問に対しての、 KAGRAの先駆的なところ(冷やすよ!)を褒め讃える紳士的な対応、 というか勝者の余裕というか、そもそも眼中に、、、げふんげふん、、、みたいな物を感じた。 そして最後には「KAGRAが(まともに)動くのは2018-2019年」と釘を刺す。 日本の報道を見るとKAGRAが今にでもLIGOと同じ様に「稼働」するかの様な報道が見られるが*3、 実際冷えて本領発揮出来るのはまだ先。

ligo_noise.jpgaligo_noise.jpg
今回のLIGOのノイズ (paper)とLIGOのフル感度。今回から3倍は良くなるとか (summary)
iKAGRA.jpgLCGT_BW20091.jpg
今度動くiKAGRA (parameters)と冷えたKAGRAのフル感度(2018-2019?)(parameters)

LIGOはこれから3倍感度が良くなる可能性がある(まだ伸びしろがある)。 iKAGRAは現在LIGOと比べても3桁近く悪い。フル感度になってコンパラ。

KAGRA (宇宙線研; 梶田さん)からの公式見解


実験・解析面から何がすごいって、発表当日にはデータを公開してしまっているという事。 色々と意見はあると思うが、実験データを積極的に公開していくことは、どんどん大規模化している天文実験には必要不可欠。 一方で、只公開すれば言い訳ではなく、公開する為にはそれ相応の労力が必要。 そこにどれだけリソースを割けるかというのも、今後重要になってくるはず。 穴掘っただけで金がつきてしまうようではだめなはず。



10日Wed.

Kindleぶっ壊れた

この表示から一向に進まない。充電も出来ない。再起動してもこの表示に戻るだけ。 ぶっ壊れたか、、、。やはり水が入ってしまったか?

DSC03052.JPG

、、、、、、、、ぽちっとな



08日Mon.

ニコニコ顔

朝のミーティング前に、先週NSFとかNASAとかに行ってきたボスがニコニコ顔で言いました「後はJAXA次第。我々がすべきことは、『適当な』プロポーザルを書いて、あとは日本側が通るようにサポートするだけ。日本しっかりね!」とかなんとか。笑いが止まらないのか、今日は終始ご機嫌。



LIGO

ligo.png

from http://www.ligo.org/news/media-advisory.php

5-sigmaらしいですね*4。black hole binary?いよいよですね。 米国の木曜日 EST 10:30 AMなのでPST 7:30 AMか。木曜日は朝のミーティングも無いので、ちょうどいいタイミング。


皆様

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、2月11日(木)午前10時半(米国時間)に、重力波実験施設であるAdvanced
LIGOが記者発表を予定しています。

http://www.ligo.org/news/media-advisory.php

東京大学ビッグバン宇宙国際研究センターは、2月1日よりKipp Cannon氏を准教授としてお招きし、KAGRA重力波データ解析国際協力部門を開設しました。
Cannon氏は、上述の記者発表に関係した論文の共著者のお一人でもあります。そこで、2月12日にビッグバン宇宙国際研究センターと物理学教室合同談話会を開催し、
この最新の結果をお話し頂くことにしました。ご興味をお持ちの皆様の来場を歓迎致します。

 東京大学大学院理学系研究科・理学部
 ビッグバン宇宙国際研究センター・物理学教室合同談話会

 日時 2016年2月12日(金) 16:30-18:00
 場所 東京大学理学部4号館2階1220号室(本郷キャンパス)
 講師 Kipp Cannon氏 (東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター)
 題目 "Results From Advanced LIGO's First Science Run"
 要旨
  In its first 400 hours of operation, Advanced LIGO had already
surveyed a larger spacetime volume than all previous gravitational-wave
detection experiments combined.  I will discuss some of the conclusions
drawn from this early effort.

須藤靖

公然の秘密ではあるが「論文の~」とか言っちゃっている。



06日Sat.

Todo

三月までの行事

  • S-4 meeting @ Berkeleyにむけた執筆
  • Tax return w/ CPA
  • 泉萩会会報の執筆
  • CMB勉強会@IPMUのスライド作り
  • 天文学会のスライド作り
  • 物理学会のスライド作り
  • H1-Bビザ関連の(最終)確認

本当はこれに加えて2nd season paperの執筆もあったのだが、、、。



05日Fri.

XX日の金曜日

日にちに関係なく最近の金曜日はちょっとtoughですね、、、。 夜から、ミーティングがある午後2時直前までコードを走らせたりプレゼンを作っていると(ランチセミナーなんかも入ると)、 なるほど昼飯が食えない。だからといってミーティング終了後、 心晴れ晴れと遅い昼食を食べられるかと言うとそんなことも無い。 寧ろそのまま普通に仕事をし、夜、憂さ晴らしにご飯を腹一杯、、、。 なのでダイエットにもなりゃしない。



04日Thu.

なんだろうこれ?

以前イタリアかどこかでやった研究会の収録か何かか?何と言うか、、、



学部の頃に聞かされました

随分と古い記事を見つけた


  • これまた懐かしい(笑) -- コマツ 2016-02-05 (金) 20:25:19
  • こんなのも:www.asj.or.jp/geppou/archive_open/1998/pdf/19981107c.pdf -- コマツ 2016-02-05 (金) 20:26:51
  • Wow! 初めて見ました!こちらの方が写真が見やすく、(皆さん今でもお若いですが)皆さんすごく若い! -- チノネ 2016-02-07 (日) 09:51:01

03日Wed.

仙台滞在

このままだと物理学会の際の3/19の仙台滞在は日帰りになりそうだ。 6時半東京発のはやぶさにのれば、9時開始のLiteBIRDシンポジウムにはギリギリ間に合う計算。 20日も早朝の東京発の新幹線に乗らなければいけないので、19日は出来れば東京まで帰っておきたい。 でも(CMBの)愉快な仲間達と「議論」をする為には、19日夜は仙台に居なければ行けないのだが、、、。どうしたものか?




*1 実際はこれからも大変だとは思うが、次のという意味も含めて
*2 もしかしてではなくて、LiteBIRDなら普通にあり得る気もする
*3 研究者が「そう」言っているから仕方が無いが
*4 例えsignificance大きくとも、その解釈が間違っていては意味は無い訳ですけどね。教訓教訓。