茅根は2011年春に博士後期課程を修了し、2011年夏からはUniversity of California, Berkeley (UCB)に在籍しておりました。 2019年の秋に東京大学へ移動し、現在は日本を拠点に地上CMB (Cosmic Microwave Background radiation, 宇宙マイクロ波背景放射)実験・観測を中心とした研究を行っています。 CMB観測や光赤外サーベイ観測を中心に、基礎物理や宇宙物理の検証を進めていますが、 特に「原始重力波起源Bモード偏光観測による宇宙開闢/インフレーションの解明」と「重力レンズ起源Bモード偏光によるニュートリノ総質量の測定と階層構造の決定」を進めています。

最近の理論宇宙物理学は観測データの解析と解釈が大きなウェイトを占めています。 私は観測プロジェクトに深く関わりCMB実験の装置、観測、解析、科学成果を一貫して扱うことで、優れた成果を実現することを目指しています。 日本での就職活動も行っていますので、よろしくお願いいたします。

所属 (Affiliation) / 業績 (Publication)

  • 連絡先
    • chinoney<At>gmail.com
    • chinoney<At>cmb.phys.s.u-tokyo.ac.jp
    • chinoney<At>phys.s.u-tokyo.ac.jp
    • chinoney<At>g.ecc.u-tokyo.ac.jp
    • chinoney<At>post.kek.jp
    • chinone<At>astr.tohoku.ac.jp
    • chinoney<At>berkeley.edu (dead)
    • ychinone<At>lbl.gov (dead)

博士論文(Ph.D. thesis)

  • Measurement of Cosmic Microwave Background Polarization Power Spectra at 43 GHz with Q/U Imaging ExperimenT

受賞歴 (Prizes, Awards and Honors)

  • 2015年: 第7回泉萩会奨励賞 (web頁)
  • 2004年: 平成16年度青葉理学振興会奨励賞 (pdf)

競争的資金獲得状況 (Grants)

KAKEN

  • ビッグバンの起源を探る-最先端の超伝導技術と史上最大の望遠鏡群で挑むCMB測定
  • 次世代マイクロ波望遠鏡群で探るインフレーション起源重力波と宇宙の暗黒成分
  • 最新のマイクロ波望遠鏡で探るインフレーション起源重力波と宇宙の暗黒成分
    • 科学研究費補助金: 新学術領域研究(研究領域提案型)「公募研究」
    • 研究期間: 2018年4月 - 2020年3月 (平成30年度〜平成31年度)
    • 4,940千円 (直接経費 : 3,800千円、間接経費 : 1,140千円)
    • 代表者: 茅根裕司
    • https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PUBLICLY-18H04347/
  • 宇宙マイクロ波背景放射偏光観測実験「QUIET」によるインフレーション理論の検証

研究 (Research)


polarbeark.jpg
POLARBEAR on 2012
photo_w_paul_at_chile_on_2012.jpg
deployment w/ Paul Richards
httkkk.jpg
POLARBEAR deployment on 2011/2012
quiet_telescope_w_ugs.jpg
QUIET site

集合写真 (Collaboration Photos)

QUIET / POLARBEAR / Simons Array & Simons Observatory

sa_s2s_collaboration_photo_2020_summer_small.jpgso_ff2f_collaboration_photo_2020_summer_small.jpg
2020-08, Simons Array meeting @ UCB (Zoom)2020-08, Fifth Simons Observatory meeting @ Princeton (Zoom)
2019-07_SO_F2F.jpg2019-07_SA_F2F.jpg
2019-07, Fourth Simons Observatory meeting @ UCB2019-07, Simons Array collaboration @ UCB
CollaborationGroup.jpg2018-07_UCSD_F2F.jpg
2018-06, Third Simons Observatory meeting @ UPenn2018-07/08, Simons Array collaboration @ UCSD
2017-06_UCSD_F2F.jpg2017-06_LBNL_F2F.jpg
2017-06, Second Simons Observatory meeting @ UCSD2017-06, Simons Array collaboration @ LBNL
2017-03_KEK_F2F.jpg2016-10_Princeton.jpg
2017-03, Simons Array collaboration @ KEK2016-10, First Simons Observatory meeting @ Princeton
f2f_ucsd_2016-08_small.jpgpb_2015-07_small.jpg
2016-08, POLARBEAR collaboration @ UCSD2015-07, POLARBEAR collaboration @ UCB
2014.08.14.PBF2F_UCSD_small.jpgkek_f2f_meeting_2013-03_small.jpg
2014-08, POLARBEAR collaboration @ UCSD2013-03, POLARBEAR collaboration @ KEK
ucsd.pngpeople_httk.jpg
2012-04, POLARBEAR collaboration @ UCSD2011-12 @ the POLARBEAR site
pb_group_2011.jpgquiet_mtg_2009.jpg
2011-11, POLARBEAR group @ UCB2009-06, QUIET collaboration @ Fermilab

CMB-S4

s4_ff2f_collaboration_photo_2020_summer_small.jpg
2020-08, S4 meeting @ UChicago (Zoom)
2019-10_S4_F2F.jpgCMB-S4_2018-1-photo_480px.jpg
2019-10, S4 meeting @ UCSD2018-09, S4 meeting @ Princeton
GroupPhoto_small_2018-03_ANL.jpg2017-08_Harvard_F2F.jpg
2018-03, S4 meeting @ Argonne National Laboratory2017-08, S4 meeting @ Harvard
group_photo_2017-02_SLAC.jpg2016-03_LBNL_F2F.jpg
2017-02, S4 meeting @ Stanford2016-03, S4 meeting @ LBNL

「茅根」 (What's "Chinone")

茅根」見慣れない苗字ですね。読みは「ちのね」。

Wikipedia
茅根 氏
大橋城
城の来歴は今一つ明らかではないが、佐竹家臣茅根氏が城主と伝えられる。
航空写真 by Google
Chinone
キノン in ドイツ語
茅根町
茨城県常陸太田市茅根町
DSC04087.JPG

My web pages