Diary April, 2018


29日Sun.

男子会 w/ Professors @ Univ. of Tokyo & Kyoto

久しぶりの

Zs5Bi5ua_UOpcpstTI1-_tFObMd_FENQdowzFCG2Kw8vKJvRdYZoOhKpdigzrPD_3rD_cSCokBZpeA6Tp85Q6dWDZCjXKg0N1xrp0tA9uYhiqEXNNCXfZhfH-7biuv9xV28zwz6UUyU=w800-no-tmp.jpg


E1ui9yhL0oepmE_5WFS3Hx9Mvc7IOpjaJyyEZ8u8_SZKMboZBxT034FRhSbjMRIaKhhhPi27R7kgsjVD-nvn54lO9fBNikmuUD8n63wdb9XXQA3LImKFanJ3u4ldBIjjmstW1lErfIg=w800-no-tmp.jpg

日本の頭脳(東大・京大教授クラスと)と

l5EzM_BVVIY0uaS49L2_QrbnI-3lct1NbkMp7IVrpGAC77fr_6UGuv9GLwPSHVhI_Gqh4sSMWieE2r6XcqcZOHqciuRsDIn4oMorhn6uW0wBL3hx-Rgy2K00LXVIYDd84s5QKugiF8Y=w800-no-tmp.jpg


理研「白眉」

わざわざ「白眉」と付けているあたり、京大との暗黙の了解みたいなものを感じる。別に「白眉」って単語はそんなに普遍的な言葉ではない気がするが。逆に張り合っているのか?とか思ったら、そもそも「白眉©」みたいなものか、企画者が同じ。

待遇(年収)としては、普通の国立大学の教授よりいい感じ。



27日Fri.

こっち見んな @ UC Berkeley

なんぞ

GUZ-XMbGfA_yVPmAXMT5JspNwQra18PBbTlsg6q90l4_6V0DeUqYApaQk2oTKvyH_MLqtYbXmqCSPC3EsWrPw2iEWR_tFzQS74uxBQiBarru93bHrQyintqY5HGFyLVFpgIIUwqwNEo=w800-no-tmp.jpg

もふもふ

xdfhyTvRmVl6_6MhXSMG6D1seNYHhuZusVZKLUbcSc5OwKsuLCFlSKehR8TeOTfcohGTSaEjbxZE2F872BjK59uJmLfIiN_dGAwG_c31vv3G35LhBIEzbmZIwx8IIXEVNeSTMQcjiLo=w800-no-tmp.jpg

ここはUC Berkeley

NlCLa3_B2aRIfBlieeJgS3AkKN58Iq6ztmPWTEQewyZDCvwnNp64un5e72J861_okYD5ApEJ2jRZHuLM4OJoyFmg9SbW3-KETN44PYBXBU0O98uls_oANkN61bjzHzdlC8cabtyL22w=w320-no-tmp.jpg

こっち見んな

M74GOCq7S56iSkqpdfZ4Nxu_yCJ9mOWOZMmteOWjIObSLyCsefv5UwGNvs43qzTDusKSGdEE7rq11_mwkNu6G1wSZ1b2siUHgWd0G0KFIpuLVxBFMnh2HOQp_3l2E0p7Luh35JDYa9w=w800-no-tmp.jpg

これはチリでの写真

hoqdAXIm-xVWzC1d_JvSK4G6S5GI4tYhzsnEA1-d4-Eo5Emx3G-apvBEmejcQIAMx8t-eWhwUzNAJxghd16WuI-1MscJYyNOWC1B9kMKvDmUAwsuJwD9mh6x0u8BmvfRtMmqiaGYPMw=w800-no-tmp.jpg


25日Wed.

NIKA

地道に偉い。きちんと系統誤差もある。NIKA2ではないが。



23日Mon.

逃した魚はでかい

Kindle版なら$15!? 買っとくか?

ところで、コラボレーション的にどうなんだろうか?ブライアンだからうまくやっているとは思うが、、、。



22日Sun.

日曜日

今日も最高の天気。色々イベントがあると聞くが、最高の天気のもと申請書を書く。

ところで卓越研究員は『本日更新分をもって、4月6日までにポストを提示した機関のポスト情報が公開された。現在「平成30年度卓越研究員事業 公開ポスト一覧」に掲載されている機関が、今後12月までの間にポスト情報の修正・追加ポストの申請がありえる研究機関となる』とのこと。これでようやく最終決断が下せる。

数物系、宇宙・素粒子物理系は結局、、、、(MMX, SPICA, Bepi Colombo以外は)無い。

年齢制限で引っかかって出せない「電気通信大学 教員公募(テニュア・トラック助教)(電磁環境計測分野)」がtennetには流れたが、現時点でリストに載っていないのはどういうことだろうか?

dentsu.png


21日Sat.

BBQs

BBQ日和の天気。BBQのはしごでこんがり焼けた。新しい知り合い、久しぶりの野球(もどき)、知人のお子さんの成長のはやさを感じた。



16日Mon.

気が抜けないぜ

平成30年度 公開ポスト一覧。締切は26日。

deadline.png

締め切り2週間前にしてポストがガッツリ増えた。もしかして、締め切り3日前とかでもまだ増えたりするのか?

inc.png


15日Sun.

「大学をとりまく環境」

やっぱりアメリカに移住した方がいいのか?



日本社会の縮図

....
○新妻大臣政務官 
城井委員、御指摘ありがとうございます。
ポストドクターは、我が国の研究活動の重要な担い手であり、実績を積んだポストドクター等の若手研究者が挑戦できるポストの拡充は大変重要であると認識をしております。
このため、文部科学省におきましては、優秀な若手研究者が安定かつ自立したポストについて研究できる環境を実現する卓越研究員事業や、教員業績評価制度の適正化や年俸制、
クロスアポイントメント制度の活用などの国立大学における人事給与マネジメント改革の推進により、若手研究者のポストの確保を図っております。
...

「図っていても」その内容が失敗していればどうしようもない。卓越も年俸制もクロスアポイントメントも、ポスト確保に何ら寄与していないのでは? 卓越は既存のポストとの抱き合わせだし、なんで年俸制が「若手ポストの確保」になるのか不明。クロスアポイントメントにして若手のポストが増えるのか?

また、研究現場を支える職員の雇用形態につきましては、労働関係法令に基づき、各法人が適切に判断し、定めるべきものと考えております。
改正労働契約法の趣旨を踏まえ、各法人が適切に対応していただけるよう、引き続き厚生労働省と連携をしながら情報提供や制度の説明を行ってまいりたいと考えております。
今後とも、我が国の将来を担う若手研究者の研究環境の整備を図ってまいります。

「各大学・研究所の判断なので文科省・厚生労働省は関係ない、彼らに文句を言ってくれ。我々は「説明」しているので責任は果たしている。」一方「ポジションがないので雇い止め。ポジションを作るにはお金が必要。それが削減されている。」平行線なのでは?



12日Thu.

卓・越・研・究・員!

平成30年度 公開ポスト一覧。数物系は微減:

taku1.png

めぼしいのはJAXAだけか?

E0401

e401_spica.png

SPICAは特別?LBとは比較できない。

E0403

e403_earth.png

BepiColomboはGoサインが出ている

E0404

e404_mmx.png

MMXはお国の肝いり。



6日Fri.

SPICAは特別

SPICAには公募が出るということは、SPICAはJAXAにとってスペシャルなのだろう:

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
宇宙科学研究所 助教 公募
「募集要領」

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、下記のとおり助教(教育職)
の公募を行いますので、広く適任者の推薦、応募を求めます。

1.    公募職種および人数: 助教 (教育職) 1名

2.    配属予定部署:宇宙科学研究所 宇宙物理学研究系
......
(1) 中間赤外線観測装置 SMI の開発・製作の推進、または、
(2) 観測ミッションモジュール(PLM) 開発・製作の推進、

に従事していただくことを予定しています。これまでの研究分野によらず、
2020年代後半における天文学への展望を持ちつつSPICA計画を推進する能力と
意欲を持った方の応募を期待します。また、JAXA 教育職として、JAXAが
果たすべき大学共同利用の役割を理解し、大学等の研究者と協調して研究を
遂行するとともに、JAXA 内の各種活動に積極的に参加し、専門研究能力を
活かして研究開発やプロジェクトに貢献すること、また、大学院学生の教育・指導に
携わることが求められます。

「教育職」とは一体?「教育職」ではなくとも普通に院生の教育・指導はするだろうし。


  • これって卓越? -- チノネ 2018-04-11 (水) 01:52:13

5日Thu.

鼻炎がひどい。雨が降る前だから何かの花粉が飛んだ?



2日Tue.

no tension if unknown systematics marginalized ?

これがconservativeか?よくわからないsystematicsを取り敢えずmarginalizedするからconservative。当然、最終的な統計誤差も増える。わかった上でやればそっちに統計誤差を食われることがないのでoptimal?よく読む。ちなみにこの「よくわからないからmarginalized」は実験家個人としては嫌い。



2日Mon.

Planck new (final) results will be available at least by May???

○宇宙科学談話会(第121回)
日時:2018年5月9日(水)16:30〜17:30
場所:宇宙研新A棟2階会議室A(JAXA相模原キャンパス)
題目:ESA Planck Mission
講師:Jan Tauber(ESA)
概要:
This talk will present an overview of the Planck mission, including a
brief outline of its development and of some of the challenges that it
presented. I will then review the most recent Planck data and results,
with emphasis on polarization. The use of CMB polarization data from
Planck confirms the best-fit Lambda-CDM model obtained with Planck
temperature-only data, and improves the accuracy with which cosmological
parameters are determined. The most recent results based on polarized E-
mode and B-mode CMB power spectra at large angular scales have
significant implications on our understanding of the epoch of
reionization and primordial gravitational waves. If there is time, I
will also present some of the latest analysis of polarized diffuse
galactic foreground emissions based on Planck data. Both the synchrotron
and dust emission maps obtained from Planck reveal new facets of the
galactic interstellar medium.
言語:英語

「The most recent results based on polarized E-mode and B-mode CMB power spectra at large angular scales have significant implications on our understanding of the epoch of reionization and primordial gravitational waves.」とかあるので、rに対してB-modeの測定からなんか言えちゃうよ(もちろんBK14を超えることはないが)ということだろうか?それともBICEPと既に合同解析していて、その結果もこの機会に一緒に公開ということだったり?



「Tensions between direct measurements of the lens power spectrum from Planck data」

Antony Lewisとかも言っている:

BBからのA_Lは考えなくて良い?感度が足りないか?よく読む。



天文台新所長

最後の「スペースミッションへの展開」ですが、これは上記の将来計画の議論の中で位置づけていくべき重要事項の一つです。
そもそも、国立天文台は「今後スペースに関わっていくのか?」、あるいは「いかないのか?」、「関わっていくのなら、どの程度のレベルで関わっていくのか?」が問われる時が来ています。
地上の天文学での先端技術開発や大型プロジェクトの着実な実施を行っている国立天文台が、「ひので」の成功で示されたように、
衛星や探査機に搭載する観測装置の開発にたいへん有利な立場にあることは、あまり理解されていません。
地上も宇宙も大きな差異があるわけではなく、地上で実証してこそスペースへの適用が可能となります。
国立天文台は、この潜在力をもっと活用すべきだと思っています。
地上天文学の発展という国立天文台の本務をわきまえた上で、ISASではできない高度な観測装置・ミッションを提案・実施していくことを検討してよいのではないでしょうか。

CMB(地上)、CMB(衛星)!



OIST

なぜかSteven Chuが祝辞。関係者?今はスタンフォードだから?*1初代所所長はSLACだから?。でも大学ではないか。




*1 いろいろあったとされる