#contents

**Rreferences [#x97e37b7]
-[[科学技術計算システム FAQ 応用編@農林水産研究情報>http://www.affrc.go.jp/ja/info/scs/faq/scs-faq-apply.htm]]
-[[琉球大学 情報工学科>http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp:16080/howto/index.php?Howto%2FTORQUE]]
-[[黒ぶちメガネのサーバ構築まとめ>http://www.kurobuti.com/linuxserver/index.php?option=com_content&view=article&id=45&Itemid=47]]
-[[iBio>http://ibio.jp/index.php?torque%C0%DF%C4%EA]]
//-[[iBio>http://ibio.jp/index.php?torque%C0%DF%C4%EA]]
-[[Managing PBS cert Queue>http://www.bo.infn.it/alice/introgrd/lcg3-0/node26.html]]

*TORQUE + maui [#yf7fc4d0]
スケジューリングサーバMauiとキューシステムTorqueを組み合わせればジョブ管理システムを作ることができる。

-TORQUE(Tera-scale Open-source Resource and QUEue manager)
--Cluster Resource社が、Open PBSをもとに開発されたフリーのパッケージである。Open PBSは1998年に開発が終了しており、Open PBSを改良して開発が行われているのがTORQUEである。
--[[PBSについて>http://en.wikipedia.org/wiki/Portable_Batch_System]]
-maui
--[[Maui Scheduler Administrator's Guide>http://www.clusterresources.com/products/maui/docs/mauiadmin.shtml]]


#ref(torque.png,center)


*How to use TORQUE + maui [#xd940c3f]

**ノード設定 [#y6f2a850]
Edit '''/path_to_torque/server_priv/nodes'''
 cmbcs001.kek.jp np=4
 cmbcs002.kek.jp np=4
 cmbcs003.kek.jp np=4
 #cmbcs004.kek.jp np=4
then restart:
 /etc/init.d/pbs_server restart
 /etc/init.d/maui restart

**基本コマンド [#s30b39cd]

|LEFT:COLOR(red):|LEFT:|LEFT:|c
|qsub |jobを投げる|[[man qsub>http://linux.die.net/man/1/qsub]]|
|qstat|キューの状況を確認|[[man qstat>http://linux.die.net/man/1/qstat]], [[options>http://www.uic.edu/depts/accc/hardware/argo-new/qstat.html]]|
|qdel|キューに蓄えられているjobの削除|[[man qdel>http://linux.die.net/man/1/qdel]]|
|pbsnodes|管理ノードの確認||
|showq|認識している管理ノード数の確認||
|showres|現在の予約状況を表示||

-[[LSFとtorqueでのコマンドの違い>http://ccjsun.riken.go.jp/ccj/doc/LSF/lsf-nqs-command.html]]
-[[Corresponding command between NQS and NQSII>http://www.hpsc.csiro.au/userguides/sx/NQS_NQSII.html]]




**queueの設定法 [#ue3380d3]
Make a text file('''high-que.txt''') like:
 # Create and define queue high-que
 #
 create queue high-que
 set queue high-que queue_type = Execution
 set queue high-que Priority = 100
 set queue high-que enabled = True
 set queue high-que started = True
 set queue high-que max_running = 4
 set queue high-que max_user_run = 4
and redirect it to '''qmgr''':
 qmgr < high-que.txt

---------
-[[Queue Configuration>http://www.clusterresources.com/torquedocs21/4.1queueconfig.shtml]]

**qstatオプション [#jd903390]

|COLOR(blue):LEFT:|LEFT:|c
| qstat -q | システムの全てのqueueを表示 |
| qstat	-B | PBS Serverのサマリー情報を表示 |
| qstat -a | システム全てのジョブを表示 |
| qstat -Q | 全てのジョブをステータスコメント付きで表示 |
| qstat -r | 実行中の全てのジョブを表示 |
| qstat -f '''jobid''' |指定したジョブの詳細な情報を表示|
| qstat -Qf '''queue'''|指定したキューの詳細な情報を表示|

** qmgr [#h56c4777]
qmgrの設定を見たい場合はqmgr -c 'p s'コマンドを使用する。
 qmgr -c 'p s'

 qmgr -c "print server" | grep Priority list priority 
 qmgr -c "list queue alice" list VO queue 
 qmgr -c "list queue cert" list cert queue 
 qmgr -c "print queue cert" | grep max list cert queue limits 
 qmgr -c "print server" | grep max_run list job limits 
 qstat -q list queue


**qusb jobの追加 [#p3a6f029]
qsub コマンドでジョブを投入します(-e, -o オプションは必ず指定してください。):
 qsub -q キュー名 -e 標準エラー用ファイル -o 標準出力用ファイル  ジョブスクリプト


スクリプトで記述したファイルを引数にする場合:
 qsub hoge.sh

''hoge.sh''の中身:
 #!/bin/sh
 #PBS -l nodes=1:ppn=1
 #PBS -l cput=00:01:00
 #PBS -l walltime=00:01:00
 #PBS -o astr.tohoku.ac.jp:/home/other/maui/test/result/
 #PBS -q batch
 #PBS -N sample-
 #PBS -j oe
 #PBS -M hoge@astr.tohoku.ac.jp
 #PBS -m e
 
 cd /home/usrname/sample
 ./sample
 exit 0

&color(red){#はコメントアウトだが、#PBSはqsubに対する命令。};

**オプション [#ic77735c]

|LEFT:COLOR(red):|LEFT:|LEFT:|c
|PBS|option name|説明|
|-l|	nodes=1:ppn=1|	nodes=使用するノード数:ppn=1ノード毎に使用するcpu数。&color(blue){任意};|
|-l|	cput=00:00:30|	cpuを使用する時間を指定。&color(blue){任意};|
|-l|	walltime=00:01:00|	処理の目安としての時間を指定する。&color(blue){任意};|
|-o|	astr.tohoku.ac.jp:/dir|	結果の出力先を指定。指定しない場合qsubしたディレクトリへファイルは出力される。&color(blue){任意};|
|-q|	dque|	TORQUE側で設定したqueueを指定。デフォルトのqueueはdque。&color(red){必須};|
|-N|	sample-|	jobの名前を設定。-oオプションで出力先を指定しない場合、出力ファイルはsample-.o[jobID]となる。&color(blue){任意};|
|-j|	oe|	エラー出力と標準出力を1つのファイルにまとめる。&color(blue){任意};|
|-M|	your mailaddress|	-mオプションで送るメールの宛先リストを作成する。&color(blue){任意};|
|-m|	e|	処理が終了した場合、-Mで指定したメールアドレスにメールを送信する。-m aオプションだとエラー時に、-m bオプションなら処理開始時にメール送信。-m aebなども可能。&color(blue){任意};|
|-a|	[20080601]1400|	何時に処理を行うかを記述することができる。2008年6月1日14:00に処理を行いたい場合は例のように指定する。必要ない場合は日付はいらない。&color(blue){任意};|